「レコ大」各賞受賞者が放送に先立ち意気込み

2017年12月21日 (木) 10:23

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

© TBS


12月30日(土)よる5時30分より新国立劇場から生中継される毎年恒例の『第59回輝く!日本レコード大賞』(※一部地域では放送開始時間が異なります)。放送に先立ち各賞受賞者の記者会見が行われ、意気込みが語られた。

各賞受賞者の意気込み


AAA 浦田直也

今年は初の4大ドームツアーも出来て、8年連続で優秀作品賞をいただき、2017年最高の締めくくりにできるようにメンバー力を合わせて当日パフォーマンスさせていただきたいと思います。

欅坂46

この度はこのような素敵な賞をいただき本当にどうもありがとうございます。デビューして2年ですが、今年は私たちにとって新しいことに挑戦できた年だったと思います。当日は緊張してしまうかもしれませんが、チーム一丸となって最高のパフォーマンスをお届けできるよう精一杯頑張ります。

AKB48

この度は優秀作品賞、本当にありがとうございます。AKB48としては、9回目のレコード大賞のステージになります。今回の「願いごとの持ち腐れ」という曲は、2017年の1月に合唱に初挑戦した楽曲でもあります。そのときも一丸とれましたので、レコード大賞当日のステージでももう一回チーム一丸となって大賞を目指していきたいと思います。

乃木坂46

こんな素敵な賞をいただきまして、2017年素敵な年末を迎えらることを嬉しく思っています。「インフルエンサー」という曲は私たちの楽曲のなかでも一番振りが難しい楽曲です。本番では素敵なパフォーマンスを皆さんに披露できるように全員で頑張っていきたいと思います。

三浦大知

今回レコード大賞は初出場なのですが、音楽というのは一人で出来るものではなくて、表に立つ僕以外にも、作詞・作曲の方がいてプロデューサーがいて、みんなの力があって1曲が出来上がっています。チームが評価されこのような賞をいただけたのは大変嬉しく思っています。周りの方への感謝をしっかりパフォーマンスに換えて、当日思いっきり踊りたいなと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

The KanLeKeeZ

名前を変えたら賞をいただきまして。非常に戸惑っておりますが、なにより戸惑っているのは、誰よりも派手な衣装を着ているのは僕らだということです。個人的には企画賞受賞2つめなのですが、次は THE ALFEE で企画賞を目指したいと思います。

三浦祐太朗

この度は素敵な賞をいただいて本当に嬉しく思っております。今年は、母親である山口百恵のカバーアルバム「I’m HOME」というのをリリースしまして、全国いろんなところで歌わせていただきました。レコード大賞は初めてですが、精一杯歌いたいと思います。

荻野目洋子

32年ぶりに「ダンシング・ヒーロー」を皆さんに再注目していただき、私にとっては奇跡の一年になりました。このきっかけを作って下さったのは色々な方の力があると思うのですが、中でも一番のインパクトを与えてくださった、大阪府立登美丘高校ダンス部の皆さんとの受賞になりました。本当にありがとうございます。当日はその日だけの特別なパフォーマンスをお届けしたいと思います。

杜このみ

この度は本当に素敵な賞をいただき、感謝の気持ちでいっぱいでございます。皆さまに感謝の気持ちをこめて、30日も精一杯、一生懸命に頑張ります。緊張しますが、とにかく自分らしく熱唱したいという気持ちです。

UNIONE

こんなに素晴らしくて名誉のある賞をいただけて幸せな気持ちでいっぱいです。僕達がずっと目標にしてきた最優秀新人賞を獲れるように、12月30日は精一杯気持ちをこめてパフォーマンスしたいと思います。

中澤卓也

新人賞という貴重で名誉ある賞をいただき、その賞に恥じないようこれからもしっかり歌っていかないといけない思いでおります。ファンの皆さんと支えてくださるスタッフの皆さんのおかげでいただけた賞ですので、本番30日は皆さんへの感謝の気持ちと、この賞をいただけた喜びを噛み締めながら精一杯歌わせていただきます。

NOBU

人生に一度の新人賞ありがとうございます。僕は九州の宮崎で生まれて5歳からずっと音楽をやってきましたが、「田舎者だから絶対無理だよ」って言われてきました。再デビューを今年の7月にさせていただいて、この道にすべて繋がっていたんだなと確信しております。当日もいつもと変わらず僕にしか歌えない歌を歌ってまいりますので、当日もよろしくお願いいたします。

つばきファクトリー

この度は新人賞という素敵な賞をいただき、本当に嬉しく思っております。ありがとうございます。当日はメンバー9人一丸となって精一杯パフォーマンスしたいと思います。よろしくお願いいたします。

