トップ > 本・雑誌・コミック > 文芸 > J・D・サリンジャー > ライ麦畑でつかまえて 白水uブックス

J・D・サリンジャー

本 ライ麦畑でつかまえて 白水uブックス

ライ麦畑でつかまえて 白水uブックス

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    メロンパン  |  神奈川県  |  不明  |  2013年08月02日

    主人公に対して、「わがまま」だとか「堅物」だとか「甘えるな」だとか言うインチキ野郎は糞喰らえ。あなたはライ麦畑で迷走し、脱線しそうな人間を救えるだけの器量を持ち合わせているのだろうか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Yousei  |  大阪府  |  不明  |  2010年01月01日

    16歳の少年、ホールデンの2日間のできごとを綴っている。 あらすじを書いていくと、陳腐なものになってしまう。 この本の優れたところはストーリーではない。 大人と子供の間の16歳の少年の心の動きを、1人称の僕という語り口でストレートな文体で語ってる点が素晴らしい。 訳が少し古い気もするが、今読んでみても50年前の小説とは思えないほどの普遍性を持っている。 インチキ野郎(インチキという言葉が度々使われている)な大人たちに対する不信感。ホールデンは「まったく反吐がでそうだ」と表現している。 自分より弱い子供たちへの深い愛情の念。 自分が金持ちの子ということによる、貧しい人への引け目。 そして、それらを語るどうしようもなく不安定な16歳の少年。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示