サニーデイ・サービス 田中貴のお気に入り音源10選

2016年08月01日 (月) 18:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

ジャパニーズ・ポップ史に輝く名作『東京』のリリースから20年。
サニーデイ・サービスのニューアルバムは、その真髄が結晶化した、究極のポップアルバムとなった。

曽我部恵一のビタースウィート&シルキーなヴォーカル、メロウネスとメランコリーが宿る美しいメロディ群、めくるめくポップマジック。こうしたバンドの真骨頂が惜しげもなく注ぎ込まれた作品は、同時に、これまでとは明らかに異なる新たなサニーデイの魅力にも満ち溢れている。

永井博によるジャケット・イラストレーションに象徴されるようなブリージンな楽曲たち。新たな傑作・至福としか言いようのない作品が、8月3日サニーデイ・サービスから届けられる。

今回、そんなサニーデイ・サービスから、曽我部恵一、田中貴のお二人が最近どんな曲を聴いているのか教えてもらおうと企画を依頼した。それぞれ10曲ずつのチョイス。当ページでは、田中貴のお気に入り音源10選を紹介してもらう。ボズ・スキャッグス、オメガトライブ(!)から、レッチリ、エジプシャン・ヒップ・ホップまで。氏の最近のモードが大いに反映された10曲。各楽曲に対するレビューコメントも必読の内容だ。

サニーデイ・サービス 田中貴のお気に入り音源10選


01. Jon Brion 「Eternal Sunshine of the Spotless Mind Theme」


ミシェル・ゴンドリー監督『エターナル・サンシャイン』のサントラから。記憶を消す手術を受けたカップルの話。 映画の中で引用される、「忘却はよりよき前進を生む」はニーチェの言葉。夢なのか現実なのかわからなくなるような、この美しいピアノの調べを聴くと、僕は「忘れようとしても思い出せない」という鳳啓介の名ギャグが頭を駆け巡る。

02. Keren Ann 「Not Going Anywhere」


フランスのシンガーソングライター、ケレン・アンが全曲英語で歌ったアルバム。邦題「さよならは言わない」。 間奏のストリングスの響きに胸が締め付けられる。僕は、2003年に出たこのアルバムで彼女のことを知ったが、 他のアルバムも、Lady & Birdというユニットも好き。

03. いしだあゆみ 「夢でいいから」

http://www.dailymotion.com/video/x8qiwk_%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%A0%E3%81%82%E3%82%86%E3%81%BF-%E5%A4%A2%E3%81%A7%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%8B%E3%82%89_music

そもそも、「ひとりGS」の名曲として有名な A面曲「太陽は泣いている」目当てでシングルを買ったが、B面曲の方が断然好き。
作詞:林 春生 作曲・編曲:筒美 京平
作詞が男性だと知り、女性はこんなこと絶対思わないんだろうなと思うと、さらに切なくなる。

04. ザ・ピーナッツ 「私と私」


作詞:永 六輔、作曲・編曲:中村 八大
詩も曲もアレンジも演奏も、そして歌も、全てが素晴らしい。超一流のセンスと技術がある人たちだけがプロの音楽家だった時代。憧れます。

05. THE WORLDS OF LOVE 「You Belong To Me」


ジョー・スタッフォードで有名な曲のカバー。これはアート・リンゼイのDNAで有名なイクエ・モリと、デヴィッド・ガーランドらのユニットのヴァージョン。外国人が歌う日本語の曲は、なんともいえない雰囲気があって好きだが、逆もまた然り。他にも沢山のカバーバージョンがあるが、トニー谷によるバージョンも素晴らしい。

06. Neil Innes 「This Love Of Ours」


リフレインがもの悲しく美しい。コミックソング、パロディ、そしてこういう曲まで、どれがニール・イネスの本心なのかわからないが、とにかく全て好き。2014年のラトルズの来日公演は、奇跡のようだった。

07. 大江千里 「MAN ON THE EARTH」


清水信之さんのアレンジが好きで、YouTubeで色々漁っていた時にこの曲に出会った。クリスマスシングルのB面で、アルバムにも収録されてない曲。あまりに好きすぎて、12インチを中古で見つけるまで、何度YouTubeを再生したか。90年台前半の世界観を先取りしたかのようなこのPV、EPICソニーの音楽番組『eZ』でのオンエア用に作られたそうな。「犬は吠えるがキャラバンは進む」より7年も前、1986年にリリース。知らなかった青春を見つけてしまった。

08. mojoco 「青写真」


「あれから10年が経って 僕は何が変わった」
切なくて、美しくて、涙が出る。ぼくが会いたかった音楽。現在はmojocoとしての活動は休止しているようだが、ボーカルの園部くんがソロで地元の高知を中心に活動している。

09. Pizzicato five 「きみみたいにきれいな女の子 album ver.」


シングル ver.より、こちらの方が好き。小西さんの曲で一番好きかも。野性爆弾の川島氏がガキの使いの七変化に出た時、この曲を使用。その時の動画もYouTubeにも転がっているが、コントのインパクトがあまりに強いので、先にそちらを見ることは絶対におすすめしません。常々、夜の首都高を一人でドライブしながら聴くには最高の曲だと思っていたが…(笑)

10. ビートたけし 「CITY BIRD」


ボーカルの圧倒的な存在感と、清水信之さんの感動的なアレンジ。この曲を聴いていた中学生の頃、夢見た東京の街は四谷三丁目だった。僕の中のアーバン・ブルーズ。オリジナルは滝沢洋一。昨年CD化された唯一のアルバム「レオニズの彼方に」は佐藤博アレンジのシティポップ名盤。そして、後に出たシングルのB面だったこの曲(徳武弘文さんアレンジ)も収録された。オリジナル・バージョンは一生聴くことは出来ないと思っていただけに、感動はひとしおだった。

曽我部恵一の選ぶ10曲はこちら

サニーデイ・サービス 曽我部恵一のお気に入り音源10選

ボズ・スキャッグス、オメガトライブ(!)から、レッチリ、エジプシャン・ヒップ・ホップまで。氏の最近のモードが大いに反映された10曲。

HMV&BOOKS online-邦楽・K-POP|2016年08月01日 (月) 18:00



『東京』から20年後の金字塔

ご購入はこちら




<収録曲>

1. I’m a boy
2. 冒険
3. 青空ロンリー
4. パンチドランク・ラブソング
5. 苺畑でつかまえて
6. 血を流そう
7. セツナ
8. 桜 super love
9. ベン・ワットを聴いてた

ライブ情報




サニーデイ・サービス OFFICIAL WEB
http://rose-records.jp/artists/sunnydayservice/

%%message%%

アーティスト情報をフォロー

サニーデイ・サービス

1992年から、2000年12月で活動を終えたサニーデイサービス。はっぴえんどチルドレンとして注目を浴び、作品...



サニーデイ・サービスに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る