行ってきました!JAPAN JAM BEACH 2016 レポート

2016年05月23日 (月) 18:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス , HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP

夏の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」、冬の「COUNTDOWN JAPAN」に加え、もはやゴールデンウィークの定番と言えるロッキング・オン・ジャパン企画制作のフェスティバル「JAPAN JAM」も今年で7回目。昨年からは舞台を幕張海浜公園の特設会場に移し、名称も「JAPAN JAM BEACH」に変更・進化を遂げたフェスが今年も開催された。ビーチサイドという最高のロケーションで、潮風を感じながら音楽を楽む事が出来る「JAPAN JAM BEACH」。名称通りアーティスト同士のセッション、JAMが観られるのもこのフェスの大きな特徴だ。
今年は、急速に発達した低気圧の影響により5月4日の公演が中止という悲運に見舞われたが、5月3日、5日の2日間、のべ38,701人が熱狂。全36組のアーティストが熱演を繰り広げた。
初夏の幕張ビーチを熱くした「JAPAN JAM BEACH 2016」に、ローチケHMV-NEWS-が潜入。ライブのレポートをお届けします。
取材・文: 松井 剛 (ローチケHMV-NEWS-)
写真提供:rockin'on japan

DAY1 : 5/3 (TUE)


動員:16,846人

気候も良く海風も心地よく頬を撫でる中、幕を開けた「JAPAN JAM BEACH 2016」。go!go!vanillas、東京カランコロンというこれからの世代を担うアーティストが口火を切ると、SKY STAGEでは、ゴールデンボンバー、グループ魂が立て続けにエンタテインメント性の高いステージで会場を盛り上げる。POLYSICS、Czecho No Republic、クリープハイプ、ZAZEN BOYS、グッドモーニングアメリカら8組がセッション・ゲストを迎え、3日間の中で最もスペシャルステージの多い初日となった。終盤は、発達しだした低気圧の影響で強風が吹きつける中、ASIAN KUNG-FU GENERATION、きのこ帝国ら悪条件をむしろ味方につけたステージを披露した。

of


Pick Up レポート

ASIAN KUNG-FU GENERATION

【ライブレポ】ASIAN KUNG-FU GENERATION / JAPAN JAM BEACH 2016

強風が吹き荒れる悪条件の中、力のこもった、しかしリラックスした演奏が全編に貫かれ、セットリストも最強。観客も無心にサウンドを楽しむ素晴らしいアクトとなった。

HMV&BOOKS online-音楽フェス|2016年05月26日 (木) 19:00


Pick Up レポート

ZAZEN BOYS | セッションゲスト:サイプレス上野、チプルソ

【ライブレポ】ZAZEN BOYS / JAPAN JAM BEACH 2016

2010年のスタート当初よりJAPAN JAM皆勤賞の向井秀徳。毎度どんなゲストを迎え撃つかにも注目が集まるが、今回彼らが選んだのは、二人のラッパー。

HMV&BOOKS online-音楽フェス|2016年05月25日 (水) 18:00


Pick Up レポート

クリープハイプ | セッションゲスト:渋谷龍太(SUPER BEAVER)、石崎ひゅーい

【ライブレポ】クリープハイプ / JAPAN JAM BEACH 2016

初夏、海風、クリープハイプ。冒頭の3曲で既に最高だったが、SUPER BEAVER 渋谷龍太、石崎ひゅーいと共演。さらにビーチに響き渡る「セックスしよう」

HMV&BOOKS online-音楽フェス|2016年05月23日 (月) 18:00


Pick Up レポート

グループ魂 | セッションゲスト:遠藤賢司

【ライブレポ】グループ魂 / JAPAN JAM BEACH 2016

フェスの常連とも言える、阿部サダヲ、宮藤官九郎らによるグループ魂。今回彼らがセッションゲストに迎えたのは、御年69歳の純音楽家、エンケンさんこと遠藤賢司。

HMV&BOOKS online-音楽フェス|2016年05月23日 (月) 18:00


Pick Up レポート

ゴールデンボンバー

【ライブレポ】ゴールデンボンバー / JAPAN JAM BEACH 2016

SKY STAGEのトップバッターとしてラインナップされたゴールデンボンバー。エンターテインメント性の高いステージで、もはやフェスには欠かせない存在だ。

HMV&BOOKS online-音楽フェス|2016年05月23日 (月) 18:00


DAY2 : 5/4 (WED)


