Genesis

CD Foxtrot

Foxtrot

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:33件中1件から15件まで表示

  • ★☆☆☆☆ 

    marting  |  東京都  |  不明  |  2018年07月12日

    詐欺だわ。組数2 に騙された。45回転ものだと思い購入。騙された。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ホーぺ  |  兵庫県  |  不明  |  2015年06月13日

    数年前に実施されたリマスター、これが素晴らしい。まさに拍手したい仕上がり。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    nasso  |  岩手県  |  不明  |  2015年01月15日

    カットアウト版を購入した40年近く前、あれ?A面もB面も同じ曲が入っているぞ? で、結局高い日本版(シングルジャケットだし、T氏のライナーノートは最悪だし、(その後、結局美麗なインナーイラストが見たくて英国盤を購入。その後CD、SACDと買い直していくのですが・・・)に買い直しをした作品。genesis黄金期の最高傑作と言って間違いないでしょう。大曲「サパーズ・レイディ」天路歴程の終結部「ヘイ、レイディ!」が再び現れる部分は今聞いても胸が熱くなります。天才同士の才能がぶつかり合い火花を飛ばしながら出来上がった造化の妙を目の当たりにする感じでした。    なお余談ですが、一部の知ったかぶりが、いかにも「通」ぶってピーター・ゲイブリエルのことを「ピー○ブ」(恥ずかしくて文字に出来ません)と呼ぶのはやめていただきたい、と強く、思います。志を持ったミュージシャンに対して失礼極まりない不見識であると思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    necotre  |  神奈川県  |  不明  |  2011年07月16日

    SACD版を購入。アナログ時代からの妙にモコモコとした音が一転して、各楽器の音がはっきりと聞き分けられる非常にクリアな音になっていて驚いた。よいなあと思う反面、以前の同作品とは別物のような印象も。リマスター盤ではたま〜にあることだけれど・・・

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    岡っ引きお化け  |  静岡県  |  不明  |  2011年06月22日

    このアルバムでのお勧めは「Watcher of the Skies」と「Supper’s Ready」でしょう。この2曲はLiveでも映える曲で、特に「Supper’s Ready」は23分近い長さを感じさせない出来で、”Selling England...”や”The Lamb Lies Down...”の原点的な音作りになっています。是非試聴してみて下さい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    うみほたる  |  千葉  |  不明  |  2009年05月17日

    ガブリエルジェネシスのひとつの頂点を極めた作品です。オープニングのメロトロンでノックアウトです。とにかくジェネシスの世界観が遺憾無く発揮されていてポールホワイトヘッドのジャケも内容にぴったりのシュールさですね。サパースレディは彼らのアンセムとも言える超名曲!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    aki  |  埼玉県 所沢市  |  不明  |  2009年02月09日

    彼らのではなくロッ史上でも最高傑作の一つだと思います。僕はしばらくクラッシックしか聴かないという時期があり(5年ほどですか)その後大きく音楽観が変わりましたが、他のプログレで今でも聴けるのは彼らとpinkfloydくらいです(R&BやJazzも聴きますが聴き方が変わったようです)。SACDを購入してすごい音に感動しました(が、DVDはいらなかったですね。もっと広くの人にこの名盤を買って聴いてもらえるようにCDのみの販売を望みます)テクニックも創造性も凄い。彼らにしかできない世界です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    sman  |  大阪  |  不明  |  2009年01月21日

    このような名作がSACDになるのは喜ばしい。ただ、サバスのパラノイドでもそうだが、本来なら抱き合わせしなくても良い(=不要な)盤がセットされ、高額販売されるというのでは、露骨な再販対策が鼻につく。 一般CDとして再生しても、SACDはSHM-CDを完全に凌駕する音質だし、仮に1枚モノで現在のSHM-CD程度の価格になっても、よほど納得のいく買い物だったろうにと思う。残念だが、内容は最高でも、売り方が改まらねば、買うことは無いだろう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    真面目バジョンランブル  |  福島県  |  不明  |  2006年07月12日

    理解できないかな?でもあなたはこれを聴いた、そこに出会いがある。クラシック馬鹿にしてた、しかし今聴くようになる。幅が人を未知の世界へ誘う、いやなら排除するだけだ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    OZの魔法使いの使いッパ  |  .  |  不明  |  2006年02月15日

    イエスはさほどでもなさそうだが、ジェネシスだとなぜかクラシック愛聴家も好んで聴く。いま世界中でプログロックが再興しているが、多くの追従バンドを生んでもいる。しかし自分にはまったく理解できない音楽だ。ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターほど深刻な印象は受けないし、ジェスロ・タルほどイギリス臭芬々ではないし、なんとなく愛嬌のある『こわれもの』のような感じ。『幻惑のブロードウェイ』はいいが。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ランブル  |  福島県  |  不明  |  2006年02月08日

    やっぱりイギリス的だなー。鈍よりしたロンドンの空て感じ、あとはザナドゥさんの通り幣゙ャケから不思議な感じァ

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    toppo  |  大阪  |  不明  |  2006年01月11日

    genesisの特徴はドラマティックさに尽きる。一曲、アルバム全体の曲構成はプログレのバイブルと言わざるおえない。この時期のメンバーの才能、アイデアなど素晴らし過ぎる。ピーガブのボーカルはやはりp.ハミル様の影響を受けたのかな〜。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    めたる  |  京都府  |  不明  |  2005年12月07日

    72年作。前作にも増して優雅且つ壮大な音世界を作り上げている♪テクニカルなインストパートや劇的な曲展開、うっとりする様ななめらかなメロディ等、どれをとっても完璧と言える!各楽器のエキサイティングと言えるプレイもてんこ盛りで、ドリムシに影響を与えてるのがよくわかる☆

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ザナドゥ2112  |  熊本県  |  不明  |  2005年10月01日

    メロトロンによるイントロで幕を開ける今作、何時もながら、ピーターガブリエルのかなり独特の歌詞世界がスゴイ!正直、イッちゃってる感じもするし。目玉と言えば22分以上もあるサパーズレディなんだろうけど、個人的には、@BCもピーガブワールドでスキなんだよね☆

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ヒロ  |  不明  |  2005年09月07日

    ピーターの演劇じみたボーカル、静と動のコントラスト、緻密な演奏技巧、独特の世界観とシュールさ、どれを取っても完璧。美しい旋律にも溢れ、クラシックを長年やってた僕も、感銘を受けた。全音楽ファン必聴。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:33件中1件から15件まで表示