激ロック×HMV&BOOKS online vol.67

2018年10月23日 (火) 18:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

ラウドロックのポータルサイト“激ロック”とのコラボコーナー。毎月レコメンドアーティストとアイテムをご紹介。

10月のレコメンド

全曲解説掲載中



激ロック x HMV (2016〜)へ戻る

9件中1-9件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • 激ロックレビュー

    Songs Of The Living Dead

    Ken Yokoyama

    ベストセラー

    価格(税込) :
    ¥2,700
    会員価格(税込) :
    ¥810
    発売日
    2018年10月10日

    GENRE:PUNK
    Ken Band約15年の歴史を余すところなく凝縮
    今後の指針も含む“6.5枚目のアルバム”

    奇しくも現体制最後の作品となってしまった本作は、横山 健が活動初期から考えていた“コンピやオムニバス盤に提供した楽曲を1枚にまとめたもの”であると同時に、バンドとしての今を示す新曲&新録カバー5曲を含む“セルフ・コンピレーション”アルバム。フル・アルバムでは浮いてしまうような実験的且つ遊び心に満ちたオリジナル曲や、横山のルーツが垣間見れるカバー曲の数々をこうして1枚で楽しめるのは、非常にありがたい限り。もちろん、彼のファン以外にもバンドのサブ・ストーリーとして楽しめる内容だ。そして、単なる寄せ集めで終わらせない、現在進行形の新曲にも注目。これが来たる7thアルバムに直結するとは限らないが、2018年のモードを理解するうえでは重要な意味を持つはずだ。
    西廣 智一 【ライター推薦】

  • s p a c e [ s ]

    Survive Said The Prophet

    価格(税込) :
    ¥2,700
    会員価格(税込) :
    ¥2,484
    発売日
    2018年09月26日

    GENRE:LOUDROCK, POST HARDCORE
    規格外の思考でロック・ミュージックという爆音のアートを追求するサバプロ
    1年ぶりのアルバムを携え、満を持してメジャーに挑む

    前作から1年を経た4作目のアルバムは、一段とスケール感を増したバンドの姿を映した内容になった。ライヴを通じてラウドの筋力をビルドアップし、またソウルやファンク的も消化した、しなやかなフィジカルを手に入れたロック・ミュージックは、モダンであり普遍性も高い、高揚感のある仕上がり。バランスのいいアレンジで聴かせているが、その音を極限まで削ったとしても、歌としての強さが残って鼻歌もできそうな、そういうキャッチーさというものが磨かれている感じだ。劇場アニメなどの主題歌を手掛け、日本語詞を盛り込んだ曲や、「T R A N S l a t e d」でFINCHのフロントマン、Nate BarcalowがゲストVoとして参加というトピックもあるが、1枚を通して高い熱量とアイディアが詰まった作品となった。
    吉羽 さおり 【ライター推薦】

  • 日出ズル場所

    CDシングル

    日出ズル場所

    オメでたい頭でなにより

    価格(税込) :
    ¥1,010
    会員価格(税込) :
    ¥930
    発売日
    2018年10月10日

    GENRE:LOUDROCK
    オメでた初のアニメ・タイアップを奪取
    多彩な音技と真似できない遊びの数々で“オメコア”のお茶の間化が進行中

    オメでた初のアニメ・タイアップ決定! 相撲に青春をかける高校生たちを描くスポ魂アニメ“火ノ丸相撲”のエンディングを彼らが担当していいものだろうか……と思って、少し恐る恐るタイトル・トラック「日出ズル場所」を聴いてみたのだが、本当にこれがいい感じ。重厚感のあるサウンドにラップが畳み掛けるミクスチャー・サウンド、天才ぶりと狂気が垣間見えるカリスマ・フロントマン 赤飯(Vo)のリリック・センスが強烈に炸裂している痛快な1曲だ。そしてカップリング曲の「We will luck you」は、スケール感たっぷりのキャッチーなスタジアム・ロック・ナンバー。通常盤にはさらに、ゴリゴリ且つごちゃ混ぜ感満載のハイテンション・ナンバーも収録。シングルながらお腹いっぱいの充実した内容になっている。
    山本 真由 【ライター推薦】