AKB48、乃木坂46、欅坂46の三つ巴について


AKB48

年末、賞レースといわれるような歌番組はいくつかあると思いますが、その中でも "対決" という形になるのはこのレコード大賞じゃないかなと思っています。秋元康先生がプロデュースしてくださっている3組が一緒のステージに立たせていただけて、改めて秋元先生の楽曲は素晴らしいなと再確認しましたので、それを全国の皆さんにもお届けできるようなパフォーマンスをしたいなと思います。また、レコード大賞に出演する皆さんがライバルだと思いますので、私たちは AKB48 らしく大賞を目指していきたいなと思っております。

乃木坂46

ライバル視というよりも、私たちは結成当時 AKB48さんを目標にしてやってきたグループですし、妹分の欅坂46も私たちと同じ坂道グループです。結成当時は先輩である AKB48さんとこの場所に立てるとは夢にも思っていなかったですが、欅坂46たちまで一緒に初めてを経験・共有できるのは本当に奇跡だと思います。ライバルというよりも嬉しいという気持ちがすごく強いです。乃木坂46としては、一丸となって上を目指したいと思います。

欅坂46

改めてAKB48さんと乃木坂46さんという憧れの大先輩方とここに立たせていただいていることに、本当に感謝しております。さっき先輩が仰っていただいたように奇跡だと思っています。私たちも先輩方のように素敵なアイドルになれるように精一杯気を引き締めて頑張って参りたいと思います。

AKB48の渡辺麻友としては最後のレコード大賞に


AKB48 渡辺麻友

私事ながら、今年いっぱいで AKB48 を卒業させていただきますが、最後のレコード大賞という場において、自分たちの後輩である乃木坂46と欅坂46が揃ったことで、いい刺激になってお互いが切磋琢磨しあいながら歩んでいきたいなと思います。当日もそれぞれのグループが最高のパフォーマンスをお見せできるように、私たち AKB48 も頑張っていきたいと思います。

AKB48 松井珠理奈

麻友さんは AKB48 をずっと引っ張ってきてくれた一人なので、感謝の気持ちをこめて、当日パフォーマンスしたいなと思っております。そして、その結果大賞という形で締めくくれたらすごく嬉しいなと思っております。もちろん麻友さんが卒業されてからも AKB48グループを盛り上げたいという気持ちもあるので、姉妹グループの SKE48 としてもこの舞台にあがれるぐらいの力をつけて、10年目頑張っていきたいと改めて気合が入っております。

AKB48 横山由依

AKB48 は出演するメンバーに変動があるグループなので、私自身先輩方がレコード大賞のステージに立っていたのを楽屋で見ていたことがありました。そのときに「すごいかっこいいな、先輩みたいになりたいな」と思って、活動をずっと頑張ってきましたので、ひっぱってきた麻友さんが卒業される最後のレコード大賞では、私自身も後輩たちにもいい景色を見せられるように最後まで麻友さんの背中から学んでいきたいなと思います。

乃木坂46

ドラマの共演はデビューして間もない頃だったので、麻友さんのまぶしさが半端じゃなくて、みんなですごく緊張しながら出演させていただいてた記憶があります。今ではこうして歌番組で共演する機会もぐっと増えましたが、やっぱり麻友さんのアイドルしてのオーラというのはものすごくパワーがあって楽屋で見ていてもメンバーが「かわいい」と口々に言っていて、憧れているメンバーがうちにも何人もいると思います。さみしさもありますが、こうして近くで麻友さんのレコード大賞ラストを観れる機会というのは本当に貴重だと思うので、しっかり私たちも目に焼きつけさせていただきたいなと思います。

優秀作品賞初受賞の3組


三浦大知

優秀作品賞っていうのは僕の中ですごく大きくて、パフォーマンスや制作をしていく中で、"三浦大知" という一人の名前でやらせていただいておりますが、やっぱりチームという感覚が強くて。パフォーマンスをするときはダンサーがいて、ライブではバンドがいて、楽曲を作るときも詩を一緒に書いてくれる人、曲を作ってくれる人、それを一緒に考えてくれるスタッフの方もいて。チームを評価して、いただいた賞だと感じていています。それが嬉しいなと思っていますので、当日は自分とダンサーでステージに立たせていただきますが、チームの思いを感謝に換えて皆さんに届くようなパフォーマンスができたらと思っています。

乃木坂46

優秀作品賞は今までいただいてきた賞とはちょっと違う意味を持っているなと感じていて、結成された頃は人数もすごく多いですし、私たちは準備されたものをやるだけで精一杯でした。結成して6年経って色んな経験をし、やっと自分たちでこうしていきたいという感情も芽生えてきて、いま優秀作品賞をいただけたことが、私たちを認めてもらえたと感じています。今年東京ドームを経験して「もう一段上にいけるように改めて頑張りたい」と気持ちを一つにできたそんな年でしたので、この賞をいただけたことに感謝しつつ、それに恥じないように活動を続けていきたいなと改めて感じました。

欅坂46

今回は「風に吹かれても」という楽曲を披露させていただくのですが、この曲は“人生そんなもんじゃん、今を楽しもう”というメッセージが込められていているので、観ている方にも前向きな気持ちになってもらえるようパフォーマンスできたらと思っています。応援してくださる方や、家族やスタッフの方がいたから、このような素敵な賞をいただけたので、まだまだ未熟ですが、感謝の気持ちをこめてこの賞にふさわしいグループになれるように当日まで準備して参りたいと思います。

再ブレイク&最年長デビュー


荻野目洋子

幅広い年齢層の中から、この特別賞をいただけて光栄です。私は一回休業していた時期もありますので、マイペースでやっておりましたが、今年は大注目していただく年になりました。一回普通の生活を送ってからまたこの世界に戻ってくると、とても煌びやかで刺激的で、"歌って踊る主婦" と今は名乗っています。アラフィフ世代代表として頑張ります。

The KanLeKeeZ

最年長でデビューしたということで、新人賞を狙っていたのですが、無理だということで、企画書をいただきました。私たちが子どもの頃大好きだったグループサウンズを現代に音で蘇らせることができたということ、それを評価していただいたことがとても嬉しいです。我々の大先輩であります、かまやつひろしさん、天国で見てくれているのかなと思いますので、当日はおもいっきり恩返ししたいなと思っております。

司会は安住アナと天海祐希に


司会は、昨年に引き続き、安住紳一郎TBSアナウンサーと天海祐希(2年連続2回目)が務めることが決定した。

安住紳一郎 TBSアナウンサー コメント

今年も様々なアーティストの皆さまがステージに登場いたします。年末12月30日、なんとなく1年押し迫る中で、たくさんの方々の熱量を感じられるステージを私自身も楽しみにしておりますし、そのステージを余すところ無く伝えられるように励んでまいりたいと考えております。

天海祐希 コメント

安住さんと一緒に、アーティストの方々のその1年を締めくくる大きなイベントに、少しでも力になれるよう頑張りたいと思います。

ピンク・レディーが39年ぶりにステージに


今年没後10年、作詞活動50年というメモリアルな年を迎え、ふたたび脚光を浴びた昭和歌謡の巨人・阿久悠の特別賞受賞を讃え、ピンク・レディーが39年ぶりにレコード大賞のステージで一夜限りのスペシャルメドレーを披露する事が発表された。

今回のスペシャルメドレーのためだけに特別衣装を制作することも決定。デザイナーはマイケル・ジャクソンやレディー・ガガ、マドンナ等のデザインを行っているザルディ・ゴコ(Zaldy Goco)が務める。

ミイ コメント


--- 阿久悠さんはどんな存在ですか?

まさにピンク・レディーの産みの親、恩師だと思っています。阿久先生がいなかったらピンク・レディーは生まれなかったと思います。

--- 阿久さんはどんな人でしたか?

阿久先生は地球人とは思えないですね。学生時代を覗いて見ていたかのような歌詞だったり、他では情緒溢れる作品も書いていらっしゃる。でも会うたびに優しいまなざし、言葉を掛けてくださって、いろんなものを兼ね備えた存在だなって思います。全体像が見えないぐらい大きい存在ですね。

--- 新人賞・大衆賞・大賞を受賞した3曲への思い出は?

「ペッパー警部」は念願かなってのプロデビューだったので、本当にうれしかった曲です。「ウォンテッド」は、衣装も好きでした。リリアンのワンピースがうれしかったのと、笑わないで歌う内容に、こういう曲も歌えるんだって思った記憶があります。「UFO」はびっくりしましたね。"地球の男に飽きたところよ" って、自分の存在がなんなのだろう。何か使命を受けて地球にやってきて、こういう曲を歌わせてもらっているみたいな、そんな曲でしたね。

--- ピンク・レディーの活躍について阿久先生は何か仰ってくれましたか?

