トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > Sibelius / Prokofiev > シベリウス、グラズノフ、プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲集 ハイフェッツ 

Sibelius / Prokofiev

SACD シベリウス、グラズノフ、プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲集 ハイフェッツ 

シベリウス、グラズノフ、プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲集 ハイフェッツ 

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:8件中1件から8件まで表示

  • ★★★★☆ 

    一人のクラシックオールドファン  |  兵庫県  |  不明  |  2010年10月28日

    このヴァイオリン協奏曲は多分初めてハイフェッツが1934年ストコフスキー/PPOと録り以降1935年ビーチャム/LPO(タイム@14’23A6’54B6’51)と1951年ミトロプーロス/NYP(タイム@13’52A6’54B6’33)とそして1959年ヘンドル/CSO(この演奏LP盤は今も聴いており演奏タイムは@13’32A6’15B6’40と今日この曲の各演奏盤に比すれば断然厳しい強靭なスピード感があります)と再録してこの曲を広めた功労者がハイフェッツというわけです。その本盤ハイフェッツ58歳頃のシベリウスVC、第1楽章は緊迫した状態でスタート、一線距離を置いたある冷やかさの中にもラプソディックなこの楽章ではハイフェッツのロシア的な貌を見せます。バックのヘンドル(1917〜2007年、アメリカの指揮者、作曲家、ピアニストでハイフェッツとは共演盤を他にも残しています)/CSOがライナー、ショルティ程ではなくとも少なくとも暖かさは感じられない機能性を発揮して独奏者と昇華・結晶化して行きます。オーケストラの一段落後のヴァイオリン・ソロでは切羽詰った尋常ならざるピーンと張った雰囲気が聴き処。第2楽章はヴァイオリンの旋律線が執拗な熱情を紡ぎだし最終楽章では再びラプソディックに還りますが以前もっと鋭い感触を得ていたのが聴き直すと少し含みがあることを最近感じ出しています。いずれにしてもこのシベリウスVC演奏は最高ランクですが他の本盤収録分は未聴ですので無難にワンランク落しておきます・・・スミマセン。話は飛び諏訪内晶子の同曲盤で書き込んだのですが彼女はこのヴァイオリン協奏曲でハイフェッツが使用したストラディヴァリウス「ドルフィン」を弾いておりその辺りの感慨を諏訪内が述べて彼女も心して演奏に向かったものと推察されますね。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    Kei  |  横浜  |  不明  |  2008年04月18日

    世に絶賛される通り、この人ほど強い音色を保ちながらこれほど早く弾く人はいないと思うが、時折音が濁ったり、滑ったり、音量が不安定になるように感じて、そこまでして猛スピードで弾くことがシベリウスの最良の演奏になるのか疑問が残った。勿論、録音に起因する部分もあるのかも知れないが、結果的には静謐な祈りの2楽章、思わず体がスイングしてしまう舞踏の3楽章の素晴らしさを十分には堪能出来なかった。オケがもっとましだったらまた違った印象になったかも知れない。これに比べると、ロシア物の2曲はずっと良かった。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    Vn  |  不明  |  2008年01月22日

    ハイフェッツについては賛否両論あり、私が現代から昔の巨匠の演奏家の演奏(演奏会&CD)を聴いた中でハイフェッツのCDで聴く音色とホールで聴いた音色では全く違いますし(過去の私自身の体験andハイフェッツの音色は特殊)CDには、どうしても機械音(ジー音)が混ざるので音色の評価はできないがSACDなら少しはクリアな音色が体感できると思う。私がカコに聴いた演奏の中でハイフェッツのプロコフィエフ2楽章は他には無い凛とした感じがありますしシベリウスのスピード感の中にある素晴しさも良。これらを考慮してもこのCDはハイフェッツの演奏を知る上で一度聴いてみる価値はある

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    Vn  |  不明  |  2008年01月22日

    ハイフェッツについては賛否両論あり、私が現代から昔の巨匠の演奏家の演奏(演奏会&CD)を聴いた中でハイフェッツのCDで聴く音色とホールで聴いた音色では全く違いますし(過去の私自身の体験から、そしてハイフェッツの音色は特殊)CDには、どうしても機械音(ジー音)が混ざるので音色の評価はできないがSACDなら少しはクリアな音色が体感できると思う。私がカコに聴いた演奏の中でハイフェッツのプロコフィエフ2楽章は凛とした素晴しさがありますしシベリウスのスピード感の中にある見事な演奏も良。これらを考慮してもこのCDはハイフェッツの演奏を知る上で一度聴いてみる価値はあると思います

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    やっちゃん  |  坂出市  |  不明  |  2008年01月15日

    中学生の頃からの愛聴盤の一つ。聴き潰し大枚をはたき高音質LPを10年以上前、東京出張時に、秋葉原で買った。SACDと比べると、Vnの艶は高音質LPが若干良いが、SACDの方がオケの迫力がありホールトーンも豊かなので互角。CDとの差を一番感じるのは終わる直前(第3楽章4分30秒)のVnオクターブの部分。音色の艶が違う。LPの裏にあったプロコフィエフも素晴らしい。SACDの音は一段と柔らかで、特に第2楽章は〜初演時に涙ぐんでいた女性がいたそうだが〜私もうっとりし寝てしまうようだ。今まで3回通しで聞いたが第2楽章は聞いた記憶がない?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    SKD  |  千葉  |  不明  |  2007年12月08日

    とにかく自分の心で聴いてみることです。日本ではアンチハイフェッツが多いようですが、先入観や、ルーチンな評論家のたわごとに惑わされてはいけない。こんな演奏が出来るヴァイオリニストは他にいますか?

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    風雷暴  |  横浜  |  不明  |  2005年09月02日

    最新SACDに超名演が3曲収録、かつ激安、絶対買わにゃ損!が、敢て僕は言いたい。真のキレたHeifetzを体験したきゃXRCD盤を聴けと!XRCDに絶対の信頼を寄せる僕はSibelius Vn協1曲のみ(超バカ高!)の米国盤(邦盤未売)の存在を知り、取り寄せた...一瞬、ブリザード舞う未体験の極寒世界へワープ!ソロもオケの音も一変、否 空気感全体が一変!Vnの音色は氷結寸前のヴィンテージブランデーの如く、芳醇芳香な響きはダイアモンドダスト!切れ味鋭いVnの絶対零度エナジーで吾身は瞬間フリーズ!金管群も切れ味抜群で峻立の巨大氷山隗!真夏こそ一聴オススメ。でも連聴は禁物。凍死します(笑)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    KURO  |  福岡  |  不明  |  2005年02月11日

    ハイフェッツの剃刀のような弦の音がSACDによって見事によみがえった気がします。終楽章における疾走するかのようなテクニックには今さらながら脱帽しました。コケティッシュな感じのプロフィエフやメランコリックな雰囲気のグラズノフも極上の演奏です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:8件中1件から8件まで表示