ブラック・サバス メタル・ハンマー誌ゴールデン・ゴッド賞受賞

2017年06月14日 (水) 12:30

|

HMV&BOOKS online - ロック , HMV&BOOKS online - 洋楽


ブラック・サバスがメタル・ハンマー誌の主催するメタル・ハンマー・ゴールデン・アワードにおいて、2017年ゴールデン・ゴッド賞を受賞した。今月12日にロンドンのO2アリーナで開かれる式典で、同バンドのギタリスト、トニー・アイオミが最高賞にあたるこの栄冠を受け取る予定だ。

69歳になるトニーは素晴らしい称賛をファンに捧げたいとしてこうコメントしている。「この賞を受け取ることができてありがたいと思っているよ。およそ50年にもなるブラック・サバスが未だに現役で、音楽界において重要であることを知ることができて嬉しいね」「俺らについてきてくれているファンに感謝するよ。彼らなしでサバスは存在しないからな」

ブラック・サバスの50年以上に及ぶ活動の中では、7,500万枚を超えるアルバム売り上げのほか、ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ、メタリカのジェイムズ・ヘットフィールドなどにも影響を与えてきた。

メタル・ハンマー編集者のマーリン・アルダースレイドはこう述べる。「ブラック・サバスは単純にいうとヘビーメタル界の原点なわけです。彼らなしで、現在我々が愛するこのジャンルは存在しなかったでしょう。このシーンの力を祝うと共に彼らの影響力を振り返るべきです。12日にO2アリーナの屋根が吹き飛ぶぐらいのサマー・パーティーを開催します」

今年もこのイベントは、フォジーのボーカルも務めるWWEプロレスラー、クリス・ジェリコがホストをすることになっており、マストドン、クラッチ、アヴァター、オレンジ・ゴブリンらのパフォーマンスが予定されている。

(6/14追記) ブラック・サバスが12日(月)、メタル・ハンマー・ゴールデン・ゴッド・アワードを受賞した。

同英へヴィー・メタル専門誌が主催し、ロンドンのO2アリーナで行われたこのイベントで、ブラック・サバスのメタル・ミュージック界での伝説的な地位が称えられ、創立メンバーでもあるトニー・アイオミが代表してその栄誉を受け取った。

他にはアーキテクツがベストUKバンド、ヘッドライナーを務めたマストドンがベスト・ライブ・バンドを受賞。ショーのオープニングを飾ったオレンジ・ゴブリンのフロントマンであるベン・ワードは、メタル・ハンマー誌の出版元であり倒産してしまったチームロック社職員のための募金活動をしたことにより、パートナーのサンディー・ソリアーノと共にディフェンダー・オブ・ザ・フェイスを受賞した。

ゴールデン・ゴッド・アワード受賞者全リスト


ベスト・ニュー・バンド賞:ヴェノム・プリズン
ベスト・アンダーグラウンド・バンド賞:ポールベアラー
ベストUKバンド賞:アーキテクツ
ブレイクスルーバンド賞:アヴァター
ベスト・ライブ・バンド賞:マストドン
ベスト・インターナショナル・バンド賞:アヴェンジド・セヴンフォールド
ベスト・インディペンデント・レーベル賞:ニュークリア・ブラスト
ダイムバッグ・ダレル「シュレッダー」賞:ジョエル・オキーフ
ベスト・ゲーム賞:アイアン・メイデン『レガシー・オブ・ザ・ビースト』
リフ・ロード賞:デヴィン・タウンセンド
インスピレーション賞:エクソダス
ベスト・アルバム賞:ゴジラ『マグマ』
アイコン賞:デリンジャー・エスケイプ・プラン
ディフェンダー・オブ・ザ・フェイス賞:ベン・ワード、サンディー・ソリアーノ
スピリット・オブ・ハンマー賞:プロフェッツ・オブ・レイジ
ゴールデンゴッド賞:ブラック・サバス

%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る

Black Sabbath

英国ロック界に”黒魔術”ブームが起こったのは’60年代後期~’70年代初期のことだった。一般に知られるとこ...



Black Sabbathに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る