トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ヴェルディ(1813-1901) > 『運命の力』全曲 デクスター演出、ジェイムズ・レヴァイン&メトロポリタン歌劇場、レオンティーン・プライス、ジュゼッペ・ジャコミーニ、他(1984 ステレオ)(2DVD)

ヴェルディ(1813-1901)

DVD 『運命の力』全曲 デクスター演出、ジェイムズ・レヴァイン&メトロポリタン歌劇場、レオンティーン・プライス、ジュゼッペ・ジャコミーニ、他(1984 ステレオ)(2DVD)

『運命の力』全曲 デクスター演出、ジェイムズ・レヴァイン&メトロポリタン歌劇場、レオンティーン・プライス、ジュゼッペ・ジャコミーニ、他(1984 ステレオ)(2DVD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (1 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★☆ 

    PaPaling♪  |  神奈川  |  不明  |  2006年03月27日

    ジャコミーニを聴くだけで、「最高」の評価をしたいところ。ヌッチの男気溢れるドンカルロと併せて聴きものです。プライスは、声も歌唱も演技も以前から余り感心しなかったし、この録音(録画)でも、、1人あらが目立っているので、、正直目障りなだけです。プライスがいなかったら「最高」の評価です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    ドン・カルロ  |  愛知県  |  不明  |  2005年08月16日

    収録日からすると、以前パイオニヤでLD/DVDで出ていたもののレーベル移行だろうか? 当日会場に詰めかけた観客からは、レオノーレ役プライスの引退公演ということで盛大な拍手が寄せられているが、事情を知らない目で見、耳から聞く限りは、はっきり言って痛々しい。むしろ、大注目はジャコミーニ、ヌッチのコンビだろう。レヴァインの指揮は、この作品を得意としているだけに、彼としては上の部といえる。演出は何の変化や取柄もない平凡なものだがその時代ならば仕方ないだろう。コンヴィチュニー辺りが手掛けてくれないものだろうか。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示