【写真&レポ】COUNTDOWN JAPAN 16/17(2日目)

2017年01月03日 (火) 10:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス , HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP

2日目のトップバッターは、レキシが担当。ファンク・ソウルをベースにしたクオリティーの高いサウンドに乗せ日本史を歌う唯一無二のアーティスト、池田貴史によるソロプロジェクトだ。彼のキャラクターも相まって、ステージはいつも楽しい。出陣のほら貝が鳴ると、池田貴史がイルカの着ぐるみを引き連れて登場。イルカと言えば蘇我入鹿(?)。レキシがネコカミノカマタリ(キュウソネコカミ)をフィーチャーして制作した楽曲「KMTR645」のMVでは、キュウソネコカミのヤマサキ セイヤがまさに、そのイルカの着ぐるみで登場しているので、ご存知の方も多かったはずだ。そんなヤマサキ セイヤのサプライズ登場に、会場はノッケからヒートアップ、“キュッキュッキュ〜”(※歌詞)で大いに盛り上がった。ヤマサキがステージを後にすると“これ以上はこの後ないよ”と自虐を挟みつつ、全くそんなことはなく、終始抱腹絶倒の45分に。池田の突然の無茶な思い付きに、即座に合わせられるバンドもスゴい。(※「年貢」から突然「リンダリンダ」を思いついたりする)。最後はダイハツCMソングとしても起用されているポップソング「きらきら武士」の“武士”大合唱で幕を閉じた。

of



続く EARTH STAGE 2番手のキュウソネコカミもイルカを引き連れて登場。本日2度目の「KMTR645」を披露し、再び“キュッキュッキュ〜”の大盛り上がりが会場を包んだ。キュウソネコカミが EARTH STAGE に登場するのは初。“まさかこんなでかいステージでやる事になるとは思わなかった”と本人も話す「DQNなりたい、40代で死にたい」の中の名フレーズ“ヤンキーこわい”の大合唱は最高にバカバカしかった(笑)。

of



中盤の EARTH STAGE に登場したWANIMA。夏の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016」では、代役だったにも関わらず満員の GRASS STAGE を大いに沸かせたWANIMA、「COUNTDOWN JAPAN 16/17」でも最大のステージでのパフォーマンスとなる。開演前から続々と観客が集まり、会場を埋め尽くす中、ライブがスタート。その期待を超えたパフォーマンスに観客の大合唱もものスゴい。これだけの人数の大合唱は感動的なものがある。それは、楽曲が歌詞が、その歌がそれぞれの中に棲みついている証拠なのだろう。WANIMA のライブはまた僕らを笑顔にしてくれた。

of



GALAXY STAGE には BLUE ENCOUNT、04 Limited Sazabys が立て続けに登場。今最も勢いがあるといっても過言ではないロック・バンドに、大勢の人が集まり、どちらも規制しながらの入場に。フードコート側のモニターにもライブの様子が映し出され、外側でも多くの人の目を釘付けにするライブを披露した。

of


of



COSMO STAGE では、Aimer が登場。2016年にリリースしたアルバム『daydream』には、Taka(ONE OK ROCK)や野田洋次郎(RADWIMPS)らが参加しており、今最も注目を集めているシンガーの一人だ。彼女のライブもまた規制しながらの入場、フードコート側のモニター中継実施に。外側で聴いた人たちも、その深みのある歌声に魅了された。

of



終盤の EARTH STAGE には、[Alexandros] が登場。彼らは「COUNTDOWN JAPAN 16/17」の期間中、海浜幕張駅のポスタージャックを実施しており、ファンは会場入りする前から期待感を煽られる形となった。ライブは、最新アルバム『EXIST!』の収録曲を立て続けに披露した後、代表曲そして、JR SKISKIのCMソングとして起用されている新曲「SNOW SOUND」を披露。彼らのライブは観るたびにスケールアップしている。毎回、完璧なライブだったと思うのだが、次観たときにはそれを超えているのだ。2017年以降も [Alexandros] は超え続けてくれるはずだ。

of



COUNTDOWN JAPAN 16/17 各日のレポートはこちら



12月29日(木) 出演アーティスト

ASPARAGUS
あゆみくりかまき
アルカラ
[Alexandros]
宇宙まお
Aimer
OLDCODEX
Kalafina
感覚ピエロ
キュウソネコカミ
GOOD ON THE REEL
GOOD4NOTHING
くるり
go!go!vanillas
ZAZEN BOYS
さユり
SHANK
湘南乃風
スキマスイッチ
sumika
DAOKO
10-FEET
ドレスコーズ
The Birthday
BURNOUT SYNDROMES
パスピエ
BACK DROP BOMB
04 Limited Sazabys
fripSide
BLUE ENCOUNT
フレデリック
MY FIRST STORY
ユニコーン
LiSA
レキシ
ROTTENGRAFFTY
WANIMA

[DJ]
DJ'TEKINA//SOMETHING a.k.a ゆよゆっぺ
柴田隆浩 (忘れらんねえよ)
てんぷらDJアゲまさ a.k.a. 小野武正 (KEYTALK)

<公演概要>

rockin'on presents
COUNTDOWN JAPAN 16/17

日程:2016年12月28日(水)・29日(木)・30日(金)・31日(土)
時間:
<28,29,30日>開場 10:30 開演 12:00 終演 20:30
<31日>開場 13:30 開演 15:00 終演 29:00
会場:幕張メッセ国際展示場1〜11ホール、イベントホール

%%message%%

COUNTDOWN JAPAN 情報をフォロー

オフィシャルサイト



ロッキング・オン・ジャパン関連 フェスレポート

昨年の COUNTDOWN JAPAN 15/16 レポート まとめページはこちら

行ってきました!COUNTDOWN JAPAN 15/16 レポート

年末最も熱い空間とも言えるこの会場に「ローチケHMV-NEWS-」が潜入。ライブのレポートをお届けします。

HMV&BOOKS online-音楽フェス|2016年01月02日 (土) 10:00


ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016 レポート まとめページはこちら

行ってきました ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016 レポート

17回目を迎えてなおパワーアップし続ける「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016」過去最大となるエリア規模で開催され、動員数も過去最高を更新。日本最大のお祭りに今年も、潜入させて頂いた。

HMV&BOOKS online-音楽フェス|2016年09月16日 (金) 18:53


JAPAN JAM BEACH 2016 レポート まとめページはこちら

行ってきました!JAPAN JAM BEACH 2016 レポート

初夏の幕張ビーチを熱くした「JAPAN JAM BEACH 2016」に、ローチケHMV-NEWS-が潜入。ライブのレポートをお届けします。

HMV&BOOKS online-音楽フェス|2016年05月23日 (月) 18:00


フェス・レポートへ戻る

[ALEXANDROS]に関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る