高橋一生×齊藤工『blank13』映画と連動した主題歌PVが解禁に

2017年12月18日 (月) 18:00

|

HMV&BOOKS online - 邦画 , HMV&BOOKS online - 映画・TV

世界中の映画祭を席巻中【14カ国/18映画祭に出品/6冠獲得 ※12月5日現在】の高橋一生主演/齊藤工監督の『blank13』。その主題歌である、笹川美和の「家族の風景」が1月31日にリリースされる最新アルバム「新しい世界」に収録されることが発表され、さらに映画と連動したプロモーションビデオが本日解禁となった。

プロモーションビデオでは劇中の映像が使用されており、主人公コウジ(高橋一生)が、13年ぶりに再会する余命三ヶ月の父(リリー・フランキー)の病室へ見舞いに訪れるシーンから始まる。子供の頃に借金を残して突然失踪した父との再会に、複雑な表情を浮かべるコウジだが、父と過ごした懐かしい思い出も次々に甦っていく。齊藤工が描く世界観と「家族の風景」の歌詞、笹川の声が見事に融合している映像は、まるで1本の短編映画のような仕上がりだ。

本楽曲について齊藤工は、映画の公式 Twitter にて、「『blank13』は笹川さんの “家族の風景” が最後に流れるイメージで、生命線でした。ロケハン先でも笹川さんの歌声をその場で流して相応しい場所を選びました。そのくらい作品のコアになって下さっています」とコメントしている。また、斎藤工がDJを務めているbayfm「TAKUMIZM」に笹川美和がゲスト出演することも決定している。出演日時は12月23日(土)と12月30日(土)23:30〜23:57となっている。


本作は、放送作家のはしもとこうじの実話を基に、13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかったことから始まるある家族の物語。主人公・コウジ役には、高橋一生。彼女役に松岡茉優、失踪した父親役にリリー・フランキー、母親役を神野三鈴が務め、その他、多彩な豪華俳優陣が集結。斎藤工自身も主人公の兄役で出演。また、音楽監督は俳優・ミュージシャンとしても活躍中の金子ノブアキ、スチール撮影は世界的フォトグラファー、レスリー・キーが務め、製作には福山雅治も名を連ねている。

『blank13』は、2018年2月3日(土)よりシネマート新宿にて、2018年2月24日(土)より全国順次公開となる。

作品概要


『blank13』

高橋一生
松岡茉優 斎藤 工 神野三鈴
大西利空 北藤 遼 織本順吉 川瀬陽太 神戸浩 伊藤沙莉/村上淳
岡田将孝(Chim↑Pom) くっきー(野性爆弾) 大水洋介(ラバーガール) 昼メシくん 永野 ミラクルひかる 曇天三男坊
豪起 福士誠治 大竹浩一(SET) 細田香菜 小築舞衣 田中千空
蛭子能収 杉作J太郎 波岡一喜 森田哲矢(さらば青春の光) 榊 英雄 金子ノブアキ 村中玲子
佐藤二朗/リリー・フランキー

監督:齊藤 工
原作:はしもとこうじ
脚本:西条みつとし
音楽:金子ノブアキ
主題歌:笹川美和「家族の風景」cutting edge
スチール:LESLIE KEE
配給:クロックワークス

of


ストーリー

13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかった。借金を残し消えた父に母と兄は会おうとしなかったが、キャッチボールをしてくれた優しい父の記憶が忘れられないコウジは病院へ向かい再会を果たす。しかし、2人にの間にある13年間の溝は埋まらないまま、父はこの世を去ってしまう。果たして父は13年間なにをしていたのか?
もう取り戻せない思っていた13年間の空白が、葬儀当日の参列者が語る父親のエピソードで、家族の誰も知らなかった父親の真実とともに埋まっていく…


2018年2月3日(土)よりシネマート新宿にて公開
2018年2月24日(土)より全国順次公開


©2017「blank13」製作委員会

%%message%%


斎藤 工に関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る