トップ > 中古(販売・買取)CD / DVD / アナログレコード / 本 / ゲーム > 中古 > 【中古:盤質A】 シルヴェストリEMI録音集(15CD)

CD 【中古:盤質A】 シルヴェストリEMI録音集(15CD)

【中古:盤質A】 シルヴェストリEMI録音集(15CD)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:9件中1件から9件まで表示

  • ★★★★☆ 

    湖畔のクラオタ  |  千葉県  |  不明  |  2015年10月17日

     演奏は素晴らしいのだが、音的に聞くに耐えない盤が少なからずある。veniasでリマスターして貰えないものか。。。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    北の火薬庫  |  北海道  |  不明  |  2015年04月11日

    NMVレビューアーに癖のある人が減ったのでコメントが少ないと思います。廃盤になるでしょうから「北の火薬庫」としての推薦の言葉を書きます。  2001のDisky10枚組から10年を経てEMI ICONからの復活です。  リマスターと音源について、チャイコの4.5.6は2012のリマスター。バルトークの弦ディベとヒンデミットのマティスはステレオ初出。ステレオのドヴォ7.謝肉祭.8.9も2012と2013のリマスター。ベルリオーズの幻想も2013リマスター。ひっそり魔弾の射手序曲がステレオ初出。リストの前奏曲とタッソが2005リマスターでステレオ。モノのドヴォ9も2013リマスター。以上のようにこれまでの印象を変える内容もあり期待が膨らみます。  チャイコはDIsky版との比較、Disky版では音場の拡がりの作りに無理があり音揺れを多く拾っていましたが、今回のマスタリングはおついていて聴きやすくなっています。ドヴォは、日本のHS2088との比較、今回は元テープが異なるのかヒス感が大きく異なります。拡がりも十分ですが強奏で音が潰れ気味なのは1959年の録音なので・・でも鑑賞には問題ないと思います。手持ちのものと一番大きく印象が異なったのが、「幻想」です。これは、山野楽器企画の1996年もの、テープのヒス感、音場、音の潤いともに全く違う印象で、幻想交響曲のもち異常さを十分に表しています。小品での手堅い演奏はもちろんですが、今回初出ステレオの弦ディベは、リズムのツボを得たなかなかの名演。  画一的な演奏に飽きた貴方、一聴あれ!?ただ、彼は爆演指揮者ではありませんよ。最大の演奏効果を得るために演奏家としての努力を惜しまなかっただけです。

    9人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ドンナー  |  神奈川県  |  不明  |  2014年08月02日

    シルヴェストリのEMI録音集は、リマスタリングのせいか、非常に音質が生々しく、とても40年以上前の録音とは思えない。シルヴェストリの持ち味は、オーケストラを自由に操り、聴き手を飽きさせないような、時には度肝を抜くような演奏を行うのだが、それが一向に嫌味とならないところである。ウィーン・フィルとの録音が大人しく聴こえてしまうのは、オーケストラに遠慮したのだろうか。良い音質でシルヴェストリの演奏に浸れるという点でこのボックスは価格以上の価値がある。ワーナーから再発されるのかどうか不明であり、在庫のあるうちに購入をお勧めしたい。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ききだおれ  |  神奈川県  |  不明  |  2014年02月13日

    かつて、廉価盤LPのSeraphimで、聞いた時の印象は、「随分勝手な解釈で演奏する奴だ」だった。それから数十年、近頃のつまらない演奏に飽きたらず、古音盤行脚。B級指揮者と決めつけていたシルヴェストリがまとまって安く聞けると購入。さすがの個性派、面白いけどやり過ぎとも思える事も多々。ただ、今まであまりおもしろい曲だと思わなかった曲に光が。「どうだこうやれば面白いだろ」と言われているような...ドヴォルザークの7番、フランクの交響曲など。なるほどと思わせてくれた。 昔のSeraphimのように、入門者用の定番メニューにはどうかと思うが、演奏の個性を楽しむには、なかなかのもの。昔はこんな指揮者がゴマンといたんだなと思うと、追体験に廉価BOXの有難味を感じるこの頃。 マーラーまでピリオド楽器と言う最近の風潮に嫌気が差す。頭でっかちにならずに、こんな個性派を見習えと言いたい。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    佐七  |  山梨県  |  不明  |  2013年05月14日