  • LINKS 【初回限定盤】(+DVD)

    MINAMI NiNE

    価格(税込) :
    ¥2,200
    会員価格(税込) :
    ¥1,914
    発売日:
    2018年10月10日
    まとめ買い価格(税込) :
    ¥1,914

    GENRE:MELODIC PUNK
    人と人の繋がりを大切にしてきた宮崎出身の3人組がメジャー・デビュー
    自分たちらしさをまっすぐに表現した“SUPER EP”をリリース

    2011年の結成以来、精力的に活動してきた宮崎出身の3人組がいよいよメジャー・デビュー。これまでよりも大きなフィールドで活動する自信と覚悟を“SUPER EP”という言葉に込め、様々な“繋がり”を歌った6曲入りの新作をリリースした。メジャーだからって奇を衒わずに自分たちらしさをまっすぐに打ち出した、とても気持ちのいい作品だ。メロディック・パンクのエッジもしっかり持ちながら、聴く者を包み込む温もりが彼らの真骨頂。アコースティック調のバラード「帰り道」に加え、「Links」では彼らの持ち味のひとつであるレゲエのリズムももちろん忘れてはいない。少年時代や故郷を思い返す歌詞が単に懐古で終わらず、これまで自分が歩んできた道を肯定するメッセージになっているところがいい。
    山口 智男 【ライター推薦】

  • OXYGEN

    CD

    OXYGEN

    Ailiph Doepa

    価格(税込) :
    ¥3,240
    発売日
    2018年10月03日

    GENRE:LOUDROCK, MIXTURE
    他の追随を許さない濃厚なユニークさで突き進む4年ぶりのニュー・アルバム
    SiM主催フェス“DEAD POP FESTiVAL 2018”に初出演し、話題を呼んだ4人組による3rdアルバム。その中身は既発のシングル『MARS』、『BONUS』、幻の作品『AIR』収録曲に加え、新曲6曲を含む全14曲入りという大ボリュームだ。オモチャ箱をひっくり返したようなミクスチャー・サウンドは、予測不可能な展開や遊び心に満ち溢れ、一度聴いたら“次はどう来るんだろう?”とワクワクせずにはいられない。基本4分台の楽曲が並び、1曲1曲が超個性的なサウンドばかりゆえ、聴き応えは途轍もなく濃厚だ。音に耳を傾けているだけで、世界を旅しているような異国情緒が味わえるのもミソ。小さくまとまらず、どんどんハミ出していく演奏とアイディアのユニークっぷりは、他の追随を許さない。いい意味で変態バンドです!
    荒金 良介 【ライター推薦】

  • HIGH SPEED MAGNUM

    ガールズロックバンド革命

    価格(税込) :
    ¥1,800
    発売日
    2018年10月31日

    GENRE:ROCK
    大阪発3人組ガールズ・バンドがロック・シーンに革命を起こす初のミニ・アルバムを完成
    インパクトのあるバンド名からは、捻ったものなのか? どストレートなものなのか? というクエスチョンを与えられるが、今作を聴けば後者であることがわかるだろう。なぜなら、この手で革命を起こしたいという情熱が、5曲の中にみっちりと詰まっているから。とは言え、ただ猪突猛進するようなやり方ではなく、アーティスティックな感性やクリエイティヴな遊び心を織り交ぜているところが、クレバーな可能性に満ち溢れている。特に、ベースから幕を開け、ドラムの2ビートが際立つ「Utopia」は、3ピース・バンドの美しい三角形が見えるような華やかさを誇っている。演奏も技巧的でありながら、そこをひけらかすわけではなく、あくまで曲の完成度を高めるためという理由が見えるところもいい。
    高橋 美穂 【ライター推薦】

  • MALICE 【A TYPE】(+DVD)

