トップ > 音楽CD・DVD > 音楽CD・DVD > 第60回グラミー賞《ジャズ部門》受賞作品発表

第60回グラミー賞《ジャズ部門》受賞作品発表 

%%header%%閉じる

%%message%%


第60回グラミー賞「ジャズ部門」受賞作品

現地時間1月28日にニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデンで第60回グラミー賞 授賞式が開催され、ジャズ部門の各受賞作品が発表されました。



Best Improvised Jazz Solo

Miles Beyond

John Mclaughlin & 4th Dimension / Live At Ronnie Scott's

超絶的なギタープレイで数々の伝説を生み出してきたジョン・マクラフリン率いるザ・フォース・ディメンションの最新作は、2017年3月英ロニー・スコッツ・ジャズ・クラブで行なわれた白熱のライヴを収録。

「Echoes From Then」「Gaza City」「El Hombre que Sabia」「Here Come the Jiis」といった近年のレパートリーから、チック・コリアとのファイヴ・ピース・バンドでおなじみの「New Blues Old Bruise」、さらには「Meeting of the Spirits」「Miles Beyond」「Sanctuary」「Vital Transformation」などマハヴィシュヌ・オーケストラの名曲も披露。



Best Jazz Vocal Album

Dreams And Daggers

Cecile Mclorin Salvant / Dreams & Daggers

前作『For One To Love』が第58回グラミー賞で「最優秀ジャズヴォーカル・アルバム」に輝くなど今最も熱い注目を集める女性ジャズシンガー、セシル・マクロリン・サルヴァント。最新作はNYヴィレッジ・ヴァンガードにおける貫禄のパフォーマンスを収録した2枚組ライヴ盤。

豪華なストリングスをフィーチャーした、『For One To Love』の延長線上にあるミュージカル的な演出も挟み込み。ハードバップの伝統をおさえたアーロン・ディールのピアノとも相性抜群。古き良きジャズの気品が薫り立ち、セシルのヴォーカルと心地良いスウィング感を生み出します。



Best Jazz Instrumental Album

Rebirth

Billy Childs / Rebirth

ローラ・ニーロ・トリビュートで第57回グラミー賞最優秀編曲賞を受賞したベテランピアニスト、ビリー・チャイルズ。MACK AVENUE第1弾となる新作は、スティーヴ・ウィルソン(ss,as)を迎えた注目のワンホーンカルテット録音。

細かい符割の静かなピアノリフからはじまり、一斉にバンド全体が加わり疾走する表題曲は、クラウディア・アクーニャの幻想的なヴォーカルパートと素早いパッセージのユニゾンとの切り替えしが何とも見事。共作を含む6曲のオリジナルはもちろんのこと、即興演奏家としてのチャイルズも存分に堪能できる作品となっています。



Best Large Jazz Ensemble Album

Bringin' It

Christian McBride Big Band / Bringin' It

グラミー賞受賞作『The Good Feeling』から実に6年ぶり。現代最高のベース奏者クリスチャン・マクブライド待望のビッグバンド第2弾。

ジェームス・ブラウン直系のジャズファンクチューンから、新進気鋭のトランペッター、フレディ・ヘンドリックスのハイノートがヒットするジャズメッセンジャーズ曲、ウェス・モンゴメリーやマッコイ・タイナーの古典まで、クリスチャンのアレンジもバンドのクオリティも格段にパワーアップしたホットなビッグバンドサウンドを展開。

今回も公私のパートナー、メリッサ・ウォーカーが2曲で参加。ジャヴァンによるブラジリアンナンバーや「Mr. Bojangles」のカヴァーでシルキーな歌声を披露し、作品に華を添えています。




表示件数

検索結果:9件中1件から9件まで表示

検索結果:9件中1件から9件まで表示