ジョニー・デップ “夏祭り” プレミアに登場 神対応にファン熱狂『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』

2017年06月21日 (水) 14:15

|

HMV&BOOKS online - 洋画 , HMV&BOOKS online - 映画・TV

6月20日0時頃に羽田に到着したジョニー・デップ。来日での熱狂冷めやらぬ中、同日に開催された『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジャパンプレミアに登場した。

このジャパンプレミアは、“夏祭りプレミア”と題し、はるばる来日した彼らを日本の夏祭りでもてなそうという趣向。今回が約7ヵ月ぶり13回目の来日となるジョニー・デップが今回引き連れてきたのは、新たに相棒のヘンリー・ターナー役を演じるブレントン・スウェイツと、女性天文学者 カリーナ役を演じるカヤ・スコデラリオ。その本国組3名に加え、日本語吹替版の声優を務めた栗山千明(カリーナ役)と中川大志(ヘンリー役)も加わり、総勢5名が登壇する華やかなプレミアとなった。

この日行われたジャパンプレミアには、熱烈なファン2000人が会場内外に集合、イベント開始前から会場には熱気があふれかえっていた。会場内にはファンだけでなく、マスコミ陣も含めて数多くの“ジャック・スパロウ風”の海賊コスプレに身を包んだ人々が。ステージ上には海賊船をイメージしたセットが組まれ、まるでテーマパークに来たかのような印象。

プレミアがスタートすると、登場したのは本作で重要なカギを握る美しく聡明なヒロイン、カリーナ・スミス役の日本語吹替を担当した栗山千明と、父ウィル・ターナーの呪いを解くべく、ジャックと旅を共にするヘンリー・ターナー役の日本語吹替を担当した中川大志。ブラウンのエレガントなロングドレスに身を包んだ栗山と、ネイビーのシックなスーツ姿の中川が船上に現れると、会場から歓声が。しっかりと栗山をエスコートする中川の姿が印象的。続いて、ヘンリー役のブレントン・スウェイツがクリーム色の爽やかなスーツ姿で登場、さらにカリーナ役のカヤ・スコデラリオが黒いシャネルのゴージャスなドレス姿で登場すると、その美しさに会場中はうっとり。

そしてついに、世界中から愛される孤高の海賊ジャック・スパロウを演じる世界的スター、ジョニー・デップが登場。トム・フォードのジャケットにキャスケットといういで立ちで船上に姿を現すと、会場中は大歓声。ファンサービスの神対応で知られるジョニー・デップだが、スタッフ陣に止められなければずっとファン対応をし続けるであろう彼を目の当たりにし、興奮、熱狂さらに感激のあまり涙を流すファンの姿も見られた。

of

※クリックすると画像が拡大されます


レッドカーペットでのファンやマスコミとのふれあいを終え、ステージに登場した5名。栗山千明、中川大志とは、上海ワールドプレミア以来の再会となるジョニー・デップは、この日も二人と熱い抱擁を交わし合うなど、その人柄が伝わる。さらに“意味は分からないけど使ってみた”と言う「コンニチハ」を絶妙なタイミングで何度も連呼、会場を大爆笑の渦にしたり、「この映画は本当に予算の少ないインディー映画で…」とジョークを言ってみたり、通訳と絡んでふざけてみたり、マイクを放り投げてみたりと、最初から最後までサービス精神旺盛で、ユーモアたっぷりのお茶目な人柄を存分に発揮していた。

今回のプレミアは“夏祭り”プレミアとあったが、この日来日したキャストたちへの“おもてなし”として、「よさこい」が披露された。早稲田大学の“踊り侍”たちが登場し、テーマ曲「彼こそが海賊」に合わせた熱いスペシャルパフォーマンスを披露すると、ジョニー・デップらは驚きの表情。その迫力に大満足の様子だった。

of

※クリックすると画像が拡大されます


登場キャストのコメントをご紹介。

ジョニー・デップ

コンニチワ!日本のプレミアはとても熱気を感じられるし、ファンのみんなが温かく歓迎してくれるので、いつもありがたく思っています。皆さんのサポートはいつも嬉しいし、いつだって日本は僕にとって大切な場所です。
ジャック・スパロウという役は、色々な材料が入っているスープのように作りこみました。あとは、観客のみなさんが作り上げてくれています。ジャックがおバカなことをしでかすと、皆さんが笑ってくれる。観客の皆さんが楽しんでくれるからこの役は出来上がったと思っています。奇妙なキャラクターですよ。僕の仕事は、皆さんの望みを叶えることだからね。アリガトウ!ジャパン!

