トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ヴェルディ(1813-1901) > 歌劇『リゴレット』全曲 ポネル監督 シャイー&ウィーン・フィル、パヴァロッティ、グルベローヴァ、ヴィクセル

ヴェルディ(1813-1901)

DVD 歌劇『リゴレット』全曲 ポネル監督 シャイー&ウィーン・フィル、パヴァロッティ、グルベローヴァ、ヴィクセル

歌劇『リゴレット』全曲 ポネル監督 シャイー&ウィーン・フィル、パヴァロッティ、グルベローヴァ、ヴィクセル

商品ユーザレビュー

星5つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る
  • ★★★★★ 
    (4 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★★★★ 

    みんなのまーちゃん  |  東京都  |  不明  |  2019年09月15日

    ポネル監督とパヴァロッティの代表作。ブルーレイ化で画質向上。  ジャン・ピエール・ポネル監督とパヴァロッティの代表作でLD時代からあまりにも有名な映画。輸入盤だが日本語字幕入りなのがうれしい。パヴァロッティが2007年に亡くなった時にNHKが追悼番組として放送したのもこの映像だ。パヴァロッティの初来日も1971年のNHKイタリア歌劇団のリゴレットだった。  晩年のパヴァロッティはアリーナコンサートやオリンピック開会式でトゥーランドットの「誰も寝てはならぬ」を良く歌ったのでカラフが持ち役だと思っている若い方も多いだろう。しかしパヴァロッティが実際の舞台でカラフを歌ったのは(確か)1990年代に入ってからで、パヴァロッティを代表するレパートリーを2つだけ選ぶとすればリゴレット(マントヴァ公爵)と愛の妙薬(ネモリーノ)だろう。晩年のパヴァロッティはだいぶ太ったがこの映画では声も見事だが見た目もスタイリッシュだ。全盛期のグルベローヴァのジルダも適役で、これで主役のリゴレットがカプッチルリだったらもう何も言うことはないのだが、ないものねだりか。  その後パヴァロッティが日本でオペラの舞台に立ったのは1975年のボエームと1993年の愛の妙薬だけだった。いずれもメットの来日公演だ。1993年の愛の妙薬は私も聴いた。パヴァロッティは1977年に単身で来日しコンサートを開いたが、この時の招聘元の不手際で客の入りが悪かったためパヴァロッティは日本を避けていたと言われる。1989年に東京ドームでアリーナコンサートを開くまで12年間も来日しなかった。オペラの舞台でマイクなしの生パヴァロッティを聴けた自分は幸運だ。  ポネルの演出は豪華で色彩感があり、かつ普遍的なもの。永遠のスタンダードと言えそうだ。ブルーレイでも画面比率は4:3のままでこれがオリジナルのようだ。ポネル監督のUNITELの映画は他にセヴィリャの理髪師、フィガロの結婚、コジ・ファン・トゥッテ、モンテヴェルディの3部作、カルミナブラーナ、蝶々夫人がある。蝶々夫人はブルーレイの輸入盤があるがそれ以外も早くブルーレイ化してほしい。他に舞台のビデオ収録ではバイロイトのトリスタンとザルツブルグでの魔笛、メットでのイドメネオとフィガロの結婚の映像がDVDで出ていた。メットではアルジェのイタリア女のテレビ放送もあったのでいずれMET on Demandで観られるかもしれない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    TG  |  兵庫県  |  不明  |  2014年12月22日

    リゴレットは好きなオペラですが、ライブものへのこだわりがなければ、これに勝るものはおそらく出てこないのではないかと思います。おまけにBD版でこの値段。間違いなく買いです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ぴよ  |  川崎市  |  不明  |  2008年08月15日

    ライブ映像に拘らなければ、リゴレットのDVDはこれで決まりでしょう。 パヴァロッティは時に公爵らしいキリっとした姿を、時に好色さを見せ、歌はもちろんのこと、役者としても申し分なし。 脇役も舞台も素敵でお勧めできる作品だと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    真夜中のカウボーイ  |  大月市  |  不明  |  2008年08月03日

    ポネルによる演出は、このRigolettoをさらに完成度の高い内容に仕上げている。しかも、ロケーション映像がさらなる深みを与えている。マントヴァ公爵役のパヴァロッティははまり役で、すばらしい歌唱力と演技力が光って見えた(おそらく彼の演技力BEST3の一つに入るのではないか)。私はRigoletto役のヴィクセルの演技が「これがRigolettoなんだ」と私に強烈な印象を与えてくれた事に感謝したい(それほどすばらしい)。それに歌唱力もすばらしい。RigolettoのDVDは非常に少ないので、選ぶことがあまり出来ないが、一度は見ることをお薦めします。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示