木村カエラx岸田繁 新曲が映画「バースデーカード」主題歌に

2016年05月06日 (金) 04:00

|

HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP , HMV&BOOKS online - 映画・TV

−天国の母から届くカードには、母の愛が生きていました。−

誕生日に毎年届く、亡き母からの“バースデーカード”。それは、最愛の娘の成長を見守ることが出来ないことを悟った母が、ありったけの愛を込めて綴った未来の娘への“手紙”…。

バースデーカードを通して成長していく娘・紀子(17―25歳)を演じるのは若手実力派女優・橋本 愛。

紀子が10歳の時に若くして病死し、バースデーカードを書き残す母・芳恵に宮アあおい。

家族を温かく見守る紀子の父・宗一郎にはユースケ・サンタマリア。一家のムードメーカー的存在の紀子の弟・正男に須賀健太。

個性豊かな実力派俳優が集結し、この秋スクリーンで観る者の心を温かくし、爽やかに涙する映画が誕生。


映画「バースデーカード」の主題歌が、木村カエラの新曲『向日葵』に決定した。新曲『向日葵』は、カエラが脚本を読み込み、オールラッシュを観て本作のために書き下ろした新曲。映画主題歌としては『チェブラーシカ』(2010年)以来、6年ぶりとなる。

作曲は、くるりの岸田繁が担当。カエラがこれまで「一緒にひとつの楽曲をつくりあげたい!」と念願していた岸田との奇跡のコラボレーションがついに実現した。この楽曲は大切な人との出会いをまっすぐに咲く向日葵になぞらえてあたたかなメロディーとストレートな歌詞で表現している。またひとつ、カエラの代表曲が誕生した。

くるりの岸田は、2006年に初めてカエラのオリジナルアルバム『Circle』収録の「Dancing now」に作曲者として参加。一方カエラは、映画「天然コケッコー」(2007年)、映画「奇跡」(2011年)を観て、そこで流れていたそれぞれのくるりの映画主題歌「言葉はさんかく こころは四角」、「奇跡」に心を動かされた。

どちらの楽曲もカエラにとって大好きな曲となり、「言葉はさんかく こころは四角」はカエラの5周年記念ベストアルバム『5years』(2010年)にカバー収録し、「奇跡」はくるりが主催する音楽フェスティバル《京都音楽博覧会》(2007年〜現在まで毎年開催、カエラは2012年と2015年に出演)にてライブカバーした。

カエラの大好きなくるりの2曲は、ともに映画主題歌として心動かされたため、自らが映画主題歌を書き下ろすときは、くるりとの共作をずっと心に描いていました。今回、映画「バースデーカード」の主題歌書下ろしを機に、映画「天然コケッコー」から9年の時を経て、映画主題歌としては初めてくるりの岸田とのタッグが実現することとなった。

木村カエラ  コメント

私は18歳の時、親も一人の人間だったんだ。と気づいた時がありました。それまでは、母親はどんな時でもお母さんだったのに、強いところも弱いところもある、私と同じ人間なんだと。

映画の中で橋本愛さん演じる娘の紀子が、宮アあおいさん演じる紀子の母親が、一人の人間として日々と葛藤し、弱さと闘う姿を見せるシーンがあります。紀子が成長したことを感じ、そして母親が紀子へ残したかったものがそこには、しっかりと存在する…とても大好きなシーンです。

今回、映画を拝見して書き下ろした主題歌には『向日葵』と名前をつけました。『向日葵』の花言葉は【あなただけをみつめている】。母親にとって子供は太陽。雲で隠れ、その輝きを無くしてしまわないように、いつもどんな時もその光だけを見つめている母親の姿と、太陽の方向を見て咲くひまわりとを重ね歌詞を綴りました。

くるりの岸田さんが作曲した温かくも切ないメロディーは、私の書く言葉をとても素敵な世界へ連れていってくれました。?田監督とキャストのみなさんが作られた、このすばらしい作品に参加できてとても光栄です。

岸田繁 コメント

カエラの歌は、自分にとってのインスピレーション。
彼女のために曲を書くということは、とても自然なことなんです。

橋本愛 コメント

カエラさんとくるりの岸田さんという敬愛するお二人の共同製作と聞いて、それだけで大興奮!でしたし、物語の終わりに流れる音楽というのは、映画において本当に重大な意味や影響があると思っているので、今回この向日葵という曲に、間違いなく映画の格を底上げしていただいたと思っています。
本当にいい曲。大好きです。
ありがとうございました!

吉田康弘監督 コメント

ラストシーンの最中に流れ始める、存在感のある主題歌が欲しいとリクエストしました。細かいパスは我々の方で繋いでいくので、最後にドーンッと思いっきりシュートを打ち込んで下さい。そうお願いして、この曲をあげて頂きました。シンプルで力強い曲です。優しくて暖かくて切ない唄声です。 それでいて、幸せが溢れているのです。
だから僕は、初めてこの主題歌を聞いたとき、泣きそうになりました。


ストーリー

21世紀のキに、子供と書いて紀子。いま、この時代に、確かに私という人間が存在した、という意味を込め、パパが付けてくれた名前です。小学生時代のあだ名は「泣き虫のりこ」。引っ込み思案な性格で、クラス対抗のクイズ大会では、パパとママ、弟の正男と家族総出で協力してくれたのに、勇気が出せず一問も答えられませんでした。落ち込む私をいつも励ましてくれるのがママでした。優しくて、明るくて、そんなママのことが大好きでした。このままずっと隣にいて安心させてくれる、と当たり前のように思っていました。10歳の誕生日までは・・・。

ママは病気に勝てず天国に行ってしまったのです。ママと過ごす最後の年になってしまった10歳の誕生日。ある約束をしました。それは20歳を迎えるまで私たち姉弟に毎年手紙を贈ること―。

翌年訪れた、母がいない11歳の誕生日。本当に手紙が届きました。“11歳ののんちゃんへ これからのんちゃんが二十歳になるまで、毎年手紙を贈るので楽しみにして下さい”12歳の手紙には美味しいお菓子のレシピが書いてあり、クラスの人気者になれました。13歳は学校をさぼって映画鑑賞のススメ、14歳はなんとキスの手ほどき! 17歳の時には、初めてママの故郷・小豆島に行き、中学生時代のママを知ることに。行動力があって、私とは大違い。本当に同じ遺伝子が入っているのか心配になるくらい。。。19歳の時はすぐに手紙が開けられなかった。もう此処にはいないママに人生を決めれている気がして・・・。

こうして、私に残された手紙はあと1通になりました。20歳を迎えた最後の手紙。そこには10年前私が投げかけてしまった質問の返事が記されていました――『ママは希望通りの人生が送れている? 満足できている?』。小学校のクイズ大会で一問も答えられず落ち込む私を励ましてくれたママ。でも私は『期待しないで欲しい』と振り切ってしまったのでした。その後ママは「ごめんね」と泣いていました。私はそこからずっと、ママにかける言葉を探していたように思います。ママの“答え”を読んだ後、私は決心しました。リベンジしよう。10年前のあの日をやり直すために・・・!

たくさんの出会いと経験を経て、私が変われるチャンスを手紙はくれました。さらにチャーミングなママは、まだサプライズを用意してくれていました。最後に思いがけないプレゼントが待っていたのです・・・!

橋本 愛 ユースケ・サンタマリア 須賀健太 / 中村蒼 / 宮アあおい
監督・脚本:吉田康弘
(c)2016「バースデーカード」製作委員会
【公式サイト】birthdaycard-movie.jp

%%message%%

木村カエラに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る