トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > マーラー(1860-1911) > 交響曲第8番『千人の交響曲』 ヴィト&ワルシャワ・フィル

マーラー(1860-1911)

CD 交響曲第8番『千人の交響曲』 ヴィト&ワルシャワ・フィル

交響曲第8番『千人の交響曲』 ヴィト&ワルシャワ・フィル

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:7件中1件から7件まで表示

  • ★★★★☆ 

    ほんず内閣総理大臣  |  北海道  |  不明  |  2009年09月05日

    これはなかなか良い演奏。ヴィトさん、がんばりました。はっきりとメリハリをつけて、推進力を失うことなく、全曲を通して「賛歌」として盛り上がっております。歌手は一部非力で、発声自体が変な人(ソプラノ)までいます。オケとコーラスは、ま、よくやっております。録音もいいですね。全体がきちんととらえられていつつ、細部も明瞭です。ナクソスは営業的には1枚に収めたかっただろうな〜。メジャーの名盤より価格が高くなっちゃったら、わざわざこのディスクに手を伸ばす人は減っちゃうものねぇ。でも、そんなのは演奏者の努力とは別のこと。ヴィトさん、立派な成果です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    リマスタリング大嫌い  |  愛知県  |  不明  |  2008年08月07日

    二枚組のせいもあって、Naxosの割安感はほとんどない。しかし、そんなことはまったくどうでもよい。ヴィト+ワルシャワ・フィルはいま個人的にはライヴで聴いてみたい最右翼。録音も演奏も極上! 近頃の「名門」オケの安易なライヴ編集録音ではなく、地道にセッションを積み重ねた丁寧な作りで、それを考えれば、この価格はけっして高くはないだろう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    rela-cla88  |  愛知県  |  不明  |  2019年04月14日

    ヴィト指揮ワルシャワPOの素晴らしい演奏である。室内楽的で緻密なアンサンブルに支えられた清らかで美しい千人。第1部の大音響の場面でも嫌な音にならず、曲のフォルムが綺麗に映し出されている。第2部の最終部、アレグロ以降の美しさは格別で、お祈りの音楽のようである。このような表現は他の演奏では聴いたことがない。千人の名演は多数あろうが、このヴィトとワルシャワPOの演奏は最高級の名演だと言える。自信を持ってお薦めする。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    コーキロマンハ  |  兵庫県  |  不明  |  2011年12月24日

    大変に綺麗な演奏です。メジャー演奏者ではありませんが、とても水準が高いものと思いました。西欧のクラシック音楽の層の厚さを物語るものです。特に合唱が美しく宗教曲を聴くような印象です。NAXOSさんありがとう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    いわごろう  |  東京都  |  不明  |  2010年10月23日

    第1部。出だしからいきなり荘厳なサビで始まる。まさにつかみはOKだ。演奏も充実の響きでグッジョブだ。(’-^*)/ ソプラノが出てくるあたりからだいぶまったりとした演奏になるが、ここをもうすこしキビキビとやれば80分以内に収まり、CD1枚で全曲が収録できたのに。(大きなお世話だが) 圧倒的なラストは録音の良さも手伝い鳥肌ものだ。(T_T) 第2部。アダージョで静かに始まる。にぎやかな第1部とは対照的だ。曲は次第に悲劇的な様相を呈してくる。ここでは歌は入らず第九番にも通じる主題を中心に純音楽的な表現に徹している。次第に曲が展開を見失ってくると場面が変わり静かに合唱が入ってくる。その後のバリトンのソロと劇的なオケの掛け合いは、第1部の第1主題(サビ)を基調としながらも「大地の歌」につながる歌曲としての一面もうかがわせる。ここでは児童合唱団も大活躍でワルシャワ少年合唱団の澄んだ歌声を堪能できる。 曲はその後テノール・ソプラノ・アルトをはさみのらりくらりとした後、感動的なコーダへ突入する。ヴィットは急がずあわてず、無理に煽ることもなく圧倒的な音量で曲の真髄に迫る。各合唱団の美声も聴きものだ。 荘厳で凝縮された第1部の後にこの曲を聴くと、散漫で冗長な部分が耳につく。要所要所を無理やりサビに結び付けて曲に統一感を出しているため、流れが良くなく曲に必然性が感じられないのが致命的だ。しかしそんな不満もこのコーダを聴けば一気に吹き飛ぶ。終わりよければ全てよし!? (^_^;)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    silver  |  東京都  |  不明  |  2010年10月08日

    良い演奏です!爽やか系の8番ですね。慌てず騒がずじっくりと聴かせてくれます。低域は多少軽い印象なのですが、それを補って余りある弦の美しさといったら・・聞き惚れました。これは夏にも聴けるマーラー。特に後半からラストにかけては感動的。「神秘の合唱」は鳥肌がたちます! ヴィット、いい仕事してますねえ。愛聴盤です。夏の大三角形。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★☆☆☆ 

    タンノイおやじ  |  東京  |  不明  |  2007年08月13日

    やはりオケの力不足でした。 いつもお買い得のナクソス にしては不満の一枚となりました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:7件中1件から7件まで表示