トップ > 中古(販売・買取)CD / DVD / アナログレコード / 本 / ゲーム > 中古 > ベートーヴェン(1770-1827) > 【中古:盤質AB】 ピアノ協奏曲第5番『皇帝』 ポリーニ(p)、ベーム&ウィーン・フィル

ベートーヴェン(1770-1827)

CD 【中古:盤質AB】 ピアノ協奏曲第5番『皇帝』 ポリーニ(p)、ベーム&ウィーン・フィル

【中古:盤質AB】 ピアノ協奏曲第5番『皇帝』 ポリーニ(p)、ベーム&ウィーン・フィル

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (1 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★★★ 

    一人のクラシックオールドファン  |  兵庫県  |  不明  |  2012年03月09日

    ポリーニがベーム/VPOのバックを得て1970年代後半に録音スタートしたベートーヴェン・ピアノ協奏曲集はベームの体調理由による降板で一部指揮をヨッフムが代わって完成したシリーズ物からの本盤は「皇帝」協奏曲であります。1978年収録(タイム@20’26A8’03B10’17)なので若い36歳ポリーニと84歳の最晩年期ベームとの組み合わせという事になり各々がその特徴を活かしたまことに各楽章テンポ共々バランスの取れた仕上がりになっております。所謂「皇帝」というネームから連想される雰囲気とは異なって力み無くしかも完璧テクニックで「華やかさ」さえただよわせるピアノとオーソドックスに安定感あるサポートが上手くブレンドしています、第1楽章ピアノのスタート合図からしばらくオーケストラの演奏が入るのですがベームの押しの強さが垣間見れます。この楽章で先ほど書いた強く豪快なドイツ風「皇帝」というより優雅なやはり気のせいかイタリア風な感じなのです。聖歌的に進む中間楽章はやや古さを感じさせる演奏ですが実にピアノの研ぎ澄まされた音の粒が美しいですね。最終楽章・・・フレーズ繰り返しが多い楽章に個人的には少し執拗さ・退屈さも覚え本盤演奏にも平板さを感じたのですがピアノの溌剌感がその辺りを軽減してくれました。なお、ポリーニは後年1993年アバド/BPOとの共演ライブ盤(タイム@20’29A7’48B10’35)があり何かと本演奏と比較対象になっている様です。又ポリーニがまだティーンエイジャーだった1959年にM.プラデッラ/RAIローマSOのバックでのモノラルライブ盤もHMVカタログにはあります。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示