【インタビュー】沼倉愛美「叫べ」

2016年10月24日 (月) 18:00

|

HMV&BOOKS online - アニメ , HMV&BOOKS online - ゲーム


『THE IDOLM@STER』我那覇響役や『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』タカオ役などで注目を浴びていた声優・沼倉愛美が、2016年7月21日にソロアーティストデビューと『Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-』への出場を発表。大きな話題となったこの発表、そして8月のアニサマ本番を経て、いよいよ11月2日(水)にデビューシングル「叫べ」が発売となる。TVアニメ『魔法少女育成計画』のオープニングテーマでもある本作へ込めた想い、デビューへの意気込み、『魔法少女育成計画』という作品についてなども伺った、ロングインタビューをお届けする。


――この度のソロアーティストデビューに至った経緯をお教えください。

このデビューを支えてくださっているスタッフの皆さんは、『蒼き鋼のアルペジオ』という作品のTridentというユニットで活動していていたときの方々がメインになってくれています。Tridentとして、3年くらい前から仕事をご一緒させていただいてきたご縁と、私の意思が重なったタイミングでデビューということになりました。

私自身は、あまりこういった歌手活動には向いていないと思っていたのですが、いろいろなユニットで活動しているところをスタッフさんやファンの皆さんに観ていただいて、声を聞いているうちに「自分が思っている自分と、外から見えている自分は違うんだな」と思いました。それで、「本当に向いていないのかどうか確かめてみたい」と思うようになってきたんです。

そんなときに、今のスタッフの皆さんとお話する機会があって、タイミングやフィーリングが合うところを感じて、現在に至るという経緯になりますね。

――ソロアーティストデビューを発表し、その反響は大きなものでしたが、ご本人としての感想はいかがでしたか?

皆さんにはだいぶ驚いていただけたようで…それも良い意味でのサプライズにできた感じで、私自身すごく嬉しかったですし、安心しました。でも、ソロデビューと同時に『アニメロサマーライブ2016』への出場も発表したので、アニサマのほうだけを先に知った方々もいらっしゃって、「一人で何歌うの?」みたいにちょっと困惑している意見もありました。「いろいろな伝わり方があるんだなぁ」って少し楽しみながら見守っていました。

――デビューシングルは3曲入りですが、まずは表題曲の「叫べ」につきまして、聴きどころや楽曲のポイントをお教えください。

「叫べ」は、アニメ『魔法少女育成計画』のオープニングテーマとして作らせていただいた楽曲で、作詞も私がさせていただきました。強い疾走感や激しさがある中に、物悲しさや切なさという要素を、美しく盛り付けていったイメージです。『魔法少女育成計画』という作品は、”魔法少女”っていう綺麗で可愛らしい存在から、人間の醜さとか汚い部分が垣間見えるっていう、精神的にちょっとゾッとするような作風なので、この作品の独特な魅力を、この曲で表現したいなと思って作らせていただきました。

――仰った通り、「叫べ」は作詞を沼倉さんが手がけていますが、作詞においてのポイントや込めたメッセージをお教えいただければと思います。

『魔法少女育成計画』には16人の魔法少女が出てきますが、ひとりひとりが主人公のように描かれているので、特定の一人ではなくて、どこかに誰かの気持ちがきちんと乗っている歌詞にする、というところは強く心がけました。あと、原作小説やアニメのシナリオを読ませていただいて、「本当の意味で心の芯から強い娘っていうのがいないのかも?」って思いました。バトルでは強い魔法少女もたくさんいるんですけれど、みんなどこかしら心の弱さを感じたので、”弱い人”を描いた歌詞にしよう、とも思って書かせていただきました。

人間誰しも心の弱い部分を持っていると思うので、私自身のそういう部分ともリンクさせながら言葉を考えていきました。作詞は初めてだったので、試行錯誤というか…苦しんだ部分もたくさんあったんですけれど、何とか書き上げることができました。

――本作のタイトル、「叫べ」に掛けまして、最近「叫び」たくなるような出来事はありましたか?

