岡田将生&木村文乃 大ヒット祈願と干支の引継ぎ式を“いくたまさん”で『伊藤くん A to E』

2017年12月22日 (金) 19:00

|

HMV&BOOKS online - 日本映画 , HMV&BOOKS online - 映画・TV , HMV&BOOKS online - 本・雑誌

女性から圧倒的支持を受ける柚木麻子の傑作小説「伊藤くん A to E」が、岡田将生×木村文乃のW主演で映画化、2018年1月12日(金)より全国ロードショーとなる。

映画公開を記念して、約2700年の歴史を誇る生國魂神社(通称:いくたまさん)に、W主演として初共演を果たした岡田将生、木村文乃が登場し、<大ヒット祈願>と映画のタイトル「(伊藤くん)A to(干支)E(戌)」に掛けて<干支の引継ぎ式>を行った。

大阪最古の神社である生國魂神社は、鴫野神社や浄瑠璃神社など、境内の11の末社が全員女性の神様であることから女性の守護神として知られ、とくに縁切りや縁結びに強いご利益があるとされている。このいくたまさんで、まずは映画の大ヒット祈願。神職の案内で拝殿へ上がった岡田と木村は、続いて玉串を御本殿に奉納。参拝後には境内へと場所を移し、干支の引継ぎ式を行った。

今年の干支である酉にちなんだアフリカオオコノハズクの「ククル」くんと、来年の干支の戌にちなんで、和服で正装した柴犬の「すずか」ちゃんが登場。岡田は来年の抱負をトリにかけて「今年以上にお仕事で羽ばたけるようにがんばりたいと思います!(笑)」と宣言、木村さんは来年の干支のイヌにかけて「さらにワンアップできるようにがんばりたいと思います(笑)」と笑顔を見せた。

フォトセッションでは、岡田はフクロウを左腕に、木村は柴犬を抱っこしてのポーズだったが、2人ともフクロウと柴犬との撮影は初めてだった様子だ。

大ヒット祈願と干支の引継ぎ式を終えると「すごく神聖で、映画のヒットを祈願できたということで、いっそう気が引き締まりました」と気持ちを新たにした岡田。木村は「こういう機会をいただけて、干支にちなんでかわいい子たちと一緒に写真を撮ることができて、来年はすごく幸先が良さそうです」と語った。

本作の登場人物ならここでどういうお願い事をするか訊ねられた岡田は「“伊藤くん” は、自意識過剰でどちらかというと人から嫌われるタイプなので、逆に『縁切りを願われる』ほうじゃないかなと思います」とコメント、木村は「“莉桜” なら、良縁ですかね。夢に向かってもがいている人なので、自分を支えてくれる人との縁に気づき、脚本家として活躍できるように…でしょうか」とそれぞれが演じたキャラクターを客観的に捉えて答えていた。そして個人的なお願い事についてもそれぞれ回答。「自分をより成長させるために、いろんな役柄に挑戦したいということ。この『伊藤くん A to E』という映画の役どころもひとつのチャレンジでした。そのための勉強は来年も引き続いてやっていこうと思っています」と岡田が語ると、「今年はお芝居をずっとさせていただいたので、来年は国内や海外に行く時間を作って、あちこちでいろんなものを見て視野を広げたいと思い、お祈りしました」と木村も来年に向けての抱負を述べた。

演じた役柄に対する印象を訊かれた岡田は、「僕としては “伊藤くん” はサイテーな印象だったので、そこからゼロ以下になることはなく、少しずつ愛着が沸いてくるような感じでした。人からあまり共感されずに生きている人間だと思いますし、原作者の柚木(麻子)先生からも、彼を好きにならないでくださいというお話がありましたので、自分がやっている以上、なるべく理解していこうと思って演じていました。すごく自分にこだわりがあって、自分の世界を持っている…ということは、ある意味とても自立している人なので、少し憧れもありました」と意外な気持ちを吐露すると、木村は「この物語の中では “バスタブ” が、ある意味を持って象徴的に描かれているのですが、自分のなかにもその “バスタブ” があるな、と思いました。まだ映画をご覧になってないと何のこっちゃという話ではあるのですが(笑)、その “バスタブ” を私も “莉桜” と一緒に開けられたらいいな、と思っていました。その間に監督の廣木(隆一)さんから何度か手直しした台本が届いて、そういうところを大事に表現できればと思いました」と共感を見せていた。なお、“バスタブ” は、劇中で自分で心の中にしまい込んでしまいたい痛い過去のような意味を持っている。

