トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > プッチーニ (1858-1924) > 『蝶々夫人』全曲(オペラ映画) ポネル演出、カラヤン&ウィーン・フィル、フレーニ、ドミンゴ、他(1974 ステレオ)

プッチーニ (1858-1924)

DVD 『蝶々夫人』全曲(オペラ映画) ポネル演出、カラヤン&ウィーン・フィル、フレーニ、ドミンゴ、他(1974 ステレオ)

『蝶々夫人』全曲(オペラ映画) ポネル演出、カラヤン&ウィーン・フィル、フレーニ、ドミンゴ、他(1974 ステレオ)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:8件中1件から8件まで表示

  • ★★★☆☆ 

    金山寺味噌  |  愛知県  |  不明  |  2014年09月14日

    カラヤン指揮ウィーン・フィル、ミレッラ・フレーニ主演の『蝶々夫人』のアルバムは万人に薦めうる名盤なのだが、同時期に撮影された映画版のほうは、なんとも評価に困る、不思議な作品になってしまっている。演奏はとにかく 素晴らしい。フレーニの可憐で叙情的な蝶々さん、パヴァロッティから交代したプラシド・ドミンゴの明朗で華やかなピンカートン、ルートヴィヒのいぶし銀のようなスズキ、そしてカラヤンによる流麗豪華な伴奏。 ただ、ジャン=ピエール・ポネルの演出がどうにも・・・・・ 時代設定は原作では幕末維新期だがこのポネル版では第一次大戦後ということになっている。ピンカートンがTシャツでうろうろしているのもそのためなのだが、やや滑稽に写る。そして蝶々さんの顔だけを真っ白に丸く塗ったメイクとか、蝶々さんの住んでる家が日本のような中国のような朝鮮のような(そしてそのどれでもない)、なんちゃって東洋風みたいな意匠になってるのも脱力もの。そして冒頭でいきなり登場するドミンゴ(ピンカートン)の障子破り脱出!!これは衝撃的なラストシーンとつながっているのだが、まるでドリフのコントのようだ(笑)。よくこれでカラヤンはOKしたなぁと思うが、イギリスの批評家リチャード・オズボーンはこのポネル版のことを「すべての感情が納得できる」「フレーニの演技はLP版より深く激しいように思われる」と絶賛していたりするので、日本人と西洋人とでは感じ方が違うのかなぁ。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ぽんころ  |  千葉県  |  不明  |  2010年10月12日

    衝撃的な演出なので賛否の分かれるところでしょうが、この演出を見て、初めてピンカートン側の心情が理解できました。彼には日本も蝶々さんも龍宮城のように現実感がなく夢のように素敵に思えていたのでしょう。そして、子供の存在によって現実を突き付けられ、逃げ出してしまうのです。最後蝶々さんがピンカートンの目の前で自刃するという演出も初めてみましたが、これも正解だと思います。そうでなければ、わざわざ交換条件であんなことを言う必要はないのですから。ポネルはやっぱりすごいです。いつでもそのオペラの本質を伝えてくれます。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    paxdomini  |  京都府  |  不明  |  2010年09月27日

    私はこの演出は全く生理的に受け付けません。日本もこんな風にしか見られていないのかと思うと悲しい。同時にアイーダやトゥーランドットなんかも、その国の人たちは苦々しく思っているんだろうなぁ...。演奏は、同じカラヤン&ウィーン、フレーニ、パヴァロッティ、ルートヴィッヒのデッカ版がありますから、無理してこの映像を見なくてもいいのではと思いますが...。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ひろととろ  |  神奈川県  |  不明  |  2010年08月21日

    演奏は(少々重量級ながら)いいんですよ。ただこの演出が・・・初めて見た時は驚き、あきれ、改めて見て、多少そのショックは緩和されたとは言え、やはりこの違和感はどうにも解消されませんでした。個人的には音と、字幕だけで十分というのが、正直なところです。ちなみに、私は「映画版」でも「舞台版」でも内容が素晴らしいと思えればどちらでも構いません。 所詮、この場合、会場に足を運んでいるわけではないので。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

     |  広島県  |  不明  |  2010年01月23日

    メイク等に多少の違和感は否めないものの、表情・演技・歌唱ともにフレーニは、まずは最高の蝶々さんだ。一途さの表現にとりわけ秀でているおり、一つの典型的な蝶々さん像を確立したと言ってもいいだろう。ドミンゴのピンカートンも能天気な感じがよく出ており、これはポネルの演出によるところもあるだろうか。ただ収録が舞台ではなく、映画なのは残念。1974年にしては、カラヤン&ウイーン・フィルの音も、映像もかなり上々。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    越後のガンコチャン  |  新潟  |  不明  |  2008年09月06日

    オペラを映画で表現するという試みは誤りだと思います。劇場芸術の最高峰は映画では表現できません。 それでも、フレー二とドミンゴの配役がぴったりで、このオペラでは見るべき版のベスト。 国内廉価版の再発売を待ちこがれいてました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    バイオケム  |  山口  |  不明  |  2006年01月28日

    オペラのDVDを、これで初めて観ました。初っぱなにドミンゴが障子を破って飛び出したのには驚きました。こんなに日本人女性を美化していいのと思いながらも、その後はグングンとストーリーに引き込まれていきました。フレー二の顔に一条の涙、このシーンに思わずもらい泣き。美しい映像に、美しい音楽、見終わった時にはしばし呆然。多くの方に、観ていただきたいですね。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Ryoko  |  名古屋  |  不明  |  2006年01月07日

    面白かった。家族で楽しめました!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:8件中1件から8件まで表示