三浦大知、川畑要、上白石萌音、リトグリが70年代の名曲を歌い継ぐ

2017年08月08日 (火) 16:52

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

8月22日(火)、23日(水)に東京・中野サンプラザホールにて、BS-TBS主催による音楽イベント『History of Pops』が開催される。

60年代の終わりからの日本は、まさに高度成長期に向けてまっしぐらの時代。そんな日本の成長を、国民それぞれも実感してきた70年代…まさに、音楽も成長を遂げていく。演歌・フォーク・アイドル…そしてニューミュージックと、多種多様な音楽が生まれたこの時代にの音楽は、今の音楽の礎となっていく。『History of Pops』は、その70年代の日本のポップスを今人気のアーティストたちが歌い継ぐ音楽イベント。

イベントでは、ドラマにて70年代を必死に生きるとある家族が時代背景を紹介していく。そのため、若い人たちにはその時代背景を知ることができ、70年代の音楽を生で知る世代の人たちには、懐かしさを感じながら楽しむことができる。ドラマ部分を演じるのは、個性派俳優としてテレビや映画でも活躍する入江雅人、今期のNHK朝ドラ『ひよっこ』で、ヒロインが働くレストランの先輩としての役で鮮烈なインパクトを残している佐藤仁美をはじめ、若手俳優として人気上昇中の恒松祐里や市川理矩が名を連ねた。

そして、メインの70年代ポップスを歌うのは、歌とダンスのコラボレーションの第一人者としてその実力を存分に発揮している三浦大知、CHEMISTRY としてだけでなく、ソロでも活躍する川畑要、映画『君の名は』でヒロインの声を務め、ミュージシャンとしても活躍中の上白石萌音、若手ボーカルグループとして人気の Little Glee Monster が出演決定。そして、このイベントのテーマ曲をいきものがかりの山下穂尊が書き下ろすという豪華な顔ぶれが揃った。
演奏する曲目は、間もなく発表される。



イベント情報


History of Pops 70s
8月22日(火)、23日(水) 東京・中野サンプラザホール

出演アーティスト:三浦大知・川畑 要(CHEMISTRY)・上白石萌音・Little Glee Monster
ドラマ出演者:入江雅人・佐藤仁美・恒松祐里・市川理矩
テーマ曲:山下穂尊(いきものがかり)
音楽監督:島田昌典

イベント公式サイト



%%message%%


三浦大知に関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る