【全曲解説】 Robert de Boron 『nostalgic』

2016年01月19日 (火) 13:00

|

HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP , HMV&BOOKS online - 洋楽

緻密なビートメイクに美しいメロディラインとラップ・ボーカルがのるメロウ・ヒップホップ。その第一人者でもあるRobert de Boronが自身初となる、ベスト盤『nostalgic』をリリースした。今作のベスト盤では、過去の作品から12曲をリマスタリング。重厚感や音質がよりアップデートされ、Robert de Boron納得の仕上がりになっている。更に2曲の新曲を加えた合計12曲を収録。このベスト盤『nostalgic』収録楽曲をRobert de Boron自身に解説して頂いた。


01. Shine A Light pt.2


Shine A Lightシリーズはもうpt.5まであるんだけど、どれを入れるか迷う事なくこの曲を入れました。理由は一番の人気曲ってのもあるけど、曲が出来上がったのが東日本大震災の前、でリリースが3.11の後、Awaの詩の内容や曲調含めいろんな意味で思い入れがあるんです。僕の曲でも人の心を優しくできる、ってそんな想いが交差した一曲なんです。

02. Jenny


この曲は1stアルバムからの選曲です。1枚目のアルバムはとにかく尖っていた 笑。自分自身もきっと尖っていたんだと思います。作っていたのは冬、どこか曲に冬っぽさを感じれると思います。シンガーもラッパーも曲にガッチリ噛み合った、そんな曲に思います。

03. Chiru(Saisei no Uta)


Chiruはもう一つの曲3rdアルバムに入っている、Saisei no Utaと表裏一体です。花や葉が散って行くところをイメージしました。四季のある日本。そんな情景を曲から感じれたら嬉しいです。

04. It's Never Too Late


この曲はシンガーのAwaが来日したその日にレコーディングした曲、天才。彼は間違いなく天才で、そんでもって努力家なんですよ、妥協しないし、出来るまでやめないチャレンジする。曲の内容は切ないです。が僕の中ではレコーディング中のAwaが出てきて俺も頑張ろうって思える曲です。

05. Love Out of Sight


1stには色濃く出ていたJazzyな曲調です。オシャレな曲ですよね、いままた改めて聴き直すとまたこう言った曲を作ってみたくなります。ループで聴いてもらうにはJazzyな要素は心強いんですよ。

06. Carry On


歌っているTaro Miuraは2ndアルバム、3rdアルバム、4thアルバムと4回歌ってもらってるかな?音的には相性良いです。また一緒にやれる日が来るといいですね。

07. Shine A Light pt.4


夏を曲に閉じ込めようと初の試みで作った曲です。これは明らかに夏に作った曲、ウクレレを買って楽しく作った曲ですね。山をイメージする曲や、川をイメージする曲を作るのは難しいけど、海は懐が広い。僕の音楽にもあってくれたんですよね。

08. All On The Table


これを歌ってくれたMagnetic Northとは2曲やってるかな?そのうちの1曲、3rdアルバムからの選曲です。アコギを初めて前面に出した曲です。アコースティックギターはアタックが強いから僕のオケに馴染ませるのにはとても苦労しました。と、アコースティックギターを始めて1年未満だった、プレーも苦労しました。でもいい曲でしょ?笑

09. Be Okey


4thアルバムには2曲のリード曲があって、Shine A Light pt.5 feat,SamOck とこの曲。Be Okeyで、どっちかを選ぶのに迷ったんです、でも迷った時はファンに聴くことを心掛けてる。Be Okey好きな人が多かったのも理由です。みんなありがとね!曲も7.8.9曲目と非常に繋がりよくいい感じです。

10. Home


この曲は2ndアルバムからの選曲、もう聴けばノスタルジーな心になれるでしょ?笑 歌っているTunjiはあのKendrick Lamar(ケンドリックラマー)のA&Rで育ての親。流石ですよ、天才にちょくちょく出会えて僕は幸せです。ちなみにHomeにはpt.2があります。3rdに入ってます。と。この場を借りてpt.3まだ?Tunji?笑

11. In The Rain


ベストアルバムには、2曲新曲を入れました。、その、一つがこの曲です。いままで制作してきた曲とはかけ離れたアプローチを!と、考えてましたが、Robert de Boron はここだよなって所に落とし込みました。ベストアルバム全体を考えた結果ですね。でも気に入ってます。

12. Take Your Turn


この曲はちょっと、異色かな?でも好きなんですよこれ!なんか説明不要なんでぜひ聴いてもらいたいですね。

13. Regret Me Not


海外とのラッパーと始めての作品が、Focusって曲で、その時のラッパーが、この曲でも歌ってるOthelloなんです。だから彼との曲は1つは入れたかった。最後につれてテンションを上げていくOthelloのラップは大好きです。また一緒に曲やりたいですね。

14. setuna


刹那、インスト曲です。アルバム全体を最後に落とすにはここまでインパクトのある曲が僕は理想と考えました、そして、新たなアプローチが出来たかなと思う曲です。インストアルバム作りたいなぁ、って最近考えてます。でも自信無いんですよ 笑。やれるかな??

メロウヒップホップを牽引するRobert de Boron

初のベスト 1月20日発売

nostalgic

CD

nostalgic

Robert de Boron

価格(税込) : ¥2,592

会員価格(税込) : ¥2,385

まとめ買い価格(税込) : ¥2,203

発売日: 2016年01月20日

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る