Bookends

商品ユーザレビュー

星5つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る
  • ★★★★★ 
    (8 件)
  • ★★★★☆ 
    (3 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:8件中1件から8件まで表示

  • ★★★★★ 

    yossy-k  |  兵庫県  |  不明  |  2011年04月02日

    もうまもなく「明日に架ける橋」の40周年記念盤がリリースされるが、このアルバムこそ、リマスター&レガシィエディションを出してほしい。内容については、言うことなしの大傑作!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    がすたふ孫  |  神奈川県  |  不明  |  2010年08月12日

    特に前半A面の流れ、雰囲気は完璧だと思います。青春の危うげな不安感や儚さ、脆さが、時代を越えて胸に迫り、綴られています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    クンP  |  埼玉県  |  不明  |  2007年11月06日

    次作の「明日に架ける橋」のほうが有名で好きな人も多いと思うけど、私はこのアルバムがベストかな。やはりA面のコンセプトに共感しますね。短い時間の中で人生の期待と不安や儚さといった重いテーマが凝縮されている傑作ですよ。この作品をLPで買った時はまだ中学生でしたが、妙に訴えるものがあって感動したものでした。この中では、「アメリカ」が印象的で、今でも聞くと胸がキュンときますね。青春の不安な気持ちが蘇ってきます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ノッポ  |  兵庫  |  不明  |  2007年08月14日

    6曲目のアンニュイ?な感じがたまりません。サティのジムノペディ1番みたいな感じですね(パク・・、いやオマージュと言ったところですかね)。4曲目ではジャズ+α(ジャズギタリストならこうは弾かないだろーなー)なギターが聴けます。(アメリカ人ですもんね。余談ですが、純粋にギター奏法のみの話ですがジミーペイジは節操が無い位いろんなジャンルからつまみ食いしてますが、ジャズ的な奏法を殆どしないのはイギリス人故でしょうか)。作品の出来は勿論最高(多少色を付けてます。)。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ゴッチ  |  東京  |  不明  |  2006年03月28日

    一曲一曲の完成度がすこぶる高い。どれもがシングルカットできるという下世話なレベルではなく、この当時のサイケ、コラージュといった実験要素もふんだんに取り入れながらもハイクオリティなポップソングとして成立してしまうのだからサイモン先生恐るべし。ビートルズもここまで華麗にはできなかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    憲一郎  |  浦和  |  不明  |  2006年01月14日

    S&Gのアルバムの中ではこれが最高傑作だろう。青春のせつなく屈折した感情が余計な甘ったるい感傷をそぎおとして 歌われている。「アメリカ」と「旧友」のある前半は我が青春の大切な記念碑。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ランブル  |  福島県  |  不明  |  2006年01月13日

    以外と重いテーマだったりする、陽気なだけのアメリカのグループとはちがう、やはりベトナム戦争とかが影響するのか。団塊の世代の愛するグループ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    長居は損気  |     |  不明  |  2003年11月18日

    案外「アメリカン・ポップソングの人」という印象が強いポール・サイモンだが、よく聴いてみると、暗く、ボソボソッとつぶやくような歌いかたにも現れているが、決して底抜けの明るさを歌う人ではなく、どちらかといえば、屈折した不安や希望を歌うアーティストである。そしてこのアルバムでは今まで以上にそんな彼の一面がよく現れている。孤独を求め、飛び降り自殺する少年を歌う「我が子の命を救いたまえ」、不安と希望が交錯する恋人のスケッチ「アメリカ」「オーバース」、そして人生の重さを感じさせる「旧友」、思い出への賛歌「ブックエンド」

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:8件中1件から8件まで表示