ロト&ケルン・ギュルツェニヒ管/マーラー:交響曲第3番

2018年12月27日 (木) 00:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


マーラーが1902年に交響曲第3番を初演したオーケストラで、
あのロトが感動の名演を果した!


マーラーの交響曲第5番をケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団と録音して絶賛を受けたロトが第3番に挑戦しました。同オーケストラは1904年にマーラー自身の指揮で第5番を世界初演という深い縁がありました。第3番は多くの文献に「1902年6月9日、クレーフェルトにて作曲者自身の指揮により初演」としか書かれていませんが、この際のオーケストラもなんとケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団でした。
 ロトはやや速めのテンポながら造型も大きく、ヴィブラート控え目、金管もまろやかに響かせるなど才気煥発ぶりが光ります。牧歌的な歌い回しも絶妙。また児童合唱の天使のような無垢さとイタリアのベテラン、サラ・ミンガルドのカウンターテナーのような低く妖しげな声が、この世のものとは思えぬ不思議な世界を創り上げています。ロトならではの目から鱗の落ちるような「マラ3」が出現しました。
 2018年のセッション録音で、強奏部でも豊かに響く録音も特筆もの。時代楽器演奏でないことを残念に思う向きもあるかもしれませんが、今回もドイツのギュルツェニヒ管で大正解。さらにレ・シエクルで培った「初演当時の響き」をここでも追求、今や少なくなった117年前の古き良きドイツのオーケストラをタイムマシンで聴きに行く感があります。超注目盤の登場です!(輸入元情報)

【収録情報】
● マーラー:交響曲第3番ニ短調


 サラ・ミンガルド(コントラルト)
 スコラ・ハイデルベルク女声合唱団
 ケルン大聖堂児童合唱隊
 ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団
 フランソワ=グザヴィエ・ロト(指揮)

 録音時期:2018年10月
 録音場所:ケルン、フィルハーモニー
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
34件中1-20件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて