新垣結衣&瑛太がまさかの吉本新喜劇と “ミックス” に挑戦 映画『ミックス。』

2017年10月04日 (水) 20:15

|

HMV&BOOKS online - 日本映画 , HMV&BOOKS online - 映画・TV

今や日本のみならず世界中が注目する脚本家・古沢良太の最新作、この秋必見のロマンティックコメディー映画『ミックス。』。“卓球” を舞台に、不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが、卓球の男女混合ダブルス(=ミックス)を通じて小さな “奇跡” を起こす、恋と人生の再生物語だ。

新垣結衣と瑛太がW主演を務めるほか、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、斎藤司(トレンディエンジェル)、蒼井優、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、遠藤憲一、小日向文世ら、超豪華キャストが集結していることでも注目を集めている。

そんな作品から、新垣結衣&瑛太ペアが、まさかの “笑いの殿堂” 吉本新喜劇と “ミックス” してきたという。

本日10月4日(水)、新垣結衣と瑛太は宣伝キャンペーンの一環として大阪を訪れ、吉本新喜劇を訪問。まずは酒井藍座長と、池乃めだか師匠と挨拶を交わした。新垣に関しては演者として舞台に立つのも初、そして新喜劇の舞台にはもちろん初登壇となる二人は緊張の面持ちで伺うも、気さくな座長と師匠がさすがのユーモアで二人の緊張をほぐす。酒井藍座長は新垣、瑛太と舞台の役柄の設定上で友達、ということで酒井から「ゆいちゃん、えいちゃんって呼んでいい?」と前のめり気味に提案、恐る恐る頷く二人に「引いてます?」と即座にツッコみ、控室が開演前から笑いに包まれた。一通り挨拶が済んだところで早速、本番前の本読みとなり、新喜劇メンバーが2人加わって6名で読み合わせをした。池乃めだか師匠の鉄板の下りである、師匠が入ってきても誰も気づかず、「みさ〜げて〜ごらん〜♪」の歌があって気づくタイミングなどを細かく確認。滞りなく本読みを終えた二人は本番が近付くにつれて再び緊張の面持ち。意気込みを聞くと、新垣は「緊張します」とコメントしたが、それに対して瑛太は「でも、こんな機会はめったにないから楽しみましょう!」と新垣を激励する優しさを見せた。

そしていよいよ本番、おなじみの新喜劇メンバーが壇上に現れ、700席満席の会場は早くも笑いの渦に。旅館を舞台に酒井藍座長演じる仲居のありえない接客態度が、会場の笑いを誘う。その仲居が旅館の未来を案じる中で、温泉卓球を提案、設備を充実させるために卓球に詳しい友達がいるということで紹介されて登場したのが、新垣結衣と瑛太だった。新喜劇メンバーによって温まっていた会場は一瞬何が起きているのかと静まり返るも、すぐさま悲鳴に近い歓声に包まれ、さらにヒートアップしたことは言うまでもない。新喜劇メンバーが観客に「静かに!」と言わないと舞台が進行しないほどの大歓声に、登壇者たちも驚きを隠せない。

その後、『ミックス。』の宣伝もかねて登壇した二人が新喜劇メンバーとかけあいを繰り広げた。卓球の実力を見せてと酒井が新垣と瑛太に卓球ラケットを持ってくるも瑛太が「ボールがないですやん!」と、本読みではなかった、なぜかカタコトの関西弁を披露すると会場は大爆笑。すかさず新垣が「ボールここにありますやん!」と関西弁で酒井の肩を叩くとさらなる笑いに。酒井もノリツッコミで鉄板ネタ「そうそう私が卓球のボールだけど、ラケットがこんな大きくないとね…て、私人間ですねん」と新垣の顔の目の前まで詰め寄り、またしても会場は大笑い。

最後に二人は映画の宣伝を行い出番は終了。怒涛のボケとツッコミによって会場中大笑い、新垣と瑛太の活躍もあり、その後も会場からは笑いが絶えず、無事この日の公演は終了となった。

