ジャックの生声に中川も大興奮『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』大ヒット記念イベント

2017年07月05日 (水) 11:40

|

HMV&BOOKS online - 洋画 , HMV&BOOKS online - 映画・TV

7月1日(土)に待望の日本公開を迎えた『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』。公開2日間で10億4千万円を突破し、動員数が『美女と野獣』を超えて2017年洋画NO.1の大ヒットスタートを切った。

映画の爆発的な大ヒットスタートを記念し、公開直後の7月4日(火)に大ヒット記念イベントが行われた。キャプテン・ジャック・スパロウの新たな相棒ヘンリー・ターナー役の吹替を担当し、プロモーションではジョニー・デップ本人に2度も会った中川大志が海賊をイメージした装飾を施したチェックのジャケット姿でステージに登場すると、観客から黄色い歓声が巻き起こった。今回の大ヒットを受けて、中川は「公開前にもプロモーションでジャパンプレミアやワールドプレミアなど各地を回りましたがファンの方のエネルギーを感じられましたし、『美女と野獣』を超えているというのは本当に衝撃ですし凄い事だと思います!(『パイレーツ・オブ・カリビアン』は)本当に大好きな作品で、こういう形でかかわることができると思っていなかったので本当に嬉しいです」とコメントしたさらに、つい先日両親と4D上映を観に行ったという中川は「両親に『いい声だね』と言ってもらえました。少し恥ずかしかったのですが、嬉しかったです!4Dは本当にアトラクションに乗っているようで、声を出しながら楽しみました。絶対見るべきです!」とほっこりエピソードを披露した。

そして、キャプテン・ジャック・スパロウに憧れている STU48 のキャプテン岡田奈々と、日本代表やACミランなど各チームでキャプテンを務めた本田圭佑選手のモノマネをするじゅんいちダビットソンさんが海賊の衣装を身にまとい登場。それぞれキャプテンとして「私も STU48 のキャプテンということで、とても縁を感じていますし、キャプテン・ジャック・スパロウに憧れています!実は STU48 では AKB グループで初めて船上劇場で公演を行うので、ジャックのようなキャプテンになれるよう頑張ります!映画もハラハラどきどきが止まらなく、“パイレーツ”が初めての人でもおもいっきり楽しむことが出来ます!」(岡田)「この映画で本田圭佑役をやらせて頂きましたじゅんいちダビットソンです(笑)。本田選手が先日キャプテンマークを巻いたというキャプテンつながりで参りました!ジャック・スパロウはキャプテンですが、ヘラヘラしながら色々な壁を越えていくのがかっこいいですよね。この映画はスピード感、アクションは勿論、謎めいた感覚もあり映画を超えたエンターテインメントです!」(じゅんいち)と、ブラックパール号の船長であるジャック・スパロウの魅力を存分に語った。

ジャック・スパロウへの想いをたっぷり語ったところで、「待て待て待て!俺の事呼んだか!そう!俺がキャプテン・ジャック・スパロウだ!!」と、ジャック本人の声が会場に響くと、ジョニー・デップの吹替を担当していることで広く知られ、今回もジャック・スパロウ役の日本語吹替版を務めている声優、平田広明がステージに登場。観客の大歓声の中、「アフレコ収録でお会いできなかったので、こうして生でジャックの声を聞かせて頂いて本当に鳥肌が立ちました!」と中川は大興奮。ヘンリーの吹替を担当した中川について、平田は「ジョニー・デップに2回も会ったんでしょ?僕のこと何か言ってた?言ってたでしょ?(笑)吹替が初めてであの出来は、素晴らしい!30年近く声優をやっている僕の立場も考えてほしいくらい(笑)。いい海賊になるよ」とジャックの声を交えながら大絶賛した。

劇中では、天文学者のヒロインが登場するなど「星」が重要なキーワード。そして日本でも7月7日の七夕が近いということで、ステージ上には笹の葉が用意され、ゲストが七夕の願い事を披露した。 最後に、平田から「本作で“パイレーツ”が初めてでも、この1本だけで完結できますので、大丈夫です!ジャックも勿論ですが、彼の好敵手バルボッサも大活躍するので注目してください」、中川から「最初から最後まで息つく暇もないくらい大興奮のエンターテインメント作品になっています。大迫力の映像と音楽が“パイレーツ”の冒険に連れて行ってくれるような映画を超えたアトラクションのような作品で、夏にぴったりの映画です。是非楽しんでいただきたいです!」とそれぞれの熱いメッセージが贈られ、大ヒット記念イベントは幕を閉じた。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』は現在絶賛上映中。

イベント概要


日程:7月4日(火) 18:00〜
会場:TOHOシネマズ 六本木 スクリーン2(東京都港区六本木6-10-2)
登場ゲスト:中川大志<日本語吹替版ヘンリー・ターナー役>、平田広明<日本語吹替版ジャック・スパロウ役>、岡田奈々(AKB48/STU48)、じゅんいちダビッドソン

作品紹介


『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』

7月1日(土) 全国公開

監督:ヨアヒム・ローニング/エスペン・サンドベリ
製作:ジェリー・ブラッカイマー
出演:ジョニー・デップ/ブレントン・スウェイツ/カヤ・スコデラリオ/ジェフリー・ラッシュ/オーランド・ブルーム ほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
原題:PIRATES OF THE CARIBBEAN:DEAD MEN TELL NO TALES
全米公開:2017年5月26日

【STORY】

孤高の海賊ジャック・スパロウの過去を知る最恐の敵、“海の死神”サラザールが解き放たれた時、海賊全滅へのカウントダウンは始まった。ジャックがサラザールの復讐から逃れる方法はただ一つ――<最後の海賊>のみが見つけ出せる伝説の秘宝<ポセイドンの槍>を手に入れること。かつてジャックと冒険を共にしたウィル、その息子ヘンリー、女性天文学者カリーナ、宿敵バルボッサなど、様々な運命が交差する中、最後に宝を手に入れるのは誰か?そして、ジャックVS海の死神の決戦の行方は?すべての謎が明かされる<最後の冒険>が、ついに幕を開ける!

© 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」ディズニー公式サイト


関連ニュース


%%message%%


パイレーツ・オブ・カリビアンに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る