トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > プーランク(1899-1963) > ピアノ作品集〜ナゼールの夜会、ほか ル・サージュ(2CD)

プーランク(1899-1963)

CD ピアノ作品集〜ナゼールの夜会、ほか ル・サージュ(2CD)

ピアノ作品集〜ナゼールの夜会、ほか ル・サージュ(2CD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (2 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:2件中1件から2件まで表示

  • ★★★★★ 

    美宇  |  東京都  |  不明  |  2012年01月01日

    エリック・ル・サージュは、1989年のロベルト・シューマン国際音楽コンクールで1位、1990年にリーズ国際ピアノ・コンクールで第3位という優秀な成績を残しているだけあって、聴く人の心を掴む演奏ができるピアニストです。 フルートのエマヌエル・パユやクラリネットのポール・メイエ、フルートのフランソワ・ルルーら超一流の管楽器奏者たちと「レ・ヴァン・フランセ」というアンサンブルを組んでおり、彼らの演奏は世界的にも高い評価を受けていますが、エリック・ル・サージュはソロピアニストとして積極的に活動している訳ではないので、日本では知名度がやや低いかもしれません(専門的に勉強している人にはよく知られています)。しかし、現代のフレンチ・ピアニズムを牽引する一人と言ってもいいでしょう。 よけいなルバートをかけることなく滔々と美しく流れるメロディー、芯があってよく響く低音、歯切れのよいリズム……どの演奏もプーランクらしさに満ちています。プーランク特有の和声進行や転調をよく研究していることが分かる演奏でインテリジェンスを感じると同時に、グイグイ前へ進む推進力からは熱を帯びた若々しさも感じられます(現在40歳を超えているようですが)。また、ペダルの使い方が非常に上手く、色彩豊かで響きが美しい音です。その分、プーランクのピアノ曲の定番とされるタッキーノのドライなタッチに比べると、ややピアニスティックに聴こえます。このへんはお好みで。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    blavet  |  日本  |  不明  |  2009年02月23日

    商品の詳細で組み枚数が1枚となっていますが、2枚組です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示