Flower Recordsより7インチシングルが2タイトル同時リリース

2019年01月10日 (木) 17:45

|

HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP

2019年3月、Flower Records より、キャリア23年を誇る Reggae Disco Rockers と、昨年発表した2枚のシングルが好調セールスを記録している Slowly によるホットな7インチが2タイトル同時発売される。


記念すべきファースト・シングルのリリースから23年、これまで数々のアルバム及びシングルを発表し続けている Reggae Disco Rockers の最新作は、彼らの金字塔の1stアルバム『OASIS』でフィーチャーした奥山みなこと再度タッグが実現。

奥山みなこの持つ天性の歌声の魅力を伝えるために採用した楽曲は、2011年に27歳の若さで他界してしまったエイミー・ワインハウスの珠玉の名作 「Love is a Losing Game」。

B-Side にはメンバーである小林洋太による“沁みる”ギターをフィーチャーしつつも、レーベルオーナーで全作品のミックスを手掛ける高宮永徹による、程よくダブ処理されたトラックがハマる Guitar Dubmental を収録。レゲエ/ダブ愛好者はもとより、バレアリック好きな DJ /リスナーにもオススメとなっている。




2018年6月に「The Right Way」、そして11月にはカーティス・メイフィールドの名曲カバー「Tripping Out」をリリースし、どちらも瞬く間に売り場から姿を消し、多くのDJやコアなリスナーのみならず、一般の音楽好きにも熱い支持を受けている Slowly

11月のリリースから4ヶ月というタイトな期間で、またまたヤバい7インチをリリースする。本作品は、Slowly が愛してやまないレゲエ・マナーをしっかりと踏襲しつつも、BPM98 の4つ打ちトラックに、ブラックネス溢れるアナログシンセ・サウンドを駆使、全体像をバレアリックな空気感でまとめ上げた極上のインスト・ナンバーに仕上がっている。

また、B-Sideにはレーベルオーナーであり、リリースする全作品のミックスを行う高宮永徹によるダブ・バージョンを収録。東京からシャウトする Slowly によるレゲエ、そしてブラックミュージックへの愛に溢れた極上バレアリック・トラックだ。



リリース情報


Reggae Disco Rockers feat. Minako Okuyama『Love is a Losing Game』
発売日:2019年3月6日(水)
品番:FLRS-118
フォーマット:7インチアナログレコード
収録曲
Side-A : Love is a Losing Game
Side-B : Love is a Losing Game (Guitar Dubmental)

ご予約はこちら

Love is a Losing Game (7インチシングルレコード)

7inchシングル

Love is a Losing Game (7インチシングルレコード)

Reggae Disco Rockers / 奥山みなこ

価格(税込) : ¥1,620

ご予約商品 - 2019年03月06日 発売予定



Slowly『Until The Break of Dawn』
発売日:2019年3月6日(水)
品番:FLRS-119
フォーマット:7インチアナログレコード
収録曲
Side-A : Until The Break of Dawn
Side-B : Until The Break of Dawn (E.T. Dub)

ご予約はこちら

Until The Break Of Dawn (7インチシングルレコード)

7inchシングル

Until The Break Of Dawn (7インチシングルレコード)

Slowly (Ds)

価格(税込) : ¥1,620

ご予約商品 - 2019年03月06日 発売予定


Takumi Kanekoによるチルアウト・プロジェクト

Flower Records 2019年第1弾シングル

Coastlines EP2 (7インチシングルレコード)

7inchシングル

Coastlines EP2 (7インチシングルレコード)

Coastlines

価格(税込) : ¥1,620

ご予約商品 - 2019年01月23日 発売予定



%%message%%



Slowly (Ds)に関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る