    CDシングル

    MALICE 【A TYPE】(+DVD)

    DIAURA

    価格(税込) :
    ¥2,160
    会員価格(税込) :
    ¥1,944
    発売日:
    2018年10月24日
    まとめ買い価格(税込) :
    ¥1,944

    【HMV限定特典】アナザージャケット(佳衣)

    GENRE:ROCK
    現代社会に対するアンチテーゼを込めた約1年半ぶりのニュー・シングルをリリース
    “ブレないこと”と“マンネリ”は違う。DIAURAの約1年半ぶりのニュー・シングルを聴くと、改めてそう感じる。表題曲は、スパニッシュ・テイストのギター・サウンドが印象的な新境地でもありながら、ドラマチック且つロマンチックな展開はまさに“DIAURA節”。続く「レゾナンス」も、美しいメロディと幻想的なストリングスが心地よく、B TYPEに収録される「Human Noise」のジリジリと迫ってくるような不穏さは、彼らの新たな一面を感じさせ、三者三様といったところ。現代ヴィジュアル系シーンきってのカリスマ yo-ka(Vo)の手による、現代社会に対してのストレートなメッセージのこもった歌詞を含めて、今ではめっきり希少になってしまった、V系バンド特有の宗教的な美学がこの1枚に集約されている。
    藤谷 千明 【ライター推薦】

  • new eclosion

    Octaviagrace

    価格(税込) :
    ¥2,160
    発売日
    2018年10月10日

    GENRE:MELODIC METAL, HEAVY METAL
    独自の世界観を生み出すOctaviagraceが
    叙情的且つテクニカルに新たなるドラマを描いた最新作

    キーボーディスト Reanneが脱退し、新体制の4人となったOctaviagrace。Reanneは引き続き今回も鍵盤アレンジなどを手掛けているが、このEPはよりギターやベースといった弦が担う役割をより増やし、全体的にソリッドな印象が強い。ドラマ性の高いテクニカルでメロディアスなアンサンブルや、エネルギッシュで高揚感のある実稀のヴォーカルといった、このバンドの肝を改めて突きつける「unknown chord」があり、一方hanako(Gt)作曲の「Loss of signal」はシンプルで疾走感のあるギター・ロック的曲で新鮮。プログレッシヴな聴き応えがあり、ゴージャスな装飾を取っ払い、より生々しい“バンド感”を露わにもしている、そのいいバランスがある作品だ。全7曲のEPだが、アルバム並みのボリューム感を味わえる。
    吉羽 さおり 【ライター推薦】

  • Vampiress 【初回盤】(+DVD)

    矢島舞依

    価格(税込) :
    ¥3,780
    会員価格(税込) :
    ¥3,402
    発売日:
    2018年10月17日
    まとめ買い価格(税込) :
    ¥3,402

    GENRE:SYMPHONIC METAL
    シンフォニック・ダークネス・メタルの歌姫 矢島舞依
    深く重い女性の闇を切り取った初のフル・アルバム完成

    3ヶ月連続新曲リリースを含む全11曲入りの1stアルバム。不穏なイントロを配した「箱庭」から「Velvet Rose」の冒頭でグッと心を鷲掴みにされる。前作と比べて、彼女の本領発揮とも言えるメロスピ・ナンバーが増え、重心の低いヘヴィなサウンドで攻めている1枚。特に「Inferno」は過去最速とも言える振り切れた曲調で、この手の音が好きな人にはたまらないだろう。また、今作は吸血鬼伝説のモデルにもなったエリザベート・バートリをテーマに据え、女性ならではの闇に焦点を当てた歌詞内容となっており、サウンドと歌詞とリンクさせて聴けばよりいっそう味わい深く聴けるはず。リフとメロディ・ラインが耳に残る「Stargazer」、ストーリー性に長けたミドル・テンポの「蒼色真珠」など佳曲が揃っている。
    荒金 良介 【ライター推薦】

チェックした商品をまとめて

激ロック編集部に関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る