HMV・HMV&BOOKS店舗イベント情報

店舗イベント

RSS

山崎ナオコーラ
トークショー&サイン会
2019/07/21 (日) 14:00
HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE

7月21日(日)14:00〜
花田と新井の答えのない読書討論会 vol.2
「ブスの自信の持ち方」について語る
ゲスト:山崎ナオコーラさん


このイベントは1冊の本をもとに、当店の花田菜々子と新井見枝香が感想や意見を語り合い、ご参加のお客さんとともに理解を深め、よりその本を楽しむためのイベントです。
Web連載時から議論を巻き起こし話題となっていた「ブスの自信の持ち方」がついに書籍化されます。この連載のファンだった二人がこの本を読んで改めて感じた「ブス」問題、ルッキズム、性差別、個人の尊厳など、この本から溢れ出る問題提起を取り上げ、著者の山崎ナオコーラさんとともに内容に深くせまります。
トーク終了後はサイン会を予定しております。

【申込方法】
HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEで「ブスの自信の持ち方」をご購入の方に無料でご参加いただけます。店頭にてお声がけいただくか、電話にてご予約またはお取り置きの上ご来店ください。
お申込みが定員に達し次第受付を終了いたします。
03-5157-1900 (11:00-20:00)

【注意事項】
・ご参加の皆様からもご感想やご意見を述べていただける場を設ける予定ですが、すべてのお客様の発言の機会を保証するものではございません。また、発言を歓迎いたしますが、無理に発言を促すことはしませんので、ただ聞きたいだけの方も気軽にご参加下さい。
・ご著者の山崎ナオコーラさんがご妊娠中のため、当日やむなくご欠席になる可能性がございます。その場合も書籍の返品・返金等はできませんのでご了承ください。ナオコーラさんがご欠席の場合もイベントは実施とし、花田・新井と書籍担当編集の樋口さんとのトークとなります。


【書籍情報】
山崎ナオコーラ
四六判/並製/312P/1500円
ISBN978-4-416-51956-1
7月10日発売


連載時から話題沸騰の人気連載が書籍化!
社会派作家が容姿差別を斬る!

これからの時代
ネットも言葉もあるから
顔の価値は下がる!

----------------------------------------------------------------------------
 “「ブスには自信を減らしてほしい」という考え方には与しない。”
うん、最高!
現代社会に忽然と輝く希望の書。

はるな檸檬さん(漫画家)推薦。
----------------------------------------------------------------------------

容姿によって生きづらさが生じるのは、
本人の問題ではなく、社会の問題だ。(本文より)

〈容姿差別とは……〉
「容姿を理由に場所を移動させる」
「容姿が関係ないシーンで容姿のことを執拗に言う」
「仕事の評価に容姿を絡める」
「容姿を理由に進学、就職、昇進をさせない」
「性的に愚弄する」
「人権を無視するような言葉を浴びせる」

■目次
第一回 はじめに 
第二回 自信、そして「勘違いブス」について
第三回 自信を持たない自由もあるし、持つ自由もある
第四回 差別語と文脈の関係
第五回 恋愛
第六回 「容貌障害」についてなど
第七回 結婚、それとトロフィーワイフのことなど
第八回 『源氏物語』の末摘花のこと
第九回 『シラノ・ド・ベルジュラック』における友情
第十回 アイドル総選挙
第十一回 自信を持つには
第十二回 他人に努力を強要していいのか?
第十三回 自虐のつもりはない
第十四回 骨や死に顔を見るな
第十五回 ノンバイナリージェンダー
第十六回 差別と区別
第十七回 新聞様(一) 被害者の顔写真をなぜ載せるのか?
第十八回 新聞様(二) 「右」とか「左」とか
第十九回 新聞様(三) カテゴライズ
第二十回 新聞様(四) くだらない話
第二十一回 新聞様(五) くだらない話の続き
第二十二回 痴漢(一)
第二十三回 痴漢(二)
第二十四回 痴漢(三)
第二十五回 化粧
第二十六回 一重まぶた
第二十七回 虚栄心とか美への欲望とか
第二十八回 強者の立場になってしまうこともあるという自覚
第二十九回 「おじさん」という言葉
第三十回 本当に「ブス」と言ってはいけないのか?
あとがき


【著者プロフィール】
山崎ナオコーラ
作家。1978年生まれ。性別非公表。大学の卒業論文は「『源氏物語』浮舟論」。2004
年に『人のセックスを笑うな』でデビューしたあと、しばらくの間、「山崎ナオコー
ラ」でネット検索すると、第二検索ワードに「ブス」と出ていた。でも、堂々と顔出
しして生きることにする。目標は、「誰にでもわかる言葉で、誰にも書けない文章を
書きたい」。

関連情報

出演者ページ
 代表作
 商品一覧
お気に入りメール購読
My人物・団体登録

戻る

%%header%%閉じる

%%message%%