無人島 〜俺の10枚〜 【ミツメ:nakayaan 編】

2016年05月26日 (木) 18:00

|

HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP

2011年、各方面から絶賛された1stアルバム『mitsume』リリース以降、『eye』『ささやき』では録音物でしか表現できない作品アプローチでそのサウンドを進化させてきたミツメ。2年4ヶ月の時を経てリリースされる待望の新作『A Long Day』は一転《バンドで演奏する》事に重きを置いた作品だ。
《出来るだけエフェクトやオーバーダビングを用いずに》そんなある種の制約のもと作られたは本作は、かえって際限なくポップなミツメサウンドが広がる中毒性の高い1枚に仕上がった。ライブでの演奏も楽しみだ。

今回、また新たな扉を開いたミツメの4人が「無人島企画」に初登場。各メンバーが“今”選ぶ10枚とは?『A Long Day』と共にお楽しみいただきたい。

無人島 〜俺の10枚〜 【ミツメ:nakayaan 編】
音楽好きには、超定番の企画“無人島 〜俺の10枚〜” !!なんとも潔いタイトルで、内容もそのまんま、無人島に持って行きたいCDを10枚チョイスしてもらい、それぞれの作品に込められた思い入れを思いっきり語ってもらいます!ミュージシャンとしてルーツとなるもの、人生を変えた一枚、甘い記憶がよみがえる一枚、チョイスの理由にはそれぞれのアーティストごとに千差万別です!今回のお客様は、ミツメ からnakayaanが登場。
無人島 〜俺の10枚〜 【ミツメ 編】まとめはこちら
無人島 〜俺の10枚〜 過去のArchiveseはこちら


can 「Ege Bamiyasi」
無人島が似合うサウンドだ。ダモのプリミティブなvoも前向きに生きる糧となるだろう。


palais shanburg 「palais shanburg」
たとえ無人だろうが彼らのような"攻め"の姿勢を失いたくない。


Lindstrøm 「Six cups of rebel」
たとえ無人だろうが彼の鋭利でキャッチーなビートで踊りたいときもあるだろう。


Prince 「Prince」
たとえ無人だろうがプリンス2ndの胸の高鳴りを忘れたくない。


miheal bundt 「Just landed cosmic kid」
無人島で聴くブントのサウンドは格別だろう。ぶっといシンセですぐにトリップしてしまう。


The raincoats 「The raincoats」
女子たちの奏でる瑞々しく危ういアンサンブル、これさえあればいつも心に”新鮮”な気持ちを保つことができるはずさ。


Pyrolator 「Wunderland」
動物の鳴き声がやかましいim Zooから始まり、終始イカれた異世界を演出する本作は持っていきたい。無人島での生活が愉快になるはずだ。


tom ze 「The Hips Of Tradition」
無人島での生活は暇との戦いでもあるだろう。トンゼーは聴いていても楽しいし、空耳の一つや二つ発見してさらに楽しく過ごせるかもしれない。


KOHH 「Dirt」
まさに"今"、命を削って生きるKOHHのrapに鼓舞されることで、無限に続く無人島の時間もかけがえのないものに感じられるかもしれない。


Pavement 「Wowee Zowee」
KOHHの鬼気迫る感じが食傷気味になることもあるだろう。そんなときはペイブメントの1番だらけたアルバムを聴くのさ。


ご購入はこちら

A Long Day

CD

A Long Day

ミツメ

価格(税込) : ¥2,700

会員価格(税込) : ¥2,484

まとめ買い価格(税込) : ¥2,295

発売日: 2016年06月08日


<収録曲>

01. あこがれ
02. 天気予報
03. 忘れる
04. 真夜中
05. オブジェ
06. 船の上
07. 漂う船
08. キッズ
09. 霧の中
10. 幸せな話




%%message%%

アーティスト情報をフォロー



ミツメに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る