【インタビュー】ナイトメア

2016年08月15日 (月) 00:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

バンドの意志を感じさせられる、特別なライブにしたい!


--- ナイトメアは4月2日に一時活動休止宣言をして、11月23日の東京体育館でのライブを最後に、一時的に活動を休止すると発表しました。そこでのライブはどういうライブになっていきそうですか?

YOMI: 「やっぱり、この16年のいいとこ取りのライブにしたいかなと思ってますね。」

咲人: 「でも、いわゆるベスト的な選曲のライブってあんまり面白くない気がしているので、単にベストアルバムのようなセットリストにはしたくないかな。俺的に、“あ、ここでこれやるんだ!”って思ってもらえるような流れを作っていけたらいいなと思っています。一時活動休止的なライブであるからこそ、単なるベスト的なライブにはしたくはないと思ってる。たとえばお披露目ライブとかだったらベストアルバム的なセットリストのライブでもいいと思うけど、ここで一旦バンドを止めますっていうときに、そういうライブはしたくないというか。ちゃんとバンドの意志を感じさせられる、特別なライブにしたいと思っています。」

YOMI: 「そうだね。11月23日は、単なるツアーファイナル的な1本でもないと思うからね。かといって、単に16年を振り返るライブにもしたくはないし。それでいて、ちゃんとナイトメアというバンドの集大成的なライブにはしたいとは思う。」

--- いつもライブのときのセットリストはどうやって決めているのですか?

咲人: 「案のある人が出すって感じかな。自分的には、今年のファンクラブライブでやったセットリストの案は、結果的に良かったんじゃないかなって思っているんです。敢えて懐かしめの曲とかベストっぽいところじゃないところからの曲を引っ張ってきてセットリストを組んだんです。それがファンの人の反応がすごく良かったから、多少の不安要素はあったけど、やって良かったなと。」

--- ナイトメアのライブといえば、絶対的な演奏力とMCで魅せるフランクな姿のギャップにもあると思います。

YOMI: 「昔は、ライブを引っ張っていく立場であるボーカリストが、ここまでくだけて大丈夫かな?っていう不安と葛藤もあったけど、今はそれこそが自分たちの個性だと思えています。だから自信を持って、そこを貫いたライブをしたいと思ってます。それから、この日どうしても魅せたい景色がある。ずっと大事にしてきた「Star[K]night」っていう曲は最近あまりやってないんだけど、それは東京体育館まで取っておこうってメンバーと話してたりはしてる。そこには特別な思いがあるからね。自分たちが魅せたいとこや、やりたいライブが、必ずしもファンが求めてるものではなかったりするからね。自分たちも納得いく形で、ファンの子たちが喜ぶ形に近づけていけたらいいなと。」

咲人: 「こういう節目のライブのセットリストって、みんながみんな全員が“最高だった!”っていう選曲は無理だろうから、極力みんながいいなって思えるものにしたいね。」


インタビュー・文/武市尚子
掲載・構成/月刊ローチケHMV編集部 8月15日号より転載

ライブ情報


■ NIGHTMARE LIVE 2016 NOT THE END

会場:東京体育館
プレリクエスト先行
(抽選)受付中〜8/21(日)23:59



NIGHTMARE (ナイトメア)

YOMI(Vo)、柩(G)、咲人(G)、Ni~ya(B)、RUKA(Dr)。2000年に仙台で結成。2003年に日本クラウンからメジャーデビュー。2006年にバップへ移籍。同年10月にリリースした「the WORLD」が『DEATH NOTE』のテーマソングに。2016年4月2日に一時活動休止が発表された。


%%message%%

アーティスト情報をフォロー



月刊ローチケHMVは毎月15日発行(無料)
ローソン・ミニストップ・HMVにて配布

8月15日号の表紙は、藤子・F・不二雄ミュージアム / 防弾少年団


インタビューへ戻る

NIGHTMAREに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る