【映像】ニーノ・ロータ:歌劇『神経症患者の夜』『2人の内気な男』

2019年01月11日 (金) 00:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


ニーノ・ロータ:歌劇『神経症患者の夜』『2人の内気な男』

歌劇『神経症患者の夜』は1960年にミラノで初演された短い作品。人々で溢れかえるミラノの見本市。物音がすると眠れない男は、ホテルの最上階の3部屋を貸し切りにしますが、ホテル側は両隣に退役軍人と新婚風のカップルを泊めてしまうことから起こるドタバタ物語。歌手たちは歌だけでなく優れた演技もしなくてはならないという、まさに映画を見ているような緊張感に満ちた作品です。
 かたや、歌劇『2人の内気な男』は恋のすれ違いをテーマにしたコメディ。本来はラジオ用の作品であり、情景が見えず音のみで物語は進行するため、却って舞台で上演するのは困難です。
 2017年に開催された「レアーテ音楽祭」の目玉公演の一つが、ニーノ・ロータの2つのオペラでした。映画音楽作曲家として知られるロータですが、彼自身はクラシック作曲家を目指していたこともあり、ロッシーニ、ヴェルディ、プッチーニの作品を研究するなどイタリア・オペラの伝統にも精通していました。生涯に10曲以上の歌劇を作曲し、これまでにこの2作を含め『フィレンツェの麦わら帽子』などいくつかの歌劇が上演されたことがありますが、映像化されたのは今回が世界初となります。チェレンツァ、コルテーゼといった同じ歌手が役柄を変えて2つの作品を歌うというパターンで、性格の違う物語にもどことなく共通性が生まれる見事な演出です。(写真c Alex Giagnoli)(輸入元情報)


【収録情報】
● ロータ:歌劇:歌劇『神経症患者の夜』全1幕


 神経症の男…ジョルジョ・チェレンツァ(バリトン)
 コンシェルジェ…カルロ・フェオーラ(バス)
 騎士団長…ダニエーレ・アドリアーニ(テノール)
 彼女…サブリナ・コルテーゼ(ソプラノ)
 彼…アントニオ・サピオ(テノール)
 フロアボーイ…ヴィンセンツォ・カルニ(ヴォーカル)
 他、ホテルのスタッフたち


● ロータ:歌劇『2人の内気な男』全1幕

 語り手…ジョルジョ・チェレンツァ(バリトン)
 マリウッチャ…サブリナ・コルテーゼ(ソプラノ)
 ライモンド…ダニエーレ・アドリアーニ(テノール)
 グィドッティ夫人…キアラ・オゼッラ(メゾ・ソプラノ)
 シニスガッリ博士…アントニオ・サピオ(テノール)
 マリウッチャの母…マリアンジェラ・デ・ヴィータ(メゾ・ソプラノ)
 ヴィットーリオ/客人…ジャコモ・ナンニ(バス・バリトン)、他

 レアーテ祝祭管弦楽団
 ガブリエーレ・ボノリス(指揮)

 演出:チェザーレ・スカルトン
 装置:ミケーレ・デッラ・チオッパ
 衣装:アンナ・ビアジオッティ
 照明:アンドレア・トッキオ

 収録時期:2017年9月30日〜10月1日
 収録場所:リエーティ、フラヴィオ・ヴェスパジアーノ劇場(ライヴ)
 映像監督:マキシム・デレヴィアンコ

 収録時間:106分
 画面:カラー、16:9
 音声:PCMステレオ、DD5.1(イタリア語歌唱)
 字幕:イタリア語・英語・フランス語・ドイツ語・日本語・韓国語
 NTSC
 Region All