セリーヌ・ディオン ラスベガス公演に復帰

2016年02月05日 (金) 12:00

|

HMV&BOOKS online - ロック


先月に最愛の夫であるレネ・アンジェリルを亡くしたセリーヌ・ディオンがラスベガス公演に復帰した。

長年に渡る咽喉がんの闘病生活の末、先月にレネが他界したことでシーザーズ・パレスのザ・コロッセオでの常設公演をキャンセルしていたセリーヌだが、夫の想いを引き継ぐためにステージへと復帰した。

セリーヌは観客にその胸中を明かした。
「このステージは私の第2の故郷のようなものです。そうはいっても、自宅ではすっかりリラックスできるはずなのに、ここで今リラックスできるかと言えばそれは分かりません」

「でも、ここにいると愛を感じるんです。夫の強さと温かみが、みなさんに映し出されているんです。レネはいつも私たちを信じてくれた最高の人たちと一緒にいられるよう、私の代わりに一生懸命尽力してくれたんです」

そして終了時には「私たちの家族を代表して、私の愛する人への美しい追悼となる今夜に私たちと一緒にいて下さることにお礼を申し上げます。レネ、愛しているわ。ありがとうございます。おやすみなさい」と締めくくってステージを去った。

そんなセリーヌは先日、ファンからの応援に感謝のメッセージを送っていた。「私と家族たちはここ数日間に渡って私たちを支えてくれた多くの人たちからの溢れんばかりの愛情と応援に心から感激しています。皆さんのレネへの愛情や祈り、思いやりの心はこの難しい時期において皆さんが思っている以上にとても私たちの助けとなっています。心からお礼申し上げます」

Celine Dionに関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る