ついこの間、後輩とディズニーランドに遊びに行って、いろんなアトラクションを観たり乗ったりしていました。その日の最後に、プロジェクションマッピングを使ったショーがあって、それもかなりいい場所で観られて、「なんて良い一日なんだ!」と思っていたら…最後の最後でガムを踏んづけてしまって…(笑)。おろしたての靴だったのに靴底にベッタリ張り付いてしまっていてショックでした。よりによって夢の国でそんなことをする人がいるとは…「夢の国なんだから綺麗にしようよ!」って叫びたくなる出来事でした(笑)。


――カップリングに収録の「言の葉」、こちらはバラードといった印象の曲ですが、聴きどころなどお教えください。

「叫べ」はすごく痛切というか、心がざわつくような楽曲なので、カップリングは心穏やかな曲が良いな、というリクエストをさせていただきました。「言の葉」は、”大事な人への愛”を歌った楽曲で、私の作詞ではないのですが、すごく共感できる良い歌詞が聴きどころです。恋人や家族、友人、誰に向けた”愛”に対しても当てはまる歌詞になっていて、私自身もしっかり読み込んでレコーディングに臨んだつもりでしたが、歌っている最中に歌詞がさらに心に入り込んできて、感動がこみ上げてきてしまい、ぐっと詰まる瞬間がありました。すごく印象的だったレコーディングから生まれた一曲です。

――もうひとつのカップリング収録曲「HEY!」はどういった楽曲でしょうか?

この曲は「バカみたいな曲」っていうリクエストで作っていただいた曲です(笑)。歌うっていうよりは、みんなで騒いで声出して、楽しくなれればオッケーみたいな曲がいいな、と思っていたので、まさにその通りの曲ができて、すごく嬉しかったです。これは皆さんの前で歌ったら、皆さんの声が聞こえてくる曲になると思いますし、今でも歌っていて楽しい曲なんですけれど、ライブだとさらに化ける曲と言いますか…「絶対に楽しくないワケがない!」という曲だと思いますので、今から皆さんの前で歌うのが楽しみです。

――このデビューシングルのジャケットやアーティストビジュアルのコンセプトをお教えください。

ビジュアルに関しては、私のリクエストというよりスタッフの皆さんからのオファーで出来上がった形です。私が出した案としては、”色”のイメージを聞かれたので、こういったソロアーティスト活動はまだ初めてで、「まっさらな状態なので”白”かな?」って伝えたことでしょうか。そこから白い衣装や、アーティストビジュアルのポーズが決まっていきました。ちなみにこのポーズは、「叫べ」のタイトルにちなんでいて、私が叫んでいるのではなく、誰かの「叫び」に耳を傾けているポーズなんです。いろんなビジュアルを撮影しましたが、最終的にこれが一番しっくりきたので、このポーズに決まりました。

――お話いただいたビジュアルイメージに沿った印象を受ける「叫べ」のミュージック・ビデオですが、描いているコンセプトや見どころをお教えください。

こちらも私の意向というより、スタッフの皆さんのプロデュースによる映像ですが、私が書いた歌詞をすごく汲み取っていただいた映像になっていると思いました。先程お話した、「叫べ」の歌詞は特定の一人ではなくて、いろいろな人の心情がどこかにこもっている、というところを恐らく感じ取っていただけたのか、二人の私を映像の中に作っていただきました。

このMVの見方はいろいろあると思いますが、私の解釈としては、”弱さ”の種類が違う二人の私が、それぞれ叫んでいるイメージで、すごく美しい映像にしていただきました。このMVができる前は、「叫べ」のサウンドに寄せた荒々しい映像になるのかな?と思っていたのですが、どちらかと言うと女性らしい美意識を持った映像になったと感じています。一見無機質っぽさもある美しい映像ですけれど、激しい感情や心の動きもきちんと描かれていて、私が歌詞に込めたものをすごく読み取って作っていただけていると、ありがたい気持ちでいっぱいです。