    すでに3/4以上持っているのなかなか買うわけにはいかないが、あまりこの指揮者のCDをもっていない方は是非買いです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    フォアグラ  |  愛知県  |  不明  |  2013年03月24日

    大半持っているのだが、「新世界」1957年盤が聴きたくて購入。59年とどちらもよい。というより、ドヴォルザークの3つの交響曲へのアプローチが全く違い、「新世界」も2年で違うところこそシルヴェストリの本領といえる。ドヴォルザークが音質改善されていたのも嬉しい。爆演、やりたい放題のイメージが強い人だが、ストラヴィンスキー、バルトークなどアンサンブルはしっかりしており、高い指揮技術を持った人だったと思う。それはボーンマス交響楽団の好演にも表れている。今は世界中で地方オケのレヴェルアップが凄まじいが、当時はそうではなかった。物凄いけれん味が確かに面白いが、ベースがあることを再認識させられた。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Seago  |  東京都  |  不明  |  2013年02月24日

     EMIミュージック・ジャパンの単発のドボルザーク新世界交響曲を聞いて期待してボックスを購入。まず50年代のステレオ録音が多いが、これまでの経験からの予想よりも録音がかなり良く、全体をとおしてその点での不満はほとんどない。内容については、小品ものを通じてシルヴェストリの資質の本来的に優れていることを感じる。全体にゆったりとしていて、チャイコフスキーの後期交響曲などを聞いているとちょうど全てがワルツの楽章であるかのような印象を受ける優雅さや分かりやすさがある。下手をすると俗っぽくなってしまうところ、その手前でとどまっている印象である。自分の好みには合っているので高い評価となった。今回のセットで聞きものは、ドヴォ9、新世界が同じフランス国立放送管弦楽団とのセッション録音、収録場所も同じで57年と59年の2テイクが同時に収められ聞き比べができることである。単発で買った有名な方が古い57年のもので、明らかに、圧倒的にこちらの方が優れている。緩急を効かせ勢いがある。59年のものはチャイコで好感の持てたゆっくり、優雅が行き過ぎて失敗している。同じ指揮者、オーケストラでここまで違うのかと正直びっくりした。やはりクラシックは再現芸術として奥が深い。今後ともどんな演奏が出てくるか期待できるという意味で永遠なものであると感じて安心をした次第である。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    TKOクラシック  |  神奈川県  |  不明  |  2013年02月01日

    かつてDisky *classicのボックスを購入して、シルヴェストリを聴きましたが、なかなか個性的でした。基本的には各楽器のパートを浮き彫りにして歌わすイメージです。一回聴いて何度も聴くと言うことがなかったので、処分してしまいました。しかし、このボックスは、チャイコが入っているし、買ってしまおうかなと、今月も散財...。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    まっこ  |  千葉県  |  不明  |  2013年01月30日

    個性的な演奏。昔、新世界を聞いて感動した。急ブレーキ、急発進何でもあり。今迄手に入らなかった物も多く即予約。ただここでSACDの売り方で顰蹙を買っている日本のEMIにまただまされてしまった。怒りを通り過ぎもう涙。一見良心的な999シリーズでチャイコフスキーなど4枚も買ってしまった事だ。しかも最近の事だ。当然日本のEMIは999シリーズを出した時点で数ヶ月後にこの全集が出ることは知っていたに違いない。同じ演奏を6曲もだぶって買わされたことになる。なんでEMIは何回もファンを裏切る様な商売をするのだろうか。星5つにしたいがだまされた悲しみを差し引いて星3つ。

    14人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:9件中1件から9件まで表示