Dirty Work

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:16件中1件から15件まで表示

  • ★★★☆☆ 

    yossy-k  |  兵庫県  |  不明  |  2014年02月25日

    私は”Harlem Shuffle”は嫌いです、なんでこんな曲がシングルに? でも、このアルバムは好きです。なんとなれば、ゲストミュージシャンの貢献もあり演奏は締まっている(?)し、ジャケットがかっこいいからです。ストーンズのアルバムに買って損するアルバムはありませんけどね。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Chain Gang  |  神奈川県  |  不明  |  2012年02月06日

    完全にギター中心の楽曲(シングルカットされたM3はキーボードがリズムセクションの役割を果たしてはいるが)群であるからか、キースが前面に出ている。(ジャケットもそう)アルバム作成時期は、ミックとキースの仲が最悪の状態だったらしいが、バラバラという感じは全くしない。完全なレゲエであるTOO RUDEや、ベースが入っていない(!?)とされる HAD IT WITH YOU 等、このアルバムならではの楽曲も秀逸。更にこのアルバムの特筆すべきは、キースの歌うラスト曲のSLEEP TONIGHTと、そのあとに短く入っているイアン・スチュアートのピアノ・ソロ。このアルバムの発表前の年に亡くなったイアンへの友情と愛情の証とも言うべきこの短いチューンが何とも言えずカッコいい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ストーナー  |  東京都  |  不明  |  2011年06月30日

    このアルバム、巷ではストーンズ史上最悪のアルバムと言う人がいますが、私は結構好きです! アウトテイクのアルバムという人もいますが、不思議に今聞いても全く違和感がなくドライブやワークアウト(ジム等)で聞くのに最適なアルバムです。レトロな80風の派手なジャケットを着用のアルバムカバーもなぜかオーケーです。 確かにライブで演奏された曲はハーレム以外はないみたいですが、私は年に何回は必ず聞くアルバムです。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    TATSU  |  島根県  |  不明  |  2011年01月16日

    キース主導の作品で、いわば後のソロ『TALK IS CHEAP』の原型であるとも言える。当時チャーリーが自宅のワイン蔵で転んでケガをしてしまい、「ONE HIT」「Had it with you」「Harlem shuffle」以外のドラムはロニーである(手癖から断定)。どうもキースとロニーで大方作った臭い。故にギタリストならでは、リズムとギターが前面に打ち出されている。非常に辛い味付けであり、とてもヒットしそうにないタイプの曲ばかりだが、逆に今聴いても違和感がなく、風化していない。流暢なギターでもないので、ミックテイラー型のストーンズが好きな人には駄作にしか見えないかもしれないが、これは『女たち』と並ぶ痛快な傑作である。どうしたら「ONE HIT」のような曲が書けるのだろうか。この粘りやパワーは真似できない、まさにストーンズのみが作り得る名曲である。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    ニックネームか?  |  東京都  |  不明  |  2010年05月26日

    UNDERCOVERはストーンズいまだ死なず!と思わすぶっ飛びの快作だったが、コレはアウトテイクの寄せ集めみたいで、カヴァーのハーレムシャッフル以外聞くべきものはない。70年代以降出された作品で1番つまらないアルバムだろう。キースのヘタクソな歌もシャレになっていない。前作のラディカルさは何処にいってしまったのか?当時、かなり失望したのを思い出す。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    かがんでください  |  愛知県  |  不明  |  2006年08月13日

    キース主導で作られたことで有名なアルバム。エフェクト処理など80年代的ではあるけれども、全体的にはストレートな曲あり、キースの渋さ炸裂な曲あり、いい意味でポップ嗜好な曲あり、なかなかバラエティに富んでます。しかしこの頃のミックのアルバムは×。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ゲルマン魂  |  千葉県船橋市  |  不明  |  2006年03月17日

    「刺青の男」「アンダー・カバー」と妙に明るく、あまりにチープなアルバムが続き、ストーンズに興味を失いかけていたところにリリースされたぶっ飛びアルバム!!スティーヴ・リリーホワイトをプロデューサーに迎えたのは大正解!!シリアスでドスの効いた緊迫感溢れるロックンロールアルバムに仕上げている。「One Hit」を初めて聴いたときの感激は今だ忘れられない。ラストのキースボーカルによる「Sleep Tonight」は涙もの。とにかく全盛期のストーンズが戻ってきた!!と狂喜した傑作アルバム!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ディガー  |  福島県  |  不明  |  2005年09月28日

    ミックには悪いがサウンド面はキースにまかせたほうが私はいいと思う。ミックはソロで色んな事やったが、余り評判よくなかった。昔みたいに、ブライアン・ジョーンズがいれば別だが!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    犬ちゃん  |  神奈川県  |  不明  |  2005年08月24日

    ストーンズのレゲエにも注目!キースのユルさがいい感じの「トゥー・ルード」は最高!もちろん他のナンバーも鋭いよ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    あたやん  |  星田  |  不明  |  2005年07月16日

    発表当時はミックとキ−スの不仲説が話題になったりでいよいよスト−ンズも終焉を迎えるのかとの中で出来上がったアルバムでありミックの持ち味のええ加減さが生かされていない。印象に残ったのは「ホ−ルドバック」のラストのチャ−リ−によるドラム演奏だけである。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    OMASU  |  甲府  |  不明  |  2004年03月17日

    もう、この当時のインタビュー読むといつ、解散してもおかしくないって感じでした。おまけにツアーも全くなかった時なので「ああ、俺はStonesのライブはもう一生見ることできないのかな?」って悲観の毎日だった思い出があります。でも、このアルバムはとてもバンドがそんな状況だったとは思えないほど渾身の迫力で、聴いてるヤツをグイグイ引っ張っていくストレートなナンバーばかり。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    こんこん  |  埼玉県民  |  不明  |  2003年05月29日

    Winning UglyとBack To Zeroがファンキーで好きだ。One Hitはまじでかっちょいい。80年代を代表するStonesのロックナンバー♪

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    烏龍茶  |  茶畑  |  不明  |  2003年04月06日

    1の後半でペイジのソロが聴けるのでZEPファン必聴!そして危機的な状況がかえってプラスになってると今では思われる好作品。ミックの、ガラガラだけどド迫力の声には圧倒される。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ぴーと  |  東京都  |  不明  |  2003年03月23日

    ミックとキースが険悪だった時期に作られたアルバム。「One Hit」がカッコいい!ビデオクリップはヒヤヒヤですが。ラストの曲は第6のメンバーと言われた故イアン・スチュワートに捧げられた曲です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    なみすけ  |  不明  |  2003年03月11日

    ソリッドなギターサウンドでキースの存在感を全曲に感じる一枚!ビギナーのギタリストには是非聞いて欲しい。音符だけでは表現出来ないモノがぎっしり詰まってます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:16件中1件から15件まで表示