ブレントン・スウェイツ

コンニチワ!皆さんがこの映画をこんなにも楽しみにしてくれて、そして愛してくれてとても嬉しいです!僕にとって日本は2回目だけど、今回はうどんを食べたよ。寿司も食べたし、僕は日本が大好きです。(日本語吹替版声優の中川大志さんに再会して)彼はとてもいい方なので、是非日本語吹替版を見て彼の声をちゃんと聞きたいと思っています。

カヤ・スコデラリオ

日本のファンは皆さん本当に優しくて素敵で、ジャック・スパロウの恰好で来てくれた方が沢山いてとても嬉しいです!日本は美しい文化を持っていて本当に大好きです。日本の方は優しくて謙虚で礼儀正しくて、素敵な体験にしていただいて感謝の気持ちでいっぱいです。昔から日本に来たいと思っていたので今回の初来日は私にとって夢が叶ったようです。今回の最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』では、アクション、アドベンチャー、そしてジャック・スパロウをたっぷり堪能できると思うので、是非見てほしいです!

栗山千明

カリーナは聡明で意志の強い美しい女性。そんな素敵なキャラクターの声を演じることが出来てとても光栄です。ジョニーさん、ブレントンさんも、上海で「日本に来てくれる」ことを約束してくださったので、約束通り来てくださって嬉しいです。
今日のプレミアに海賊の衣装で集まったファンの方も沢山いらっしゃって、この「パイレーツ・オブ・カリビアン」がすごく愛されていることがよくわかります。この夏にピッタリの最高のエンターテインメント作品となっているので、是非劇場で体感してください!

中川大志

『パイレーツ・オブ・カリビアン』は僕にとってずっと大好きな作品で、今こうして作品に参加できて、ジョニー・デップさんはじめ、キャストの皆さんと並ぶことが出来て夢のような気分です。先日上海で初めてお二人にお会いしたときに、そのカッコよさと溢れ出る色気に衝撃を受けました。今日は少しでもそれを吸い取って帰れるように頑張りたいと思っています。
この映画はジャック・スパロウこそが最大の魅力だと思います。みんながジャックに着いて行き物語が進んでいくのですが、破天荒で自由なジャックに着いていけば、きっと僕たちの見たことがない景色を見せてくれると思わせるところが彼のかっこいいところだと思います。


この夏に向けてますます盛り上がる『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』は7月1日(土)より全国で公開。

イベント概要


『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』夏祭りプレミア

【日程】6月20日(火)
【場所】品川プリンスホテル ステラボール(港区高輪4-10-30)
【来日ゲスト】ジョニー・デップ(ジャック・スパロウ役)、ブレントン・スウェイツ(ヘンリー役)、カヤ・スコデラリオ(カリーナ役)
【日本人ゲスト】栗山千明(日本語吹替版 カリーナ役)、中川大志(日本語吹替版 ヘンリー役)
【来場者数】メディア総勢 500名 ファン 総勢2000名(会場内外含む)

作品紹介


『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』

7月1日(土) 全国公開

監督:ヨアヒム・ローニング/エスペン・サンドベリ
製作:ジェリー・ブラッカイマー
出演:ジョニー・デップ/ブレントン・スウェイツ/カヤ・スコデラリオ/ジェフリー・ラッシュ/オーランド・ブルーム ほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
原題:PIRATES OF THE CARIBBEAN:DEAD MEN TELL NO TALES
全米公開:2017年5月26日

【STORY】

孤高の海賊ジャック・スパロウの過去を知る最恐の敵、“海の死神”サラザールが解き放たれた時、海賊全滅へのカウントダウンは始まった。ジャックがサラザールの復讐から逃れる方法はただ一つ――<最後の海賊>のみが見つけ出せる伝説の秘宝<ポセイドンの槍>を手に入れること。かつてジャックと冒険を共にしたウィル、その息子ヘンリー、女性天文学者カリーナ、宿敵バルボッサなど、様々な運命が交差する中、最後に宝を手に入れるのは誰か?そして、ジャックVS海の死神の決戦の行方は?すべての謎が明かされる<最後の冒険>が、ついに幕を開ける!

© 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」ディズニー公式サイト


関連ニュース


%%message%%


パイレーツ・オブ・カリビアンに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る