トップ > ベートーヴェン(1770-1827) > ピエール・フルニエ、フリードリヒ・グルダ / ベートーヴェン:チェロとピアノのための作品全集 (3枚組アナログレコード)

ベートーヴェン(1770-1827)

LPレコード ピエール・フルニエ、フリードリヒ・グルダ / ベートーヴェン:チェロとピアノのための作品全集 (3枚組アナログレコード)

ピエール・フルニエ、フリードリヒ・グルダ / ベートーヴェン:チェロとピアノのための作品全集 (3枚組アナログレコード)

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (6 件)
  • ★★★★☆ 
    (1 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:7件中1件から7件まで表示

  • ★★★★★ 

    kuri  |  栃木県  |  不明  |  2010年08月19日

     DGの廉価版ヘリオドールのLPで30年ばかり聴いてきた演奏。  それに比べるとグルダのピアノがやや硬質な響きになっているCDだが、 粒立ちのよいピアノに触発されたフルニエの表情がわかるような、瑞々しい もの。  古今の演奏のなかでも、ひときわ輝くような雰囲気をもつ個性がすばらしい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    流音  |  埼玉県  |  不明  |  2009年01月17日

    ベートーヴェンのチェロソナタは10種類ほど持っていますが、この演奏が一番好きです。ロストロ盤、ケンプ盤より断然こちら。 フルニエは端正な中に情熱を奏で、方やグルダは表情豊かで際だって美しい。両者、呼吸もぴったりで、情緒豊かで雄弁です。 3番の冒頭を聴いてみても分かります。 私の理想のチェロソナタです。

    8人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    高島  |  佐賀県  |  不明  |  2008年11月15日

    ところどころピアノが走りすぎてチェロがあわせてやっている。グルダのピアノはソロとしては美しいが掛け合いはいまいち。フルニエの懐の大きいチェロはさすがで、聞いていてただ感心するばかり。対話的な掛け合いとしては後年のケンプとの録音が素晴らしい。ただソロとしてのフルニエはこのときが一番美しく、どちらを優劣とするか悩ましい。いや、ふたつの記録が残されていることは、悩ましいほどの幸福だ。とにかくフルニエのチェロは美しかった。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    Piano Music Japan  |  神奈川県  |  不明  |  2008年09月05日

    グルダの自伝にあれこれ書かれている「フルニエとのベートーヴェン全曲録音」がこれ。フルニエの妻が「前夫と比較して暴言を吐いた」様子だが、フルニエの妻は「ピアノを含めたトータル演奏」までは聞き取れなかったらしい。演奏 + 録音 共に21世紀の今日までで最高の演奏だ。「ベートーヴェンがそこにいる」ことが、聞き取れる最高の演奏だ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    るうのパパ  |  東村山市  |  不明  |  2007年10月05日

    フルニエの演奏がすばらしいのはあたりまえですが、特筆すべきはグルダのピアノで、まるで、いまこの場で音楽が生み出されているようなフレッシュさを感じます。録音も、収録年代を考えても良好です。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    TAK  |  柏市  |  不明  |  2006年07月09日

    期待に違わずいい演奏だと思います。録音も思ったよりはるかに良く、不満はありません。後年のケンプとのライブもいいですが、この演奏の方がより覇気が感じられます。グルダのピアノも中々いいですが、チェロとのバランスがいま一つという感じです。(ピアノの方がチェロより前面に出すぎている。)

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    憲一郎  |  さいたま市  |  不明  |  2006年07月05日

    私はLPで所有しているので以下はそのLP評。若々しいグルダのピアノ伴奏(協奏的)の上に、フルニエが瑞々しく朗々とベートーヴェンを歌う。一切の虚飾なく直截的な演奏だと思うが、2人ともベートーヴェンのこれらの曲に感動しながら演奏しているのがわかるような素晴らしい演奏だと思う。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:7件中1件から7件まで表示