既に5000万人が聴いた歌声 Michael Kaneko とは

2017年08月25日 (金) 18:00

|

HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP

南カリフォルニア育ちのシンガーソングライター Michael Kaneko が、遂にデビューEP『Westbound EP』を origami PRODUCTIONS からリリースする。正式リリース前の段階で、これ程までにその歌声を浸透させたアーティストは他にいない。"遂に" と書いたのは、そのためだ。"待望" などという言葉も、本来こういう場面で使われるべきだろう。

フジロック、サマソニなどの大型フェスは、既に出演済。音楽ファンには既によく知られた存在だし、それぞころか Panasonic “ふだんプレミアム” シリーズ(西島秀俊出演)の CM をはじめ、数多くの CM で起用されたその歌唱は、音楽ファンでなくても聴いたことがあるほど、多くの耳に浸透している。後述の通り、フィーチャリング参加は多岐にわたる。

意外と日本人には知られていない事だが、ボーカルで参加した楽曲が Spotify を通じ全世界で話題となっており、海外のフェスでは、1万人以上がその曲を大合唱する事態になっている。

そんな Michael Kaneko が、"待望" のデビューEPを、2017年10月25日にリリースする。もちろん、制作には同じ origami PRODUCTIONS 所属のレーベルメイトである mabanua、Kan Sano、関口シンゴ、Shingo Suzuki といった実力派ミュージシャン、プロデューサーが勢ぞろい。鉄壁の布陣で制作されたサウンドの品質は保証されている。

少しだけ人と違う人生の中で、自らを癒すべく弾いたギターと歌。その歌は、聴いたあなたの歌になるはずだ。

Michael Kaneko コメント

皆さん、お待たせしました!

これまでの音楽人生の全てがこの作品に詰まっています。
このアルバムのリリースが僕のスタートラインだと思っています。
今までずっと応援してきてくれた皆さんのサポートがあったからこそ、僕はこのスタートラインに立つことができました。

リリースの一ヶ月後に行われるリリースパーティーはこの気持ちを全て込めて最高な夜にしたいと思います!

『Westbound EP』よろしくお願いします!
11月24日(金)のリリパで会いましょう!!

Everything that I've done in my music career has led up to this moment. I've nurtured these songs for years now, and I'm ready to release them out into the world. I hope you all enjoy it.

Michael Kaneko は生粋の日本人?!


マイケルというファーストネームのため誤解しがちだが、Michael Kaneko は両親とも生粋の日本人だそう。「子供にアメリカの教育を受けさせたい」という両親の方針により、4歳から15歳までの期間、LA オレンジ・カウンティで過ごしている。アメリカでの生活の中で、自身の名前に違和感を感じ Michael Kaneko を名乗るようになったとの事だ。

2年間で10社以上?!CMソングで気になっていたあの声は Michael Kaneko


Michael Kaneko が注目を集めるようになった最初のきっかけは、2015年 TOYOTA の CM から。


この CM で Michael Kaneko は、歌唱を担当。オーガニックで心地の良い響きの中にソウルとブルース、憂いを秘めた切実な歌声は、質の高い映像と相まって多くの人の心をとらえ、YouTube でも、700万回に迫る再生回数を記録している。

この CM を契機に、Panasonic、NISSAN、IKEA、ZIPLOC、ブローネほか数々のCM に起用されている。さらに Kan Sano 制作による J-WAVE のステーション・ジングルにシンガーとして参加も。







フジロック、サマソニ、大型フェスは既に経験済


正式な音源リリースは無いにも関わらず、Michael Kaneko の噂はたちまち業界内を席巻し、2016年にはサマーソニック、朝霧ジャム、グリーンルーム、タイコクラブ、ニューアコースティックキャンプなどに出演。さらに2017年にはフジロックのステージにも出演している。

FUJI ROCK FESTIVAL 2017
SUMMER SONIC 2016
朝霧JAM 2016
TAICO CLUB '16
GREENROOM FESTIVAL 2016
New Acoustic Camp 2016 / 2017
りんご音楽祭2017
SNOW MONKEY BEER LIVE 2017

あのテラスハウスでも...


