岡田将生にイラつき必至 “イラっとさせる” 伊藤くん特別動画が解禁に「伊藤くん A to E」

2017年12月27日 (水) 19:00

|

HMV&BOOKS online - 日本映画 , HMV&BOOKS online - 映画・TV , HMV&BOOKS online - 本・雑誌

女性から圧倒的支持を受ける柚木麻子の傑作小説「伊藤くん A to E」が、岡田将生と木村文乃W主演で遂に映画化、2018年1月12日(金)より全国ロードショーとなる。その岡田演じる、自意識過剰で無神経、勘違い発言連発の【痛男(いたお)】の「イラっとする“伊藤くん”特別動画」が解禁となった。

木村文乃演じる崖っぷちの脚本家 莉桜が開催するシナリオスクールで、「登場人物が街でばったり会うシーンについて、皆さんどう思います?」という莉桜の問いに対し、否定的な態度を示す生徒ばかりの中で、聞こえてきた「僕はあるんだな〜」の声に全員が後ろを振り返り、注目する。その視線の先には「こないだ好きな子とばったり会ったよ」と自慢げに語る伊藤くんの姿が…。

「きたきた〜」「やっぱ俺らとは違う〜」などとやっかみを入れられても全く気にすることなく、「ロマンがないね〜、それでドラマ書けるの?」と全員を煽り、「会えばけんかばっかりだったけれど、お互い深いところで理解し合っていた気がするんだ。だから偶然出会うなんて奇跡も起きたんじゃないかな?」と自分に酔いながら回想する。そしておもむろに席を立ち、「僕ってやっぱ『持ってる』のかなあ。僕、運命の人って絶対いると思うんですよね、矢崎女史」とドヤ顔で莉桜にアピールすると、「はーい、今日のまとめは街でばったり会うこともある、ただし、イケメンに限る!でした〜」と皮肉たっぷりに莉桜が講義を終わらせると、教室内から笑いが起こるも、関係なしと言わんばかりに「やだなぁ。矢崎女史」とまんざらでもない顔をする伊藤くん。これぞモンスター級の【痛男】伊藤くんの真骨頂と言うべき、イラっとする瞬間が収められた映像となっている。

ぜひ動画を見て “イラっと” していただきたい。


さらに、2018年1月12日(金)の映画公開を目前に控え、全国各地のイトウさん110人(110=いとう)から、コメントが続々と到着している。

「主人公の伊藤くんにはドン引きしましたが、あえて空気を読まず自分のスタイルを貫くさまに、強い生存本能を感じてしまいました」(伊藤一朗 アーティスト/Every Little Thing)、「伊藤くんに翻弄される5人の女性のぶざまな様子が印象的でした。全国のイトウさん、本作を見て伊東温泉に足を運んでください!」(伊東市市長)、「戦わなければ負けることはない。こうしたくても出来ない人、ついついこうなっちゃう人、どちらも自分ごとに置き換えて観ることができる映画。同じ伊藤としても、他人事とは思えなかったです」(伊藤彬彦 androp Drums)など、伊藤くんに対する共感や激励のコメントも多い。そんな中、同じイトウという名前だからこその苦情や共感コメントも多く寄せられており、「この“伊藤”のせいで“伊藤”が皆こうだと思わないで欲しい。だって私はこういう殿方に泣かされたことがある“伊藤”ですから」(いとうあさこ お笑い芸人)や、「娘よ!この手の『伊藤』には、気をつけろ!!ママより〜無様な涙の夜もあった旧姓『伊藤』より〜」(伊藤裕子 女優・主婦)など、強烈なインパクトで大暴走するモンスター級の【痛男】“伊藤くん”だからこそ、反応も110人110色だ。なお、110人のイトウさんからのコメントは、本日より特設サイトにて紹介されている。


『伊藤くん A to E』は、来年1月12日(土)より全国ロードショー。

作品概要


「伊藤くん A to E」

出演:岡田将生 木村文乃/佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆/田口トモロヲ・中村倫也 田中 圭
監督:廣木隆一
原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫)
音楽:androp「Joker」(image world)
配給:ショウゲート

2018年1月12日(金)より全国ロードショー

ストーリー

かつて手掛けた人気ドラマで一世を風靡したが、ある出来事から新作を書けなくなってしまった落ち目の脚本家・矢崎莉桜(木村文乃)。“伊藤”という同じ名前の男について悩む【A】〜【D】4人の女たちの、無様で切実な恋愛相談を受けながら、ドラマプロデューサー・田村伸也(田中 圭)にたきつけられ、自身が書く起死回生の脚本のネタにしようと企んでいく。「4人の女が語る“伊藤”は同一人物かもしれない」と手応えを感じ始めた矢先、莉桜の思惑は、打ち砕かれる。莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒、容姿端麗だけど口先ばかりでどうしようもない【痛男】伊藤誠二郎(岡田将生)がその4人の女を振り回す“伊藤”で、しかも莉桜と同じ企画を田村に提出したという。さらにそこには、莉桜の脚本にはない5人目【E】の女まで登場し…。「伊藤は一体何を考えているのか」―伊藤のひとことで、物語は予想もしない結末へと向かう――。









©「伊藤くん A to E」製作委員会

原作もチェック

伊藤くんA to E 幻冬舎文庫

伊藤くんA to E 幻冬舎文庫

柚木麻子

価格(税込) : ¥638

発行年月: 2016年12月


%%message%%


岡田将生に関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る