急速に発達する低気圧の影響により、会場内の安全が確保できないため開催中止

DAY3 : 5/5 (THU)


動員:21,855人

残念ながら開催中止となってしまった2日目。実際にステージ上に立っていられない程の強風が吹き荒れ、ステージライトなど骨組以外の装飾部分などは一旦バラし、退避したそうだ。3日目は何としても開催しようと、スタッフ総出、徹夜の頑張りで、ステージは組み直された。実際、開場時には、SKY STAGEは完成しておらず、ギリギリまで作業をするスタッフの姿が見えた。おかげでステージは、何一つ妥協しない完璧な状態。
そうして迎えた3日目は、これ以上にないフェス日和。”夏フェス”と言ってしまって良いほどの快晴に恵まれた。 総合プロデューサー・渋谷陽一の ”最高の1日にしよう” が響きスタートした「JAPAN JAM BEACH 2016」最終日。

でんぱ組.inc、フレデリック、The Mirrazが、それぞれのステージを最高の形で開幕させると、キュウソネコカミ、THE ORAL CIGARETTESらが白昼のステージを更に熱くさせる。夕暮れ時のMrs. GREEN APPLE、そして[Alexandros]。BLUE ENCOUNTの熱い語りとパフォーマンス。最後は、サカナクションの、音楽性・パフォーマンス・演出全てがケタ違いなパフォーマンスで、JAPAN JAM BEACH 2016は大熱狂のうち幕を閉じた。

of


Pick Up レポート

サカナクション

【ライブレポ】サカナクション / JAPAN JAM BEACH 2016

意外にも初登場となるJAPAN JAM。音楽性・パフォーマンス・演出全てがケタ違いな、圧巻のステージで僕らを魅了してくれた。

HMV&BOOKS online-音楽フェス|2016年05月23日 (月) 18:00


Pick Up レポート

[Alexandros]

【ライブレポ】[Alexandros] / JAPAN JAM BEACH 2016

夕暮れ時、空が最も美しく輝く時間帯に[Alexandros]が登場。オレンジ色に染まった空に見事に映えるロックバラード「Adventure」でそのライブをスタートさせた。

HMV&BOOKS online-音楽フェス|2016年05月25日 (水) 18:00


Pick Up レポート

BLUE ENCOUNT | セッションゲスト:金井政人(BIGMAMA)

【ライブレポ】BLUE ENCOUNT / JAPAN JAM BEACH 2016

昨年のJAPAN JAM BEACHには、トップバッターとして出演したBLUE ENCOUNT。たった1年で急成長を遂げ、今年はSUNSET STAGEのトリとして帰還した。

HMV&BOOKS online-音楽フェス|2016年05月24日 (火) 18:00


Pick Up レポート

キュウソネコカミ

【ライブレポ】キュウソネコカミ / JAPAN JAM BEACH 2016

最高に快晴の真昼間。キュウソネコカミのパフォーマンスに期待を膨らます観客が、開演前から続々とSKY STAGEに集結。

HMV&BOOKS online-音楽フェス|2016年05月31日 (火) 18:00


Pick Up レポート

夜の本気ダンス | セッションゲスト:フレデリック

【ライブレポ】夜の本気ダンス / JAPAN JAM BEACH 2016

夜の本気ダンスとフレデリック。フロアをダンスさせる最強の2バンドが共演に選んだ楽曲は、SUPER BUTTER DOGの「コミュニケーション・ブレイクダンス」。

HMV&BOOKS online-音楽フェス|2016年05月25日 (水) 18:00


「JAPAN JAM BEACH 2016」フォトギャラリー


of



%%message%%

JAPAN JAM 情報をフォロー

関連情報

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016」第2弾出演アーティスト発表

アジカン、KEYTALK、ブルエン、フォーリミ、ゲス乙女、スキマ、クリープハイプ、KREVA、でんぱ組、フジファブリック、グドモ、モンパチら25組。あわせて出演日も発表された。

HMV&BOOKS online-音楽フェス|2016年05月13日 (金) 19:36

昨年のレポートはこちら

ライブレポートへ戻る

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る