トップ > Vanilla Fudge > Vanilla Fudge (HYBRID MONO SACD)

Vanilla Fudge

SACD Vanilla Fudge (HYBRID MONO SACD)

Vanilla Fudge (HYBRID MONO SACD)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (4 件)
  • ★★★★☆ 
    (3 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:7件中1件から7件まで表示

  • ★★★★☆ 

    WTR  |  神奈川県  |  不明  |  2011年09月19日

    やや取っつきにくいが噛むほどに極上。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    メタルマニア  |  不明  |  2007年03月29日

    ヴァニラファッジの魅力のひとつにオリジナルの原型をとどめないカバーというものがあります。その魅力をたっぷりと堪能できるアルバムです!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ファッジバッジ  |  ハッピー・マンデイ  |  不明  |  2005年12月12日

    A&Mレコードの記念式典での再結成時の演奏を聴いたが骨太だったし、本作も年代に似合わず音が厚い。評判が先行している安っぽい音作りが多い同時代の作品中、これは本当に名盤だと思う。ぶっ飛んでいる度合いはシド・バレットのピンク・フロイドほどではないが、音の安定度はこちらに分があり黒人的なセンスも窺える洒落者の実験ポップはとても味わい深い。『ホワイト・アルバム』『夜明けの口笛吹き』そしてこれ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    28  |  大阪府  |  不明  |  2004年12月29日

    すごい!!その一言です70年代はベースとドラムが本当に引っ張ってますね!この頃のロックが一番好きですね、まぁぼくは生まれてないんですけど。もっとはやく生まれてリアルタイムで聴きたかった!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    DA  |  千葉県浦安市  |  不明  |  2002年10月19日

    名盤の誉れ高い一枚。誰もが知ってる名曲を取り上げたカヴァー集だが、原曲を(特に演奏面で)壊して、彼らでしか出来ないやり方で料理したため強烈なインパクトを放っている。歌は一人一人はそれ程上手くはないが、全員が複雑に絡むコーラスが素晴らしく、単調な繰り返しなどしない変幻自在の演奏と合わさって独特の世界を創り出している。最近の、打ち込みやバラバラに録ってつなぎ合わせた音楽には見られない、はみ出した演奏にも生々しい迫力がある。今の音楽に慣れている人には取っ付きにくいかもしれないが、慣れると中毒になります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    GHOST−BATOH  |  不明  |  2002年09月21日

    灰野敬二の「哀秘謡」同様カバーアルバムの極致! 原曲を全く無視しているところが良い。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ピシ  |  北海道桧山郡江差町  |  不明  |  2002年05月16日

    国内初発盤(日本グラモフォン)LPの帯には『ニューロックの旗手/バニラファッジ』!あらゆる意味で「当時(1967年)」的。Vanilla Fudgeはきっと日本人の心を持った人たちなのだろう、と感じた。この認識は次次作の”Renaissance”を聴いた時、益々強固なものと成った。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:7件中1件から7件まで表示