佐藤奈々子『Funny Walkin'』『Kissing Fish』がアナログ復刻

2018年10月10日 (水) 18:00

|

HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP


コケティッシュなウィスパー・ヴォイスで、後の渋谷系をはじめ多くのJ-POPシーンに影響を与えた佐藤奈々子の 1stアルバム『Funny Walkin'』(1977年)と海外からも人気の高い4thアルバム『Kissing Fish』(1979年)がアナログ復刻決定。

『Funny Walkin'』

慶應義塾大学在学中、デビュー前の佐野元春と共に作り上げた1stアルバム。ジャズに出自を持ち、数多のサウンドトラックを当時最先端であったジャズロック、フュージョンのアプローチでコンポーズした大野雄二が全曲のアレンジを担当。後にシティポップという言葉を世に広めることとなる佐野の広い音楽性、佐藤による耳触り豊かながらどこか一線を画す独特な詩の世界観が高次元で昇華された名盤。CITY-POP を語る上では外せないクールなリードナンバー「サブタレニアン二人ぼっち」は言わずもがな、印象的なピアノのイントロから作品世界に引き込まれるクワイエット・ジャズ「土曜の夜から日曜の朝へ」など、幅広い世代に聴かれるべき名曲ばかり。当時の仕様そのままに、帯付き国内プレスにて念願の再発となる。

『Kissing Fish』

今や海外からもWANTが高まる佐藤奈々子作品の中でも人気の高い1979年作。夕暮れの港に佇むアンニュイなアートワークと、加藤和彦や井上鑑、さらにムーンライダーズの面々の参加で海外DJ、コレクターから羨望の眼差しを集める。さながらオリエンタルなアレンジで世界観を後押ししたのはキャリア初期の井上鑑によるもので、ソング・ライティングには加藤和彦をはじめ、南佳孝や矢野顕子、そして佐野元春も参加。避暑地への想い巡らすアンニュイ・レゲエ「おもちゃのヒロイン」、井上のエスニックな手腕が遺憾なく発揮された「チャイナ・ドール」、「上海バンスキング」など、彼女の作品中でも最もモダンな空気が漂う名盤。

リリース情報


■佐藤奈々子『Funny Walkin'』
発売日:2018年12月12日(水)
※record shop3店舗(渋谷、新宿ALTA、コピス吉祥寺)のみ12月5日先行発売
品番:HMJA120
フォーマット:LP
価格:¥3,800+税

オンラインでのご予約はこちら

Funny Walkin' (アナログレコード)

LPレコード

Funny Walkin' (アナログレコード)

nanaco (佐藤奈々子)

価格(税込) : ¥4,104

発売日: 2018年12月12日



■佐藤奈々子『Kissing Fish』
発売日:2018年12月12日(水)
※record shop3店舗(渋谷、新宿ALTA、コピス吉祥寺)のみ12月5日先行発売
品番:HMJA121
フォーマット:LP
価格:¥3,800+税

Kissing Fish (アナログレコード)

LPレコード

Kissing Fish (アナログレコード)

nanaco (佐藤奈々子)

価格(税込) : ¥4,104

発売日: 2018年12月12日



同時リリース!

関連ニュース

国産ライトメロウ名盤、桑名晴子『MILLION STARS』が遂にLP再発

古くから和モノシーンを賑わせる人気盤として評価の高い1枚が遂に初のアナログ復刻。ホノルル録音はカラパナのマッキー・フェアリー、LA録音はリトル・フィートのビル・ペインがプロデュース。

HMV&BOOKS online-邦楽・K-POP|2018年10月10日 (水) 18:00



%%message%%


HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る