――表題曲「叫べ」はTVアニメ『魔法少女育成計画』のオープニングテーマです。沼倉さんも出演なさっている本作の見どころをお教えください。

個性がすごくバラバラな魔法少女が16人出てきます。この間、アフレコ現場でも話題になったのですが、普通、16人もいたらちょっとキャラが被ってくる娘も出てきたりすると思うんです。でも、『まほいく』はそういうところが無くて、満遍なく16の属性のキャラクターがいるのが何気にすごいと思います。「それって魔法少女なの?」って突っ込みたくなるような娘もいるんですけれど(笑)。

見た目は可愛らしくて綺麗な魔法少女たち16人が登場しますが、ストーリーは殺伐としていきます。回を重ねるごとにどんどん殺伐としていって、怖さが増していったりとか、どんでん返しがあったりとか、驚きがたくさん詰まっている作品だと思いますね。

――沼倉さんが演じる”リップル”はどんなキャラクターですか?

「手裏剣を投げれば百発百中」っていう魔法を持っています。魔法?というかスキルみたいなものなのですが…なかなかその魔法を活かす場面が来ないんです(笑)。でも、今後どこかで必ず活躍してくれると思います。あと、人間嫌いと言いますか、あまり人と関わりたくないっていう節がある娘です。そんなリップルが殺伐とした戦いに巻き込まれて、様々な想いを感じて、少しずつ変化していきます。実はすごく繊細な心を持っている娘なので、演じていて難しくも楽しいキャラクターです。

――ご自身が演じている”リップル”以外で、推しの魔法少女を一人選ぶとしたら誰でしょうか?

“スイムスイム”です。白いスク水の女の子で、喋り方もゆっくりでちょっと何を考えているのか分からないようなところがある…水瀬いのりちゃんが演じていて、すごく可愛い声の娘です。白スク水がすべてを持っていく見た目はもちろんですけれど、惹きつけられる得体の知れない怪しい魅力があって、物語の中でも重要な役割を持っています。


――「叫べ」の初披露は『アニメロサマーライブ2016』のステージでしたが、今振り返っての感想はいかがでしょうか。

作品を背負って何度か出演させていただいていましたが、その時はメンバーと一緒だったり、立ち位置もど真ん中ではなかったので、今回は今までとは全然違う景色が見えました。お客さん全員の目線が私に集中しているというのと、ステージの本当にセンターから綺麗にシンメトリーで見える会場の景色というのは、別世界だと思いました。本番前にはいろいろと不安や緊張もありましけれども、今は出演させていただいて本当に光栄な、感謝の気持ちでいっぱいです。

――そして、11月にはフリー観覧のリリースイベントが控えていますが、こちらへの意気込みをお聞かせください。

フリー観覧タイプのイベントはやったことがないので、果たしてどのくらいの人が集まってくれるのか読めないっていう不安も抱えつつ…私の歌を聴きに来てくれる皆さんだけではなく、たまたまその場に居合わせた方々にも歌を聴いていただけたり、私のことを知っていただけるチャンスでもあるので、皆さんの心を震わせられるように、しっかり練習しておかないと!と思っています。

――まだ始まったばかりのソロアーティスト活動かとは思いますが、今後の展望やチャレンジしてみたいことがあればお聞かせください。

やっぱりワンマンライブをいつかやってみたいと思っています。もしそれができるとしたら、どういうセットリストかな?どういう構成にできるのかな?と想像してみたりしますが…まだ全然楽曲がないので(笑)。まずは次のリリースに繋げられるよう、さっきのリリイベもそうですけれど、ひとつひとつ大切に積み重ねていきたいですね。本当にまだ始めたばかりで、知らないこと、学ぶこともいっぱいあると思いますし、ワンマンライブをやるために手に入れるべき実力っていうものを着々と身に着けていく段階だと今は思います。

