トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > ベートーヴェン(1770-1827) > ピアノ・ソナタ第30番、第31番、第32番 マウリツィオ・ポリーニ(2019)

ベートーヴェン(1770-1827)

CD ピアノ・ソナタ第30番、第31番、第32番 マウリツィオ・ポリーニ(2019)

ピアノ・ソナタ第30番、第31番、第32番 マウリツィオ・ポリーニ(2019)

商品ユーザレビュー

星2つのユーザレビュー > すべてのユーザーレビューを見る

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★☆☆☆ 

    Y.A  |  兵庫県  |  不明  |  2020年05月15日

    1970年代初頭、「ベートーヴェンのピアノソナタ」それも後期の5作品と言えば バックハウスかケンプ、録音は古くなるがシュナーベル、ソロモンが定番だった。そこに登場した「若きポリーニの録音」は、技巧といい構築性といい「鮮烈」な印象を与えた。一連のショパン、ストラヴィンスキー、プロコフィエフでも感じたが、「(古典の)ベートーヴェンでも同じこと(新たな取り組み方の具体的提示)ができるんだ。なんと素晴らしい可能性を示してくれたことか!」と驚かされた。その後、ポリーニの実演には何度か接することができた。中でもリストのソナタ、シューベルトのト長調ソナタの演奏会が今も私の心に深く印象を残している。 しかし2000年を過ぎる頃からポリーニの演奏に違和感を感じるようになった。ショパンとドビュッシーのプレリュ−ドを頻繁に取り上げるようになった頃から、彼のテンポには「追い立てられるような性急さ」が目立ってきた。それに加え「曲の輪郭線」も変化していった。情緒的なものは極力排され、コントラストもどぎつくなった。この姿勢は「20世紀作品」を演奏する際には「曲のフォルムが明快になる」という利点があったが、19世紀作品ではそうはいかない。悪い言い方をすれば「ヒステリック」と感じられるような時もあった。昔、これと似たような感想を抱いたことがあるのを思い出した。そう、これは「晩年のトスカニーニの演奏」と共通した「変化」だった。それは「硬直した表現」であり、少なくとも私には「音楽的と感じる要素」から増々遠く離れた次元での演奏なのである。 今回のベートーヴェンは、その傾向更に顕著になっている。その上「器楽演奏家の宿命」である「年齢相応の技巧の衰え」も目立っている。全てが「前のめり」であり「句読点(カデンツ)もはっきりしない」ものとなってしまっている。 デビュー時、全盛時のポリーニを知るだけに「非常に残念」だった。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示