トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ショスタコーヴィチ(1906-1975) > ショスタコーヴィチ:交響曲第5番、シューマン:交響曲第2番、他 レナード・バーンスタイン&フランス国立放送管弦楽団(1966年ステレオ)(2CD)

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

CD ショスタコーヴィチ:交響曲第5番、シューマン:交響曲第2番、他 レナード・バーンスタイン&フランス国立放送管弦楽団(1966年ステレオ)(2CD)

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番、シューマン:交響曲第2番、他 レナード・バーンスタイン&フランス国立放送管弦楽団(1966年ステレオ)(2CD)

商品ユーザレビュー

星4つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る
  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★☆ 

    カニさん  |  兵庫県  |  不明  |  2022年03月31日

    ハイレベルな演奏を堪能できたが、やはり、わたしは、このレナード・バーンスタインの「ショスタコーヴィチ交響曲第5番「革命」」は、スピードが、早すぎると思う。2000年から2010年前後に流行った「ショスタコーヴィチの交響曲」を、カラヤンの様に音の美しさや甘美さを優先して、遅く演奏したのは、大反対だが、かと言ってテンポよくは快速に演奏するにも、限度がある。特に、第4楽章のフィナーレで、アンサンブルが、完全に一致した快速は、かえって演奏を薄っぺらになる。この「ショスタコーヴィチ交響曲第5番「革命」」は、今回の演奏でもここが気になる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示