日本人ギタリストのマサ小浜参加 ファンタスティック・ネグリートがグラミー受賞

2017年02月14日 (火) 11:25

|

HMV&BOOKS online - 洋楽


(UPDATE:2/14)
先日開催された第59回グラミー賞授賞式で、Best Contemporary Blues Album(最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム)部門にノミネートされていたファンタスティック・ネグリートの『The Last Days Of Oakland』が見事受賞した。自身のSNSでも受賞の喜びとこれまでのファンからのサポートに対する感謝の気持ちを投稿している。

また同作には、数多くの著名アーティストの作品やコンサートに参加している日本人ギタリストのマサ小浜が全面参加しており、日本国内でもファンタスティック・ネグリートの存在に注目が集まりそうだ。



Great Speech by xavier aka fantastic negrito ファンタスティックネグリートのグラミー スピーチ

マサ小浜さん(@masakohama1)がシェアした投稿 -



メディア絶賛、ファンタスティック・ネグリートとは何者か


(ORIGINAL POST:2016/7/7)
NPR や WIRED が特集し、クラシック・ロック・マガジンやガーディアン、アンカットでも高得点を獲得と大絶賛の2016年注目のコンテンポラリー・ブルース・シンガー、ファンタスティック・ネグリートの最新アルバム『The Last Days Of Oakland』。

オークランドを拠点にしているアーティスト、ファンタスティック・ネグリートは、かつてザビエル(イグザヴィア)名義でインタースコープからメジャーデビューしたことのある才能の持ち主だが、何年かの沈黙を経て遂に復活した。

ブルースファンのみならず、拘りのミュージック・ラヴァーから支持を集めそうな、ブルースをモダンに表現したパッション溢れる傑作だ。

波瀾万丈な人生も彼のブルージーな歌にさらに彩りを添える。
ネグリットはマサチューセッツ州生まれで、ソマリアの血を引く厳格な家で育つ。80年頃にオークランドに移住してから父と対立、たった12歳で家を飛び出し、青春の殆どをストリートで過ごす。彼が家出した2年後に他界した父とは会えずじまいであった。 時代はヒップホップ、パンクが盛り上がっていた頃、彼は楽器に興味を持つようになり、当時、バークリー大学の練習室に学生のふりをして勝手に忍び込み、ピアノを学ぶ。プリンスの『Dirty Mind』が大のお気に入りで、音楽制作に没頭し、90年代までには楽器も演奏でき、曲も書くことが出来るようになったという。しかし、その頃、まだハスラー生活から抜け出せずにおり、拳銃を購入する際に強奪に合い、命からがらその足でLAへ移ることに。

移住先のLAでは、音楽で食べて行くことを決心。デモテープを配り歩きながら、ある時、プリンス等のマネージャーをしていたジョー・ラファーロと出会う。その後、ジミー・アイオヴィンがCEOを務めていたインタースコープと契約。1995年に『The X Factor』で晴れてメジャーデビューを飾り、当時日本盤も発売された。

しかしセールス的にはパッとせず、フージーズやアレステッド・デヴェロップメント、デ・ラ・ソウルらとツアーをするも後押しとはならず、メジャーにいながらも自身の音楽をどうしてよいかわからぬ時期が続いたという。

そんなぬかるみにはまっていた1999年、自動車事故に合い、3週間昏睡状態になるほど大けがを負う。この事故で彼の手は殆ど動かなくなってしまい、その後のハードなリハビリを余儀なくされたという。そんな中、インタースコープから契約を切られてしまう。治療費はかさみ、生活費を稼ぐためにテレビ番組や映画に楽曲を提供、ナイトクラブで仕事をするまでになっていたが、全てが嫌になり音楽を捨て故郷、オークランドに戻ることとなる。

ネグリットは楽器を全て売却し、鶏を飼い、野菜を育てる生活を数年過ごしたが、まだ幼児だった息子をあやすためにギターを弾くようになり、自然と音楽活動を再開することに。一度は捨てた音楽だが、ハードな経験を積んだことで、かつては古臭いものとして除外していたアメリカン音楽のルーツであるブルースに傾倒。自分がやるべき音楽を見つけ、レコーディングを開始するようになったという。

人生は小説よりも奇なりと言ったものだが、彼のバイオを簡単に訳しただけでもドラマティックさがわかるだろう。しかしそんなプロフィールを知らなくともファンタスティック・ネグリットのアルバムを聴けば、その完成度の高さに感動を覚えるはず。来年くらい、フジロックに呼んで欲しい。





国内盤

Last Days Of Oakland

CD

Last Days Of Oakland

Fantastic Negrito

価格(税込) : ¥2,592

会員価格(税込) : ¥2,385

発売日: 2016年09月07日

輸入盤

Last Days Of Oakland

CD輸入盤

Last Days Of Oakland

Fantastic Negrito

価格(税込) : ¥2,160

会員価格(税込) : ¥1,879

発売日: 2016年06月03日

購入不可

第59回グラミー賞結果はこちら

アデル5冠 第59回グラミー賞受賞アーティスト決定

世界で最も栄誉ある音楽賞、第59回グラミー賞の受賞作品、アーティストが決定し、アデルが主要4部門のうち3部門を制覇した。

HMV&BOOKS online-洋楽|2017年02月13日 (月) 14:00

第59回グラミー賞関連まとめ

【ニュースまとめ】第59回グラミー賞

遂に発表された第59回グラミー賞ノミネーション。日本時間で2017年2月13日(月)に行われる授賞式まで、各ノミネート・アーティストの最新情報をお届けする。

HMV&BOOKS online-洋楽|2016年12月09日 (金) 12:50

%%message%%



HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る