――アーティストデビューされる声優さんに恒例で伺っている質問なのですが、沼倉さんが初めて自分の意思で買ったCDは何でしたか?思い出の一枚をお教えください。

鈴木亜美さんのアルバムです。確か私が10歳くらいの頃に出ていたアルバムだったと思います。(鈴木亜美 1stアルバム「SA」)当時、CDプレイヤーを買ってもらって「最初に何聴こう?」で買ったのが鈴木亜美さんのアルバムでした。本当にずっとリピートで聴いていましたね…しばらくそれしか持っていなかったのでずーっと。『ASAYAN』も見ていましたし、CDショップで大きく展開されていて、思わず手にとって買ったのを憶えています。

――それでは最後にファンの皆様へメッセージをよろしくお願いいたします。



沼倉愛美 デビューシングル「叫べ」2016年11月2日(水)発売


【初回生産限定盤】(CD+DVD)

叫べ 【初回生産限定盤】(CD+DVD)

CDシングル

叫べ 【初回生産限定盤】(CD+DVD)

沼倉愛美

価格(税込) : ¥1,980

会員価格(税込) : ¥1,782

まとめ買い価格(税込) : ¥1,624

発売日: 2016年11月02日

【通常盤】(CD Only)

TVアニメ「魔法少女育成計画」オープニングテーマ::叫べ

CDシングル

TVアニメ「魔法少女育成計画」オープニングテーマ::叫べ

沼倉愛美

価格(税込) : ¥1,430

会員価格(税込) : ¥429

発売日: 2016年11月02日


【ローチケHMVオンライン限定 購入者対象 抽選キャンペーン】


11月2日(水)発売の沼倉愛美「叫べ」をローチケHMVオンラインでご注文いただいたお客様の中から抽選で3名様にサイン入りチェキをプレゼントいたします。

《対象商品》
「叫べ」【初回生産限定盤】(VTZL-116)
「叫べ」【通常盤】(VTCL-35243)

※ご当選のお客様には商品と同梱でチェキをお送りいたします。
※当選は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

《抽選対象期間》
2016年11月9日(水)までの出荷分が対象となります。

《注意事項》
※ローチケHMV本サイト及びモバイルサイト以外からのご購入、非会員でのご購入は特典対象外となります。
※商品出荷のタイミングによっては応募対象期間を過ぎる場合がございますことをご了承下さい。
※HMV店舗、HMV@Loppi、他のECショッピングモールのHMVサイト(Yahoo!ショッピング、楽天市場、Amazon、DeNAショッピング、auショッピングモール)でのお買い上げは対象外です。

【ローチケHMVオンライン/HMV店舗 オリジナル特典】


《オリジナル特典》
複製サイン&コメント入りブロマイド

《対象商品》
「叫べ」【初回生産限定盤】(VTZL-116)
「叫べ」【通常盤】(VTCL-35243)

※特典は先着となっております。なくなり次第終了となりますので予めご了承ください。
※特典画像はイメージです。実物とは異なる場合があります。



沼倉愛美 プロフィール


神奈川県出身。2016年10月新作TVアニメ『魔法少女育成計画』OPテーマ「叫べ」で満を持してデビュー!『THE IDOLM@STER』我那覇響役や『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』タカオ役で注目を浴びる。その演技力はもちろんのこと、卓越した歌唱力とダンスは高いポテンシャルを持つ。代表作は『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』(タカオ)、『SHOW BY ROCK!!』(レトリー)、『アルスラーン戦記』(アルフリード)ほか。



沼倉愛美「叫べ」リリース記念フリーイベント開催


【日程】


11月6日(日)14:00 東京:東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
11月12日(土)13:00 愛知:名古屋近鉄パッセ 屋上イベントスペース
11月13日(日)13:00 大阪:あべのキューズモール 3Fスカイコート

【内容】


ミニライブ&握手会

※各会場とも観覧はフリーです。
※握手会への参加はCD(初回盤、通常盤とも)に封入される参加券(1枚につき1回)が必要となります。
※3会場とも「優先観覧エリア入場券」を当日配布いたします。配布時間等詳細は決まり次第お知らせします。


TVアニメ『魔法少女育成計画』作品情報


【イントロダクション】


16人の魔法少女による、残留をかけた、過酷な椅子取り合戦が始まる―!

