Dream Ami 新曲「はやく逢いたい」が映画『ひるなかの流星』の主題歌に

2017年01月31日 (火) 11:58

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス , HMV&BOOKS online - 映画・TV

Dream Ami が3月22日にリリースするソロ通算4枚目のシングル曲「はやく逢いたい」が、3月24日公開の胸キュンシーン満載の大人気コミックの実写化映画『ひるなかの流星』の主題歌に決定した。

映画『ひるなかの流星』は、2011年〜2014年まで集英社『マーガレット』にて連載され累計212万部を突破した "初恋のバイブル" として絶大な人気を誇る大人気コミックの実写化。

永野芽郁演じる主人公・与謝野すずめが、三浦翔平演じる一見チャラそうだが面倒見の良い担任教師担任教師・獅子尾と、白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE)演じる "女子が大の苦手なはず" の同級生・馬村と巻き起こす三角関係を描いた、誰もが経験する「初恋」のすべてが詰まった作品で、バックハグ、頭ポン、床ドン、手つなぎ登校など興奮のシーン・セリフ満載の「胸キュン度200%」のラブストーリーだ。

Dream Ami コメント

脚本を読ませていただいて率直に感じたヒロインの相手に対するまっすぐな気持ちや、慣れない恋愛に対しての純粋な気持ちがすごく素敵で、ちょっとリアルな現実に重ねたイメージで歌詞を書かせていただきました。普段あまりマンガを読まない私が久しぶりにハマった『ひるなかの流星』の、先生に恋する感じも、同級生とのちょっと幼く初々しいドキドキも共感できてとても良いなと思いました。感情移入していた作品の主題歌に私を選んでいただいて、本当にすごく嬉しく思いました。


%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る

オフィシャルサイト



Dream Amiに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る