大阪の印象を訊かれると、岡田は「今年はプライベートでUSJに来園して、すごく楽しかったのでまた来たい」と回答、どうやら「朝から行って全部乗った」という本気度MAXで臨んだようだ。木村は「実は、大阪や京都が好きで、ふらっと来て遊んで帰ったり、好きな器屋さんがあったりして、勝手にご縁があると思ってます。大好きな街です」と親しみを込めてコメントした。

最後は二人からファンへメッセージが。「ドロドロした恋愛モノとして、人の見てはいけないところ見るのがおもしろい、というシニカルな映画でもありますが、監督の廣木さんが描きたい『人には、表面上で見えているものだけじゃない部分があるんじゃないか』ということを、丁寧に演出された映画でもありますので、2回3回と観ていただき、観た感想をご家族やお友達とあそこどう思った?などいろんなお話をしていただけたらうれしい」と木村。岡田は「恋愛ミステリーでもあり、“伊藤くん” が何を考えていて、どう行動するのか目が離せなくなる物語になってます。お友達やカップルで、2018年最初に観る映画をこの『伊藤くん A to E』にしていただくと(人生)失敗しないと思います!」とアドバイス、それを受けた木村が「年の初めに( “伊藤くん”のように )こうなっちゃいけないと思って、1年を過ごしていただくと良いですね(笑)」と応え、イベントを締めくくった。

『伊藤くん A to E』は、来年1月12日(土)より全国ロードショー。

イベント概要


映画『伊藤くん A to E』大ヒット祈願&干支の引継ぎ式

【日時】12月22日(金)12:30〜
【場所】生國魂神社拝殿および境内(大阪市天王寺区生玉町13-9)
【ゲスト】岡田将生、木村文乃
【アニマルゲスト】アフリカオオコノハズク「ククル」、柴犬「すずか」

作品概要


「伊藤くん A to E」

出演:岡田将生 木村文乃/佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆/田口トモロヲ・中村倫也 田中 圭
監督:廣木隆一
原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫)
音楽:androp「Joker」(image world)
配給:ショウゲート

2018年1月12日(金)より全国ロードショー


ストーリー

かつて手掛けた人気ドラマで一世を風靡したが、ある出来事から新作を書けなくなってしまった落ち目の脚本家・矢崎莉桜(木村文乃)。“伊藤”という同じ名前の男について悩む【A】〜【D】4人の女たちの、無様で切実な恋愛相談を受けながら、ドラマプロデューサー・田村伸也(田中 圭)にたきつけられ、自身が書く起死回生の脚本のネタにしようと企んでいく。「4人の女が語る“伊藤”は同一人物かもしれない」と手応えを感じ始めた矢先、莉桜の思惑は、打ち砕かれる。莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒、容姿端麗だけど口先ばかりでどうしようもない【痛男】伊藤誠二郎(岡田将生)がその4人の女を振り回す“伊藤”で、しかも莉桜と同じ企画を田村に提出したという。さらにそこには、莉桜の脚本にはない5人目【E】の女まで登場し…。「伊藤は一体何を考えているのか」―伊藤のひとことで、物語は予想もしない結末へと向かう――。









©「伊藤くん A to E」製作委員会

原作もチェック

伊藤くんA to E 幻冬舎文庫

伊藤くんA to E 幻冬舎文庫

柚木麻子

価格(税込) : ¥638

発行年月: 2016年12月


%%message%%


岡田将生に関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る