竹内まりや ニューシングル『小さな願い/今を生きよう(Seize the Day)』に初のファンミーティング参加への応募ハガキ同封!10月17日発売!映画『あいあい傘』主題歌!

2018年09月20日 (木) 12:00

|

HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP

竹内まりやのニューシングル(10月17日発売)のタイトルが『小さな願い/今を生きよう(Seize the Day)』に決定した。2018年11月25日にデビュー40周年を迎える、シンガーソングライター竹内まりやにとって約4年ぶり、43枚目のシングルとなる今作は、両A面シングルとしてリリースされた。

● ジャケットビジュアル
今回のジャケットは、デビューアルバム『BEGINNING』(1978年作品)をレコーディングしたLAにて新たに撮影されたもの。思い出の地で静かに笑みを浮かべる竹内の美しさが印象的な、40周年のスタートを飾るシングルに相応しいジャケットビジュアルとなっている。

「小さな願い」は、映画『あいあい傘』主題歌で、人が誰でも持つ大切な人への想いや家族愛を歌った、切ないけれど前向きな、竹内まりやらしい、温かみを感じられるナンバー。


「今を生きよう(Seize the Day)」は、NHK総合 土曜時代ドラマ『ぬけまいる〜女三人伊勢参り』主題歌で、ドラマの主人公である女三人の悩みや心情を代弁する竹内まりやらしい、女性目線のナンバーとなっている。


カップリングには、竹内まりやが2011年に松田聖子に提供した楽曲のセルフカバーである「声だけ聞かせて」、山下達郎が1979年にアン・ルイスに提供し、自身のアルバム『POCKET MUSIC』にも収録した楽曲「シャンプー」のカバーをも収録、40周年を目前にしたシングルに相応しい豪華な内容となった。


また、シングルには「初のファンミーティング参加への応募ハガキ」を同封。


ファンミーティングは、11月16日(金)NHK大阪ホール、11月18日(日)東京 品川プリンス・ステラボールにて開催される竹内まりや初の試み。内容の詳細は明らかにされていないが、トークだけにとどまらず、ミニ・ライブも行われる。ミニ・ライブとはいえ、竹内まりやのライブは「souvenir2014」以来4年ぶり、この36年間で3回しか実施されていないため、激レアかつ超プレミアムなイベントとなることは間違いない。


なお、このファンミーティングに参加するためには、10月17日(水)発売のニューシングルと、映画『souvenir the movie 〜Mariya Takeuchi Theater Live〜supported by Amazon Music』のムビチケカードの両方の購入が必要。ムビチケカードに付属の応募券をシングルに封入されている応募ハガキに貼付して応募すれば、抽選で2,500人にチケットが当選する。


竹内まりや シングル 商品情報

2018年10月17日(水)発売


シングル封入特典

・初のファンミーティング参加への応募ハガキ同封
※特典は無くなり次第終了となります。ご購入前に必ず商品ページにて特典の有無をご確認下さい。


収録曲
  • 1. 小さな願い
  •  ※映画「あいあい傘」主題歌
  • 2. 今を生きよう(Seize the Day)
  •  ※NHK総合 土曜時代ドラマ「ぬけまいる〜女三人伊勢参り」主題歌
  • 3. 声だけ聞かせて
  • 4. シャンプー
  • 5. 小さな願い(Original Karaoke)
  • 6. 今を生きよう(Seize the Day) (Original Karaoke)
  • 7. 声だけ聞かせて (Original Karaoke)

ご予約はこちら

小さな願い / 今を生きよう(Seize the Day)

CDシングル

小さな願い / 今を生きよう(Seize the Day)

竹内まりや

価格(税込) : ¥1,200

発売日: 2018年10月17日

関連情報

竹内まりや デビューアルバム『BEGINNING』40周年リマスター盤 2018...

竹内まりやが40周年を記念して、デビューアルバム『BEGINNING』(1978年作品)のリマスター盤を2018年11月21日(水)に発売する。ライナーノーツは能地祐子が担当。ボーナストラックには4曲を収録。81年のライブ音源などが収録される。

HMV&BOOKS online-邦楽・K-POP|2018年11月15日 (木) 17:30


● 竹内まりや コメント
人が人を想う気持ち…映画「あいあい傘」の中でたびたび感じたそのテーマを歌にしたのが「小さな願い」です。
複雑な事情を背負いながら生きる人達、思いに任せぬ世の中を生きる人達など、この映画には心に荷物を抱えた様々な人間の姿が描かれているのですが、どこかに救いと希望が感じられるのは、それが宅間監督の「願い」だからだと感じています。人間はたとえ自分が幸せでも、愛する誰かが不幸せならば本当の幸福感は得られないからこそ、祈らずにはいられないのでしょう。そんな大切な人への「願いと祈り」を歌の中に込めました。
聴いて下さる方々に、どこか少しでもあたたかい気持ちになっていただけたら幸いです。

映画『souvenir the movie 〜Mariya Takeuchi Theater Live〜』supported by Amazon Music 情報

2018年11月23日(金)〜12月7日(金)
全国で期間限定ロードショウ
※「ムビチケカード」に初のファンミーティング参加への応募券付きポストカード付属!


関連特集

【特集】 絶対に持っておくべきベストアルバム・シングルコレクショ...

安室、サザン、ユーミン、ドリカム、ミスチル、スピッツ、葉加瀬太郎、小室哲哉、宇多田、B'z、山下達郎、小田和正、ゆず、back number、いきものがかり、コブクロ、SMAP、aiko、YUKI、斉藤和義、Superfly、KinKi Kids、嵐、福山雅治、槇原敬之、今井美樹、山崎まさよし、スキマスイッチ、秦基博 ...

HMV&BOOKS online-邦楽・K-POP|2018年09月07日 (金) 17:15

%%message%%

最新情報を受け取る

竹内まりやに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る