デヴィッド・ボウイ『ヒーローズ』スポティファイで10億回再生

2017年08月30日 (水) 10:00

|

HMV&BOOKS online - ロック


去年1月がんのために69歳で亡くなったデヴィッド・ボウイの1977年ヒット曲『ヒーローズ』が、スポティファイで最も再生された曲だと先週発表になった。その再生回数は10億回以上という。

『レッツ・ダンス』『チェンジズ』『火星の生活』といった、50年以上に及ぶキャリアの中で生み出された様々な楽曲が人気のようで、その他にも、『フェイム』『世界を売った男』『チャイナ・ガール』『オー・ユー・プリティー・シングス』『サウンド・アンド・ヴィジョン』『ホエア・アー・ウィー・ナウ』『ディス・イズ・ノット・アメリカ』『アッシュズ・トゥ・アッシュズ』『ヤング・アメリカンズ』が頻繁に再生されているという。

同ストリーミングサイトにおける、ボウイのトップ10も発表されている。

『ヒーローズ』
『レッツ・ダンス』
『スペース・オディティ』
『火星の生活』
『スターマン』
『愛しき反抗』
『月世界の白昼夢』
『チェンジズ』
『屈折する星くず』
『モダン・ラヴ』


2002年に既にボウイは「次の10年で音楽に関して劇的な変化が訪れるよ。誰も止められないよ。水や電気のように四六時中消費されるようになるんだ」と、音楽業界の未来、また我々の音楽の消費の仕方がどのように変化していくのかについて予見していたという。

なお、世界中でアンセムとして愛されるボウイの『ヒーローズ』は今年生誕40周年を祝福し、フランス語、ドイツ語バージョンが来月29日にパーロフォン・レーベルよりリリースとなるボックスセット『ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン 1977-1982』に収録される。また来月22日には『ヒーローズ』の限定ピクチャーディスクもリリースされる。

関連記事

デヴィッド・ボウイ 集大成BOX第3弾が発売

デヴィッド・ボウイのキャリアを1969年から辿る集大成BOX第3弾『ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン [1977-1982]』が発売決定。BOX限定のアルバム『ロジャー(トニー・ヴィスコンティ 2017ミックス)』 を収録。

HMV&BOOKS online-洋楽|2017年07月13日 (木) 10:55




%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る

David Bowie

もともと音楽スタイルを巧く横断していくような身軽な賢さや絶妙なバランス感覚を売りにしていた彼は、ある...



David Bowieに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る