歌謡ネオロカ・ファン必聴!バンヒロシがSMASH HITS名義で発表した傑作シングルがアナログ復刻

2018年07月26日 (木) 11:00

|

HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP


バンヒロシ還暦アニバーサリー記念、連続アナログ・リリース企画の第1弾!

京都が生んだお座敷ロックンローラー、バンヒロシがSMASH HITSとして'83年にリリースした傑作シングルが限定アナログ復刻。盟友でもあるCRAZY KEN BAND横山剣もコメントを寄せる、歌謡ネオロカ・ファン必聴の人気盤。

4月にリリースされた還暦記念アルバム『お座敷ロック』も好評を得ているバンヒロシ。続いて、40年のキャリアを振り返るアナログ盤の連続リリース企画が始動です。その第1弾となるのは、「キッスは目にして」が大ヒットしたザ・ヴィーナスの弟分として全国デビューしたバンド、SMASH HITSの唯一作となる7インチ。

後に7年早いネオGSとも評されるA面「テルミー」は、The Holliesの"Bus Stop"やThe Box Topsの"The Letter"直系の切なく甘いメロディーと、GS直系のエキゾチックな哀愁を纏った大名曲。そしてB面の「恋のハリキリボーイ」は、フロアで人気のアップテンポな歌謡ネオロカ・ナンバー!当時まだ20代前半だったバンヒロシの瑞々しい才能と歌声が弾ける。

横山剣氏がクールスRC時代に京都を訪れた際に、本作をバンヒロシ本人から手渡されたという両氏の出会いの逸話も残る、まさに80'sな時代の空気が詰め込まれた素晴らしい1枚。

〈本人スペシャルコメント〉
1982年に昭和30'sと言うジャパニーズネオロカシーンを牽引したスマッシュヒッツのデビュー盤がまさかまさかの復刻!1番驚いたのはバンヒロシ自身でした。全国制覇を目指し夢をポッケに詰め込んでた20代前半… 原宿キラー通りとか新宿ACBとか真空パックしていた青春が解凍されていく感じです。ジーンヴィンセントやエディコクランに憧れたストレイキャッツが羨ましくてロカビリー三人男や小林旭に憧れたスマッシュヒッツ、 その蒼く甘酸っぱいドリーミーな時代が蘇ってくる歌声にヤラれて欲しい!(バンヒロシ)

再発に寄せられたコメント
京都の河原町でバンちゃんから「テルミー」のドーナッツ盤を貰ったのは今から37年ぐらい前でした。それまで出会ったことのない得体の知れない電流が全身を駆け巡り、それ以来のファンでやんす。そして、今も京都から得体の知れない電波を発信し続けるバンちゃんはやっぱり神聖で神性で真性の宇宙人ロックンローラーなのだ!!! イイネ!イイネ!イイネ! (CRAZY KEN BAND 横山剣)

リリース情報


SMASH HITS 『テルミー / 恋のハリキリボーイ』
発売日:2018年11月7日(水)
品番:JS7S206
フォーマット:7インチアナログ
価格:1,500円+税


ミスター知る人ぞ知る、バンヒロシ 20世紀の音盤が狂い咲きのアナログ化


%%message%%


HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る