トップ > 中古(販売・買取)CD / DVD / アナログレコード / 本 / ゲーム > 中古 > ハイドン(1732-1809) > 【中古:盤質A】 ミサ曲第7番『戦時のミサ』 バーンスタイン&バイエルン放送響、ブレゲン、ゾーティン、他(+コミック)

ハイドン(1732-1809)

DVD 【中古:盤質A】 ミサ曲第7番『戦時のミサ』 バーンスタイン&バイエルン放送響、ブレゲン、ゾーティン、他(+コミック)

【中古:盤質A】 ミサ曲第7番『戦時のミサ』 バーンスタイン&バイエルン放送響、ブレゲン、ゾーティン、他(+コミック)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (0 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (1 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:1件中1件から1件まで表示

  • ★★★☆☆ 

    ほんず内閣総理大臣  |  北海道  |  不明  |  2012年12月23日

    説明にある通り、手塚治虫の漫画「雨のコンダクター」と、バーンスタインのDVDの組み合わせ。漫画について一言。ニクソンのパーティー(オーマンディ&フィラデルフィアの演奏付き)に対して、バーンスタインが有志を募ってハイドンの「戦時のミサ」を演奏した件については、私はリアルタイムで憶えております。「レコ芸」の反応も覚えてますよ。声楽の評の畑中氏はニクソンやオーマンディのノー天気ぶりに怒りをあらわにしてましたなあ。当時、「レコ芸」には粟津則雄・林光・黒田恭一の3氏による鼎談が載っていてこれが面白かったのですが、そこでも取り上げられ、林氏だったかな、「バーンスタインは何をやっても青少年のためのコンサートという感じがするけど、これはそれがないな」と言ってたのが面白かったな。上記は、バーンスタインの「戦時のミサ」旧盤についてです。政治問題に端を発してはいますが、音楽家であるよりもまず「人間」であるというバーンスタインという稀有の人物の偉大なモニュメントでありました。そのエピソードを手塚が漫画にしたものが「雨のコンダクター」であり、やはりバーンスタインという人物の魂に打たれた巨匠手塚の心意気でもあろうかと思います。この漫画は私ははじめて読みました(存在そのものを知らなかったし)。短編であり、また正直今となっては多くの説明(注釈)がないと分かりづらいのも事実でしょう。そこは本製品がもっと多くの説明をしておいてよかったのかもと思います。さてDVDの方ですが、ずっと後年の演奏で曲にふさわしく迫力満点の出来ですが、ただ気構えとしてはごく普通の感じがします。かつての行動(演奏)のことはもうすっかり遠い昔のことで、もうそういうこととは違うステージにいるのだよということかな。それはそれで当然のことでしょう。ごく普通の演奏(イヴェント)の記録、そんな感じのディスクです。その意味で、漫画と演奏との間に懸隔があるのは事実でして、そこはどうかなという気はしないでもありません。企画は面白いし、この話は記憶されていいと思いますがね。なお、旧盤は最近出たニューヨークフィルとのハイドンを集めたボックスに収められています(買ったけど未聴)。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:1件中1件から1件まで表示