魔法少女であるために、騙す、出し抜く、奪い合う。「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という運営からの一方的な通告のもと、一週間に一人ずつ、魔法少女がその資格を剥奪されていく。リスクを孕んだ、理不尽なゲームに囚われた16人の魔法少女は、黒幕の意図に翻弄されながらも自分が魔法少女であり続けるために策を練る。特殊な環境下で麻痺していく感覚。しかし、その中で魔法少女たちはそれぞれの想いを持って、この無慈悲な椅子取りゲームを受け入れていく――

美しくも可愛いキャラクターデザインと一般的な魔法少女のイメージとは不釣り合いな苛酷な描写、そして予測を裏切るストーリー。 読者や書店員による投票企画でシリーズとして上位にランクインするなど、ライトノベルユーザー大注目作品をいよいよテレビアニメーション化!

『ご注文はうさぎですか?』の監督を務めた橋本裕之がメガホンをとり、キャラクターデザインには『アクセル・ワールド』『四月は君の嘘』などを手掛けた愛敬由紀子、シリーズ構成・脚本も『四月は君の嘘』の吉岡たかを。そして、アニメーション制作は『がっこうぐらし!』『暗殺教室』のLercheが担当。

豪華スタッフ陣が贈る、魔法少女×サバイバルレース、ここに開幕――!

【プロモーションビデオ】



【放送情報】


・AT-X:10月1日より 毎週土曜日 24:00〜
・TOKYO MX:10月3日より 毎週月曜日 24:00〜
・BS11:10月3日より 毎週月曜日 24:00〜

【配信情報】


・GYAO!:10月4日より 毎週火曜日 12:00更新予定
・その他:10月7日より 毎週金曜日 12:00更新予定

《配信サイト》
ニコニコチャンネル・ニコニコ生放送/NETFLIX/Amazonビデオ/AbemaTV/U-NEXT・アニメ放題/J:COM オン デマンド/dアニメストア/フジテレビオンデマンド(FOD)/dTV/ゲオチャンネル/バンダイチャンネル/ふらっと動画/Google Play/YouTube/ひかりTV/PlayStation Video/TSUTAYA TV/Video Market/RakutenShowtime/DMM.com/VIDEX/HAPPY動画/ムービーフルPlus

※事業者によって配信のスタート時間が異なる場合がございます。

【スタッフ】


■原作:遠藤浅蜊(宝島社/このライトノベルがすごい!文庫『魔法少女育成計画』シリーズ)
■原作イラスト:マルイノ
■監督:橋本裕之(『ご注文はうさぎですか?』シリーズ)
■シリーズ構成・脚本:吉岡たかを(『四月は君の嘘』)
■キャラクターデザイン:愛敬由紀子(『アクセル・ワールド』)
■アニメーション制作:Lerche(『がっこうぐらし!』)
■プロデュース:GENCO
■オープニングテーマ:「叫べ」沼倉愛美(FlyingDog)
■エンディングテーマ:「DREAMCATCHER」ナノ(FlyingDog)

【キャスト】


スノーホワイト:東山奈央
リップル:沼倉愛美
ラ・ピュセル:佐倉綾音
トップスピード:内山夕実
カラミティ・メアリ:井上喜久子
ねむりん:花守ゆみり
ルーラ:日笠陽子
スイムスイム:水瀬いのり
ミナエル:松田利冴
ユナエル:松田颯水
たま:西明日香
マジカロイド44:新井里美
シスターナナ:早見沙織
ヴェス・ウィンタープリズン:小林ゆう
森の音楽家クラムベリー:緒方恵美
ハードゴア・アリス:日高里菜
ファヴ:間宮くるみ
ほか





©2016 遠藤浅蜊・宝島社/まほいく


%%message%%





インタビューへ戻る

沼倉愛美に関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る