当時は番組でご一緒になったときにご挨拶をする程度でした。最後にゆっくりお話できたのが2003〜2005年のツアーが終わった後に、阿久先生がお食事会を開いてくださって「良く頑張ったなぁ、ピンク・レディーの作品を考えるのはすごく楽しかった。僕にピンク・レディーを語らせたら何時間でも喋っていられるんだよ」って目を輝かせて楽しそうに話されたのが、とても大事に思ってくださっていたんだなってうれしく聞いていました。

--- 阿久さんは亡くなられて10年ですが

ピンク・レディーは4年と7ヶ月あの時代に活動して、あれから35年以上経つのですが、そんな中でも多くの人たちがいまだに愛してくださる楽曲ばかりなんです。なので自分が元気なうちは大切に歌い、皆さんにお伝えてし続けていきたいです。きっと阿久先生は見ていると思うので、感謝の気持ちとともに思いっきり出し切って、楽しく歌わせて頂こうと思います。

--- 意気込みをお願いします

二人60歳な感じ(未唯mie は現在59歳)なので、どこまでできるかわかりませんが、今のベストを尽くして皆さんに喜んでいただけるように頑張ります。ぜひ楽しんでください!

ケイ コメント


--- 阿久悠さんはどんな存在でしたか?

偉大な父のような方です。語弊があるかもしれないですが、「神がかった父」ですかね。後光がさしている。ちょっと近づきがたくて、遠くで月の光のようにやさしく照らしてくださるような存在でした。阿久先生がいなかったらピンク・レディーの存在はないですね。言い切れます。阿久先生お一人ではないですが、阿久先生、都倉先生、なんといっても土居先生の振り付け、この三つが揃って無かったらピンクレディーという存在はここまで大きくなってはいなかったと思います。本当に阿久先生は自分の人生を変えてくれた大切な存在です。

--- 曲の思い出は?

当時は、UFO が題材になるってどんな歌詞なんだろうって。恋愛の歌なのに最後が、地球の男に飽きちゃう。阿久先生ワールドというか、見ている世界が違うというか。宇宙人にあったことがない人だったら、あういう歌詞を書かないんじゃないかって。なので、今でも阿久先生は宇宙人または、宇宙人に会ったことがある、または、宇宙人に愛された人だと思っています。

--- 阿久さん特別賞、亡くなって10年ですが

6年ぶりに二人で歌います。毎年命日にお墓に行って、毎年先生といろんなお話をして、この6年間でまた二人で歌えるときがくるといいなっていう話もしていて、あ、先生やっぱり宇宙人だと思って。先生がまた二人で歌う機会をくださったんだなって、先生ありがとうって気持ちで歌いたいなって思います。

--- 意気込みをお願いします

当日楽しんで、阿久先生に届くようにパフォーマンスしたいと思います。

各賞受賞者・楽曲


【優秀作品賞】

「インフルエンサー」 乃木坂46
「EXCITE」 三浦大知
「男の絶唱」 氷川きよし
「男の流儀」 三山ひろし
「風に吹かれても」 欅坂46
「キラキラ feat.カンナ」 AI
「手をつなぐ理由」 西野カナ
「願いごとの持ち腐れ」 AKB48
「LIFE」 AAA
「RAIN」 SEKAI NO OWARI
(※曲名50音順)

【新人賞】

つばきファクトリー
中澤卓也
NOBU
UNIONE
(※アーティスト名50音順)

【特別賞】

阿久悠
安室奈美恵
「ダンシング・ヒーロー」 荻野目洋子/大阪府立登美丘高校ダンス部
ゆず
和田アキ子
(※50音順)

【作曲賞】

杉山勝彦 (「ずっと、ふたりで」家入レオ)
など

【作詩賞】

徳永英明 (「バトン」徳永英明)

【編曲賞】

中田ヤスタカ (「良すた」「原宿いやほい」きゃりーぱみゅぱみゅ)
など

【最優秀アルバム賞】

「THE KIDS」 Suchmos

【優秀アルバム賞】

「がらくた」 桑田佳祐
「デラシネ déraciné」 クミコ with 風街レビュー
「ナイトライダーズ・ブルース」 高田漣
「ライヴ・イン・モントリオール」 上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ
(※アルバム名50音順)

【企画賞】

「I'm HOME」 三浦祐太朗
「お義父さん」 はなわ
「G.S. meets The KanLeKeeZ」 The KanLeKeeZ
「SEIKOJAZZ」 松田聖子
「美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック」
「船村徹 トリビュートアルバム〜永遠の船村メロディー〜」 五木ひろし
(※タイトル名50音順)

【最優秀歌唱賞】

天童よしみ

【日本作曲家協会選奨】

杜このみ

【特別顕彰】

大月みやこ

【功労賞】

伊藤雪彦
小西良太郎
鈴木淳
筒美京平
もず唱平
湯川れい子
(※50音順)

【特別功労賞】

小川寛興
かまやつひろし
北原じゅん
曽根幸明
平尾昌晃
船村徹
ペギー葉山
(※50音順)



関連商品


三浦大知に関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る