【インタビュー】醍醐虎汰朗 舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇〜箱根学園王者復格(ザ・キングダム)〜

2018年01月15日 (月) 00:00

|

HMV&BOOKS online - 2.5次元・舞台 , HMV&BOOKS online - アニメ・キャラクター , HMV&BOOKS online - イベント・おでかけ

インタビュー・文/編集部
構成/月刊ローチケ編集部 1月15日号より転載

主演3作目となる『ペダステ』シリーズ最新作


渡辺航が描く大人気ロードレース漫画を原作とした、舞台『弱虫ペダル』。独自の表現技法“パズルライドシステム”で話題を呼び、11作にわたってシリーズ化されている同作。その12作目となる最新作が3月に上演される。主演を務めるのは、前々作『新インターハイ篇〜スタートライン〜』から主人公・小野田坂道を演じる醍醐虎汰朗だ。

醍醐 前作(『新インターハイ篇〜ヒートアップ〜』)は2作目ということもあって、気持ちに少し余裕を持てました。ハンドルさばきにも慣れて技術を向上できましたし、座長としての自覚も芽生えた部分があって、まだまだキャリアは足りないけど、もっと引っ張っていける存在になろう、と。そのために稽古から常に本気で取り組んで、座長としての姿勢を見せようと心がけました。

公演を重ねるたびに成長していく醍醐の姿は、自転車の初心者でありながら強敵がひしめくインターハイを戦う小野田坂道に重なる。

醍醐 自転車を始めたばかりなのに、“ゼッケン1(前年の優勝者の証)” を背負う坂道とは、立場が似ていると思うんです。僕も芸能界に入ってまだ浅いのに、こうして座長をやらせていただいている。技術が足りない分、気持ちでカバーしようというところにも、近いものを感じます。

ハンドルを使ってのマイムに、レースの躍動感を表現する目まぐるしいフォーメーション。体をハードに動かし続ける演出が最大の特徴であり、迫力の演技を支えるのはキャスト同士のサポートだ。まるでロードレースのような、原作にも負けないチームワークで作品を作り上げる。

醍醐 汗だくになって倒れ込むくらいペダルを漕いで(=走ること)、「部活みたいな舞台だ」って言ってるんです(笑)。舞台裏ではスタッフさんだけではなくキャスト同士でも、酸素スプレーを渡したり、マッサージをしたり、お互いにサポートし合って。出番が来ると、「行ってこい!」って声をかけてくれたり、役を超えた友情や絆を感じます。全員が一生懸命だからこそ支え合えるのだと思うし、もっと頑張ろうって思えるんです。お客さんには全力で取り組んでいるところを見てもらって、僕たちの熱い気持ちが伝わったら嬉しいです。

プロフィール

ダイゴ コタロウ
'00年、東京都出身。'17年、一般公募で舞台『弱虫ペダル』の小野田坂道役に抜擢される。テレビドラマなど、映像作品でも活躍中。

公演情報


舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇〜箱根学園王者復格(ザ・キングダム)〜

原作:渡辺航「弱虫ペダル」(秋田書店『週刊少年チャンピオン』連載)
演出・脚本:西田シャトナー
出演:醍醐虎汰朗 他

3月2日(金)〜11日(日) 東京芸術劇場
3月16日(金)〜18日(日) 新神戸オリエンタル劇場


%%message%%


「月刊ローチケ/月刊HMV&BOOKS」は毎月15日発行(無料)
ローソン・ミニストップ・HMVにて配布

1月15日号の表紙は、MISIA / Little Glee Monster



2.5次元ミュージカルに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る