終了後の新垣結衣コメント

一瞬でしたがとても楽しかったです。お客さんが喜んでくれて本当によかったなと思います。酒井藍座長と、めだか師匠たちと本番前に本読みをしたのですが、優しく受け入れていただいてサポートしてくださいました。

終了後の瑛太コメント

つい舞い上がってしまって、台本に書かれていないアドリブ(関西弁)が出てしまい、それで笑いがとれてよかったです。その喜びを噛みしめています。 本番中、僕はめだか師匠の足を踏んでしまいました。ちょっと謝る機会がなかったのでこの場を借りてお詫び申し上げます。

公演終了後の池乃めだかコメント

新垣さんと久しぶりに共演をして、懐かしさと改めて月日が経つのは早いなと感じました。映画『ミックス。』の成功をお祈り申し上げます。

公演終了後の酒井藍コメント

本当に瑛太さんが死ぬほど格好良くて、新垣さんが死ぬほど可愛かったです。お2人ともノリノリでやって下さって、会場のお客さんもバカバカウケていて毎日出て欲しいです。瑛太さんに持ち上げてもらうシーンでは、脇汗が、、新垣さんに顔を近づけたので口臭が、、、それぞれ大丈夫だったか心配です。映画『ミックス。』是非私も見に行きたいです!

最高の笑いと感動、そして観る者を思わずキュンとさせる切ない恋を“ミックス”した、極上のエンターテインメント、映画『ミックス。』は10月21日(土)より公開となる。

作品詳細


映画『ミックス。』

【キャスト】
新垣結衣 瑛太
広末涼子 瀬戸康史 永野芽郁 佐野勇斗 森崎博之/ 蒼井 優 山口紗弥加 中村アン 久間田琳加 神尾 佑 平山祐介 斎藤 司(トレンディエンジェル)佐野ひなこ 鈴木 福 谷 花音 平澤宏々路 関 太(タイムマシーン3号)真木よう子 /吉田鋼太郎 池上季実子 松尾 諭 生瀬勝久/田中美佐子 遠藤憲一 小日向文世

【スタッフ】
脚本:古沢良太
監督:石川淳一
主題歌:SHISHAMO「ほら、笑ってる(movie ver.)」(GOOD CREATORS RECORDS / ユニバーサル シグマ)
音楽:末廣健一郎
撮影期間:2017年2月上旬〜3月下旬
配給:東宝

10月21日(土)全国ロードショー


【ストーリー】
母のスパルタ教育により、かつて“天才卓球少女”として将来を期待された28歳独身・多満子(新垣結衣)。母の死後、普通に青春を過ごし、普通に就職する平凡な日々を送っていたが、会社の卓球部のイケメンエース・江島(瀬戸康史)に告白され付き合うことに。ついにバラ色の人生が!と思った矢先、新入社員の美人卓球選手・愛莉(永野芽郁)に江島を寝取られてしまう。人生のどん底に落ち、逃げるように田舎に戻った多満子だったが、亡き母が経営していた卓球クラブは赤字に陥り、自分の青春を捧げた活気のある練習風景はそこにはなかった。クラブの部員も、暇を持て余した元ヤンキーのセレブ妻、試合になるといつも腹痛で不戦敗になる農家の夫婦、オタクの引きこもり高校生、さらにケガで引退した元日本ランカーのプロボクサーながら、妻の上司を不倫相手と勘違いして暴力事件を起こし、妻と娘に見捨てられた新入部員の萩原(瑛太)など、全く期待が持てない面々だった。しかし、江島と愛莉の幸せそうな姿を見た多満子は、クラブ再建と打倒江島・愛莉ペアを目標に、全日本卓球選手権の男女混合ダブルス(ミックス)部門への出場を決意。部員たちは戸惑いながらも、大会へ向け猛練習を開始する。多満子は萩原とペアを組むものの、全く反りが合わずケンカばかり。しかし、そんな二人の関係にも、やがて変化が訪れていく―。
果たして、フラワー卓球クラブは奇跡の全日本選手権出場を叶えることができるのか?
そして、がけっぷち女子・多満子の恋の行方は!?

▼グッズ付 前売券はこちら
▼グッズなし 前売券はこちら


©2017『ミックス。』製作委員会

%%message%%


新垣結衣に関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る