トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > 早坂文雄(1914-1955) > ピアノ協奏曲、左方の舞と右方の舞 岡田博美(p)ヤブロンスキー&ロシア・フィル 

早坂文雄(1914-1955)

CD ピアノ協奏曲、左方の舞と右方の舞 岡田博美(p)ヤブロンスキー&ロシア・フィル 

ピアノ協奏曲、左方の舞と右方の舞 岡田博美(p)ヤブロンスキー&ロシア・フィル 

商品ユーザレビュー

星3つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★☆☆ 

    ブルノのおっさん  |  北海道  |  不明  |  2017年05月22日

    黒澤映画の音楽といえば、早坂文雄、というイメージがありますが、早坂は映画音楽のみならず、様々な名曲を残しています。特に「左方の舞と右方の舞」は彼の代表作であり、雅楽の様式を持ち込む早坂の特質が活かされた作品だと思います。本盤の演奏は、きれいにまとまっている印象は受けるのですが、ちょっとひねりが足りないと感じます。芥川&新響の録音を聴けば、この曲の魅力をもっと感じて頂けるのではないかと思います(本盤には収録されていない「古代の舞曲」も併せてご一聴下さい。)。一方で、「序曲ニ調」は澄みきっていて気持ちの良い演奏。行進曲風な歩調が気分を高揚させます。ピアノ協奏曲も大変興味深い作品で、第1楽章を聴く限りでは西洋的な協奏曲の趣ですが、第2楽章でアジア感、日本感を大放出!早坂の作曲姿勢が聴き手の目前に迫るかのようです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示