Michael Kaneko が、大学時代に自宅で制作したデモ音源集『Sounds From The Den EP』収録の「Come And Go (Demo)」が、フジテレビ&ネットフリックス「テラスハウス BOYS & GIRLS IN THE CITY」最終話ラストシーンに大抜擢。その印象的な楽曲起用は大きな話題となった。


数々の作品に参加


Kan Sano「Reasons feat. Michael Kaneko」(ボーカル&作詞)


さかいゆう「Drowning」(コーラス&作詞)


Kenichiro Nishihara「our love feat. mabanua」(作詞)


Michael Kaneko & 名渡山遼「Best Of My Love」(ボーカル&アレンジ)


あいみょん「RING DING」※アルバム『青春のエキサイトメント』収録(2017年9月17日リリース)

中でも覆面ユニット AmPm の楽曲は海外で、とんでもないことに


ボーカルで参加した、覆面トラックメイカー AmPm (アムパム) の楽曲が、Spotify で600万回を超える再生回数を記録。グローバルのバイラルチャートにもランクインしている。我々日本人に馴染みが無いのは、総再生回数のうち90%以上が日本以外の国で再生されているからだ。

AmPm「Best Part of Us feat. Michael Kaneko」(ボーカル&作詞)


AmPm「Darling Break Free feat. Michael Kaneko」(ボーカル&作詞)


先日インドネシアで開催されたフェスでは1万人のオーディエンスがこの曲を大合唱したという。



現在放送中のドラマ「僕やり」劇伴も担当


7月よりスタートし毎週火曜夜21時に放送中のドラマ「僕たちがやりました」。"青春クライムサスペンス" という新ジャンルを確立し、各所でじわじわと話題となりつつある通称「僕やり」の劇伴を origami PRODUCTIONS の面々 Shingo Suzuki、mabanua、関口シンゴ、Kan Sano、Hiro-a-key らと共に担当。

関連情報

origami PRODUCTIONS 手掛ける「僕やり」劇伴 サントラCDに

「僕やり」を見ていようが見ていまいが、今回リリースされるこの作品は、ドラマのサントラとしてではなく、origami PRODUCTIONS が集結した極上の作品として、あなたの生活のサウンドトラックになるはずだ。

HMV&BOOKS online-邦楽・K-POP|2017年08月10日 (木) 12:00



作品情報


Michael Kaneko
『Westbound EP』
2017年10月25日(水)
¥1,200(+tax)

少しだけ人と違う人生の中で、自らを癒すべく弾いたギターと歌。リリースという形で提示せず、ライブ、ネット、メディアを使い縦横無尽 に声を届け続けた。独特の倍音と憂いを帯びたその声は、いつしか5,000万人以上の人々に。デビュー前に大型フェスを総なめにし、国内どころかすでに世界中で話題。カリフォルニア育ちの日本人シンガーソングライター Michael Kaneko、遂にデビューEP をリリース。

<収録曲>
1. Lost In This City
Co-produced by mabanua
Drums & All Other Instruments- mabanua
Bass- Shingo Suzuki
Guitar- Michael Kaneko
Recorded & Mixed by yasu2000

2. Flooded
Drums- Junpei Kamiya
Bass- Naoto Tada
Guitar & All Other Instruments- Michael Kaneko
Recorded & Mixed by yasu2000

3. Separate Seasons
Co-produced by Shingo Sekiguchi
Drums- Junpei Kamiya
Bass- Naoto Tada
Keyboards- Kan Sano
E.guitar, Organ- Shingo Sekiguchi
A.guitar- Michael Kaneko
Recorded & Mixed by yasu2000

4. Cracks In The Ceiling
Co-produced by Shingo Suzuki
Drums, Percussion- mabanua
Bass, Organ- Shingo Suzuki
Guitar- Michael Kaneko
Recorded by yasu2000
Mixed by Shingo Suzuki

5. It Takes Two
Drums- Junpei Kamiya
Bass- Naoto Tada
Keyboards- Kan Sano
Guitar- Michael Kaneko
Recorded & Mixed by Masato Fujishiro

All Songs Written & Produced by Michael Kaneko
All Songs Mastered by yasu2000(big turtle STUDIOS)
Art Direction & Design by Sachiko Yamada (GLOWZ)
Photography by Takateru Yamada (GLOWZ)

ご予約はこちら

Westbound EP

CD

Westbound EP

Michael Kaneko

価格(税込) : ¥1,296

発売日: 2017年10月25日



ライブ情報


Westbound EP Release Party
2017年11月24日(金) 東京・代官山LOOP
open 19:00 / start 19:45
adv. ¥3,300 (+drink ¥600) / door ¥4,000 (+drink ¥600)

全国ツアー続々発表予定

%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る

オフィシャルサイト



Michael Kanekoに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る